ヴェポライザー:FyHit Eco-S(Herbstick Eco) これあれだ、要は何でも吸えるiQOSだ

eGo AIOでVAPEデビューした際、もう一個買ってた機械がありまして。

ヴェポライザーっていう機械で、VAPEがリキッドを熱して吸うのに対して、葉っぱを熱して吸うタイプの物。

今日本で出まわってるメジャーな電子タバコで言うと、

iQOSとヴェポライザーが同じ仕組み
プルームテックとVAPEが同じ仕組み

海外ではニコチン入りのVAPE用リキッドが買えるのでVAPEが主流らしいけど、
iQOSがやたら流行ってる日本だとヴェポライザーのほうが親和性あるんかな?

本来、シャグとかを吸うものらしく、元々シャグも吸ってる俺の興味を引いた。

シャグも、iQOSも、紙巻たばこも、ドライハーブも、紅茶の葉だって吸えるそうな
なるほど、要は「何でも吸えるiQOS」って感じかな。


そんなわけでこちらも購入。
結構大きいね…。

本来の使い方:シャグを吸ってみる


コルツのグリーンティ、美味しいよね。


ドリップチップを外して、こんな感じで詰めます。
葉を入れる部分がタバコサイズの筒になってるので、普通のタバコとかもスポッと入るって感じみたい。


緑かピンク辺りの温度がいいっぽい?

うん、美味しい。
コルツのグリーンティはあちこちのサイトで試してる人も多かったし、評判も良かったのでハズレはないだろうと思ってた。


アメスピのシャグも悪くないけど、煙があまり出ない感じ。
リキッドを2〜3滴垂らしたらいい感じに。

iQOSのヒートスティックを吸ってみる

長さ的にそのままじゃ入らないので、フィルター部分をハサミで切り落とすと…


iQOSって、葉っぱこれだけしか入ってないのね…ほぼフィルターっすね。

リキッドも何も入れてないのに煙も味もめっちゃ出る。
やっぱiQOSは加熱用に作られてるんだなぁって。

フィルタ無しで吸ってるので、本来のiQOSよりちょいとキツイ感じはするけど、
タバコ感はこれが一番高いっす。

ただまぁ、これ吸うならiQOSでいいよね…w

普通のタバコを吸ってみる。

普通のアメスピをハサミで1/4くらいにカットして吸ってみる。

(写真撮ってなかった…。)

……うん、ちょっと微妙。
てかむしろ不味いかも。
煙も出ないし味も薄い。

でも、リキッドを2滴ほど垂らしたら激変、というか、普通に吸える感じに。

1/4に切ったタバコで普通の1本分くらいの長さが吸えるので、
カットする手間とリキッド垂らす手間を許容できれば、タバコ代は従来の1/4っすね…。

でも、流石に外では出来んなw

主に家でシャグを吸う機械として使うことになりそう。