ポリプテルス水槽のメンテナンス

基本的に、うちのアクアリウム環境はお金も手間もそれほどかけない方向性でやっとります。

あんま張り切っても、途中で息切れして趣味として続かなかったら意味ないしね。
特にアクアリウムは命を預かる趣味だし、長く続けられる環境は大事。

あと、ここは人によって変わるだろうけど、性格的に、しっかり予算と手間をかけた珠玉の一本を作り上げるより、そこそこの予算と手間で色々なパターンを楽しみたい、というのもある。

それでもまぁ定期的なメンテナンスの手間は発生するわけで、
うちで一番水を汚すポリプテルスの水槽を例に挙げてみる。

餌やり

大体1~2日に1回くらい
小さい幼魚の時はキッチリ毎日あげてたけど、徐々に体が出来てきたので時々休胃日を作ってる感じ。

餌はひかりミニキャットで、1~2週に1回くらい生き餌としてメダカ買ってきてあげてる。

水替え

週に1回。
土日の休日のどちらかにやってる。
あまりにも汚れが気になった時は週中に1回挟むことも。

 

他の小型熱帯魚たちと比べて、めっちゃ餌食ってめっちゃフンをするので、水抜きにはプロホースが必須レベル。
底砂をザクザクすると汚れがモワッって上がってきて「うわぁ…」ってなる。

なので、大型魚を飼う時は底砂は敷かなかったり、もっと薄くしてる人が多いんだけど、
うちは見た目の好みで津軽プレミアムを1cmくらい敷いてるのでこれはまぁ仕方ないかなと。

水足しは、何度も汲みに行くのが面倒だったからホームセンターで買った10リットルの園芸用ジョウロを使用。
注ぎ口が細くて注ぎづらかったから、適当な所でカットしてある。

60cm水槽から1/3水を抜くと大体20リットルなので、これだと2回で終わる。
ただ、10kgの物を片手でそれなりの高さまで持ち上げて支えることになるので、ある程度腕力が無いとキツイかもしれない。

フィルターの掃除

大体2~3週に1回くらい。
時間に余裕がある時に、水替えのついでに。

うちのポリプ水槽についてるのは、コトブキのトリプルボックスというフィルター
6000円くらいの水槽セットについてきた物で、単体で買っても3000円くらいかな?
正直安いやつっすw

でも実際、大型魚ならお高い外部フィルターよりも、安くてもいいから上部フィルターがいいと思う。
ポリプとかの中~大型魚は凄く水を汚すから物理濾過が強い方がいいし、上部なら汚れたフィルターのお手入れもしやすい。
もちろん、両方つけられるならそれに越したことはないけど。

とりあえずセットについてた物をそのまま使用しているけど、新規で買うなら濾過槽が大きいGEXのグランデカスタムとかの方がいいかな。

若干物理濾過が追いついてない感じがするので、うちは補助に水作エイトぶっ込んでます。

蓋を開けて、プラパーツは普通に水洗い。


物理濾過用のスポンジフィルターとウールマットは、水道水だと濾過バクテリアが死んでしまうので、水替えで抜いた飼育水でジャブジャブ。

一気に水が黒くなる。

ウールマットは消耗品なんで、袋入りのを買ってきて適当に詰め替えてる。
今入ってるのは詰め方汚いので写真上げるのちょっと躊躇った…。

生物濾過用の濾材。
始めたばかりの頃はこれの意味がわからなかったけど、これに住み着いたバクテリアがフンとかから出るアンモニア等の有害物質を分解してくれて水を浄化してくれる(ザックリ)ので、とても重要。

このフィルターは標準だと左右の濾過槽にしか濾材が入ってないんだけど、中央のマット下にも空間が作れたので、そこにも別途買ってきた濾材を追加。
取り出して洗いやすいように、排水溝用のネットで纏めてある。

これも、バクテリアが死なないように抜いた飼育水でジャブジャブ。
まぁこちらは、それほど汚れがつくものでもないのでそんなにマメにやらなくてもいいと思う。

終わり。

定期的にやってることは上記で終わりだけど、あとは

水槽のガラス面の汚れが気になったら、水を抜いてる間にスポンジで拭いたり、
フィルターの水の流れが悪いな、と思ったら吸水口を外して洗ったり。

慣れてくるとルーチンワークになるので、休日の空き時間にサッと終わらせる感じ。

一番水を汚す生体が入ってる水槽でこれなので、他の水槽はもうちょい楽してます。
水替えは全部まとめてやるから頻度一緒だけど、フィルター掃除は1~2ヶ月に1回とか。