TFA:Black Honey/Western – タバコ葉系フレーバー2種

TFA:Black Honey/Western – タバコ葉系フレーバー2種

Tobacco GOLDでタバコ葉系のリキッドを作るようになってから、最近そういうのばっかり吸うようになっております。
特にハーブ煙草が気に入って、30ml作ったボトルがあっという間に空っぽに。

一時期は、甘いのや臭いのは苦手でフルーツ系やメンソくらいしか吸ってなかったのに、好みが変わってきてますな。

そんなわけで、タバコ葉系のフレーバーも色々物色開始。
これ系の定番といえばRY4なんだけど、今まで試したものはどれも自分にはイマイチ合ってなかった感じなので今回はちょっと保留。

今回はTFAで、
いろんな人のレシピでよく見かけるのでずっと気になってたBlack Honeyと、
ぷぅ日記のれどばぐさんに教えて頂いたWesternを試してみることに。

TFAは以前Koolada買ったきりで、フレーバーを買うのは今回が初めてなんだけど、
フレーバーもこのガラス瓶に入ってるのね。

自分は5ml量の試作を色々作って遊ぶので、これはちょっと不便。
滴下するならピペット使うんだろうけど、フレーバー色々使う時とか面倒だしね。

まぁでもそれは事前に情報を得ていたんで対策済みなんすよ!

T&Mのフレーバーを幾つか使い切ってたんで、
空いたガラス瓶を洗ってエタノール漬けにして臭いを落としてあったのさ!

え。

TFAのフレーバーって15mlも入ってるの?

あ、そうなの…。

T&Mのボトル、10mlなんだよね。

入りきらねぇ!!!

まぁいいや、ある程度使ったらまた移そう…。

とにかくこれで滴下させられるようになったんで、まずは単品で味の確認。
ベース液5mlに10滴垂らした物をそれぞれ用意。

いつものやつ(WaspNano カンタル24g7巻き0.7Ω 20w)で、コットンを替えながら吸っていきます。

Black Honey

フレーバーを直接嗅いだ感じは、タバコ感強そうな感じだったけど、
実際リキッドにして吸ってみると…。

やっば…これ美味…。

やや苦味のあるハチミツの甘さが最初に来て、吐く時に極々ほんのりとタバコ感。

これ、好き。

タバコ系の独特の臭さというか、灰皿感は殆ど無いです。
なのであの感じが苦手な人でも大丈夫だと思う。

5mlに10滴しか入れてないけど、充分濃い味が出てる。
むしろもう少し減らしても良さそう。

Western

こちらは、上記に比べると正統派なタバコって感じ。
フレーバーそのものの臭いもタバコって感じだった。

吸ってみたら、ホント正統派タバコ。
バージニア種のタバコ吸ってるような感じ?

と言ってもHiLIQのTobacco GOLDほどキツくはなく、
どちらかというとTobacco Redを吸ってみた時の感想に近いかも。
控えめだけど、若干の灰皿感あり。

俺は僅かに煙草臭が香るくらいが好物なので、こちらはメインを張るよりも添加用として活躍しそう。

まとめ

両方共、自作リキッドにタバコ感を添加する用途で買った物なんだけど、
Black Honeyがとにかく気に入っちゃったんで、衝動的に単品を15mlくらい作っちゃった。

これ、とにかくバランスがいいのでちょい足しでいろいろ化けそう。
あのハチミツ感は、フルーツ系とも親和性高そうなので、色々試したくてウズウズしとります。

Westernは正統派なタバコ系風味なんで、素直に添加用として使えると思う。
そして、Black Honeyと相性がいい。
ここ数日、上記で使った味見用のリキッドを、適当に混ぜながらRTAで吸ってるけど、適当なのに美味しい。

あとTFAってフレーバーかなり濃いのね。
ちょっと足りないかな?というくらいのフレーバー比率だったのに充分濃い味が出てるし、ボトルも15ml入りでCapよりちょっと多い。
コスパ高いかも。

The Perfumer’s Apprentice 「タバコA」15ml【ゆうパケット対応】
The Perfumer’s Apprentice 「タバコフレーバーA」15ml