VGとPGは別々で買った方がよかったのかもしれない

初めてリキッドの自作に手を出した時、

さて、リキッドの自作を始めようか
VAPEの美味しさを決める要素には、 アトマイザー、ビルド、電圧や温度とかの設定、MODのかっこよさ、等色々あるけど、...

ひとまず定番のファンタジーグリセリン使っときゃいいだろ!
お、最初からVG70:PG30で混ぜてある物がある!これは楽そうだ!
って感じで、それを買って使ってたんだけど、

今までの自作記事でも再三書いてたけど、
どうも、吐く時に蒸れたような匂いがするのが苦手だった。

我が家ではこれを“グリ臭”って呼んでて、いかにこの臭いをかき消すかって感じで濃いめに香料入れたり清涼剤入れたりメンソ入れたりしてた。

まぁでも、自作界では定番で、みんなが「無臭」と高評価しているファンタジーグリセリンなので、こういう物なのかな…と思って使ってたんです。

で、それが残り少なくなってきたので、そろそろ追加を、ということで、

今回、飽和メンソール溶液を作ろうと思っていたので、VGとPGを別々で購入。

素グリの味見をしてみようと、試しにVG100%の状態でドリッパーに入れて吸ってみたら、
あれ…?以前の70:30混合液よりも“グリ臭”が薄い気がする…?
多少は気になるけど、あまり蒸れた感じはしない。

VG70:PG30の比率はまだ前のが残ってるので、VG50:PG50のベース液を作成して、今度はそれを吸ってみる。
……ほぼ無臭だ。

以前買った70:30混合液はCapella香料単体だと吸えたもんじゃなかったけど、
これだと、苦手だった“グリ臭”がほとんど無いので、Capella単体でも充分美味しくなる。

うーん…?

結局、俺らが言っていた“グリ臭”とは、一体何だったのか?
最初から混合してある物は製造の工程とかで強くなるのか?
それとも、たまたま以前買ったロットがハズレだったのか?

よくわからないけど、ひとまず今後は、VG/PG別々で買うことにしようと思います。