Squonk Geniusアダプターを乗せたくて、Eleaf iJust S バッテリーを購入

Squonk Geniusアダプターを乗せたくて、Eleaf iJust S バッテリーを購入

ちょっと前に購入した、Cthulhu Squonk Geniusアダプター

Cthulhu Squonk Genius Adapter購入 | 普通のMODをスコンカーに出来ちまうんだ
暫く使ってみたので、使用感を追記しました。→こちら Cthulhu Squonk Genius Adap...

ワンチャンWitcherに乗らないかな…という野望はもろくも崩れ去りましたが、
これ、実際使ってみるとなかなか便利だなぁと。

スコンカーでない普通のModをカジュアルにスコンカー化できるし、使い勝手もなかなか上々でした。
これ、普通にもっと使っていきたい。

難点はというと、やはりサイズ。
アトマイザー部分がかなり長くなるので、乗せるModによってはかなりアンバランスな見た目になります。
そんなわけで、最適なModを求めて色々と試行錯誤をしていたのです。

もう、目的と手段がコロッコロと入れ替わりまくってる気がするけど、この際気にしないことにします。

テクニカルModに乗せる場合

やはりチューブタイプのModに乗せて使うのが一番違和感ないのかなぁという感想。

テクニカルだと、Nunchakuの長さなら実用範囲内ですね。
径も合っているし、この組み合わせで使っている方は多いと思います。

個人的にはもうちょい短くしたいな、と思い、そうなるとMod 101を18350にした状態かなー、と思ったのですが、太さが。

厚手のレザースリーブ作って巻いて誤魔化そうかな、とも思ったんですけどね。

あと、アダプターの太さ的に24〜25mmのドリッパーが一番見た目が合いそうで、そうなるとMTLよりもDLドリッパーが多くなりそうだし、18350ではやや非力か。

メカチューブを模索

メカニカルなら、基盤や液晶がない分サイズが抑えられます。

メカは今までメカスコしか使ったことないけど、この際だからチューブも買ってみるか、と思って色々探してみます。

うーん…。

ちゃんとしたチューブはやはりそれなりのお値段がします。
今回、半分遊びなのでなるべくコストは抑えたい。

Fasttechとか見に行くと、安価なメカチューブが沢山並んでるんだけど、
安価なのは大抵クローンで、しかも殆どハイブリッド接続。

チューブタイプのメカを使ったことないのに、いきなりクローンでしかもハイブリッドとかちょっと問題あるな、と。

でもまぁ安いし、この際お試しで何か買ってみるかなぁ、とも思ったのは内緒。

KOREDA!!

そんなこんなで、色んなサイトでメカチューブを見ていた時に、ふと目に入ったのがコレ。

Eleaf iJust S Battery
Eleaf iJust S Battery features 3000mAh long-lasting battery, which adopts direct output voltage system and dual circuit protection.

あ、これ、長さがかなりちょうどいいんじゃない?

これアレですね、チューブ型のスターターキットのバッテリー部分のみってやつですね。
キット買ってもクリアロ使わないと思うから、むしろこれだけで買えるなら好都合。
バッテリー部分だけあれば、普通にセミメカMODとして使えますしね。

しかもなにこれやっす!!$11.30て。

今はもうiJust3という後継機種が出てるから、型落ちになる分余計に安いのかな?
iJust3はカラフルで派手になってるので、Squonk Geniusに合わせるならSSカラーのこちらの方が自分にとっては都合がいい。

あとこれ、直径が24.5mmあって、Squonk Geniusにほぼほぼジャストサイズなんですよね。
この手のチューブって22mm径の物が多くて、妥協しそうになってた。

難点は、バッテリーが内蔵なことかな。
でもまぁ3000mAhとの事なのでそれなりにもちそうだし、
キットの際に付属するクリアロのコイル0.18Ωの設定があるので、多少低い抵抗で組んでも耐えてくれそう。

そんなわけで、これをVapeSourcingで購入。

届いた!

最近のピコンカーと同じく、めちゃめちゃ簡素な紙箱に本体とマニュアルだけ入っていました。
充電用のUSBケーブルも付いていません。

まぁケーブルはModを買う度増えるので、もう腐るほどあるし、要らない。

レビューするまでも無さそうだけど、一応さらっと製品の紹介を。

詳細

外観

あまり飾り気のないシンプルなステンレスチューブ。

そうそう、こういうのでいいんだよ。

ボタンはファイアボタンのみ。
下の方に、薄っすらとiJUST Sのエングレーピング。

ファイアボタンの丁度真裏に、充電用のUSBポートがあります。

510スレッドのコンタクトピンはスプリング式。
底面にはベントホールが1個空いています。

サイズ感はこんな感じ。

3000mAhのバッテリーが使えるセミメカだと考えると、なかなかいい感じの短さ。

スペック

サイズ 139mm x 24.5mm
バッテリー容量 3000mAh
抵抗値範囲 0.15Ω〜3.5Ω
充電 microUSB (1A)
保護回路 過充電保護
過放電保護
短絡保護
※ソフトウェアとハードウェアの両方で保護

早速Squonk Geniusを乗せてみるよ!

そうそうこれこれ。
これがやりたかったんですよ。

太さもちょうどいいし、色も合っているのでなかなかいい感じじゃないですか。

ボタンの造形とロゴのエングレがスターター感を出してて若干チープに見せてるかもだけど、そこは目をつぶります。
そのうち磨いてみるのもいいかもですね。

ざっくりと長さ比較。

左から、

  • Mod 101(18350) + Hastur MTL RTA mini
  • iJust S + Squonk Genius + Azathoth RDA
  • Nunchaku + Hastur MTL RTA
  • Mod 101 Pro + Intake RTA

Cthulhu繋がりでちょっと背の高いRDAを乗せているので背が高くなっていますが、
もう少し低めのRDAに変えれば、タンクを乗せたNunchakuとほぼ同じくらいになりそう。

Innokin LIFT S.T.Aもイイネ

ふと思い立って、先日買ったInnokin LIFT S.T.Aも乗せてみましたが、これでもいいですね。

コイツも25mm径あったんでちょっと使いにくさを感じてましたが、太さが合ってる感じ。

まとめ

思った以上にしっくり来るサイズで大満足です。

ドリッパーは好きなのですが、職場でドリップ吸いしづらい環境なので、こうやって無理矢理ドリッパーが使える環境を色々考えちゃうんですよね。

素直にスコンカー使ってろよ、は言わない方向で。

あと、セミメカって手軽だし、楽でいいですね。
一個持ってると便利だな。

素直にメカチューブ使えよって感じではあるのですが、
保護回路搭載の安心感もあるし、結構雑に運用できて、これはこれでアリだな、と思います。

そんなわけで、また一つおもちゃが増えました。
色々試して遊ぼう。