Oumier Armadillo RDA購入|アルマジロ風デッキのKawaiiデュアルコイルRDA

Oumier Armadillo RDA購入|アルマジロ風デッキのKawaiiデュアルコイルRDA

Kawaii。

Oumier Armadillo RDAの購入品レビューです。

えらく可愛い名前に、可愛いマークが付いていますが、多分これは、デッキ形状から来ているんじゃないかなぁと。

デッキがもう、アルマジロなんですよ。
丸っこいポストに、全部で6つのコイル固定穴が開いています。
これは、いろんなサイズのコイルが固定しやすいようにとの配慮みたい。
あと、このタイプはやはりビルドがかなり楽ですね。

OumierというとロングセラーのWasp Nano RDAのイメージが強いですが、このArmadilloもかなり安価で、それでいてなかなかのポテンシャルを秘めたコスパの良いRDAでした。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

同社のWasp Nano同様にちっちゃい箱にミニマルなパッケージング。
ここはこれでいいと思うんです。

側面には正規品チェック用のスクラッチシールが貼られています。

このスクラッチの下のコードを、公式サイトのVerifyのページで入力すると、コピー品でないかの確認が出来ます。

パッケージ内容

  • Armadillo RDA本体
  • ユーザーマニュアル
  • T字レンチ
  • BFピン
  • 予備Oリング
  • 予備ネジ類
  • プリメイドコイル
  • コットン

ミニマルなパッケージとは書いたけど、結構しっかり入ってるんですよね。

BFピンも付属しているので、スコンカーでも使用できます。

ユーザーマニュアルはカラー印刷の冊子型。
英語と中国語で書かれています。

付属のプリメイドコイル。
かなり抵抗値の低そうなクラプトンですね……。

外観

角の丸まった丸っこいフォルムで、全体的に可愛らしい印象。
トップキャップのナットのような加工も微妙に丸みを帯びていて可愛らしいですね。

キャップには一筆書きのアルマジロマークとロゴがエングレーピングされています。

今回買ったのカラーはシャンパンゴールド。
シャンパンゴールドと言うにはちょっと色が濃い気がしますが、むしろこれがカッパーっぽくていいですね。

丸っこくてツルッとしたトップキャップに、大径の810ドリップチップが乗っています。

エアフローはサイドエアフロー。
トップキャップを回して無段階で調整出来ます。

デュアルコイルの爆煙向けドリッパーで全体的にドローは軽めですが、AFC精度は中々高く、結構絞れる感じ。

底面。

By OUMIER and D.C.D.との記述があり「D.C.D.とは?」と思ったら、
どうやらこれ、dimi crazy damperというYoutuberとのコラボ製品みたいです。

公式にもサラッと書いてあるだけなんだもの!

ポジティブピンの出っ張りは1mmくらい。
ガッツリというわけではないけど、まぁ大丈夫かな、自分はこれハイブリッドメカで使ったりしています。

フィッティング

背の高いアトマイザーではないのでフィッティングの幅は広そうです。

またこのカラーはカッパーに近いカラーなので、カッパーのアトマイザーと同じ感覚で合わせられそう。
渋い系のModにも割と合いますね。

詳細

メーカー公式

Armadillo RDA
Armadillo RDA,RDA,Atomizers,RDA

スペック

直径 24mm
高さ 20mm
スレッド 510規格
ドリップチップ 510規格
コイル シングルコイルRBA
BF対応 BFピン付属
エアフロー サイドエアフロー

構造

キャップ部分にAFCの機能を持った4ピース構造のRDAです。

ドリップチップ

デルリン製かな?
810規格のドリップチップが付属しています。

スタンダードな形状で、ボアはストレート。

汎用の810ドリップチップも使用可能です。

キャップ

トップキャップのパーツが分かれており、そちらを回すことでサイドエアフローを無段階調整出来ます。

上面は1個だけ段差があり、その上は綺麗なドーム状になっています。

サイドエアフローはキャップの向きを合わせる必要がありますが、
キャップ部分の突起がデッキ側の切り欠きにピッタリとハマり、向きは完全に固定されるようになっています。

デッキ

出ました、アルマジロデッキ。

形式としてはベロシティ型になるんでしょうか、このタイプはコイルの足を後から容易にカット出来るので、ビルドは非常に楽です。

コイルの固定穴が6つもあるので、頑張ればクアッドとかも組めるかな…?

ですが前提はデュアルコイルで、この多数の穴は、コイルサイズに合わせて使用する穴を選ぶための物です。

コイル固定はマイナスネジ。

ジュースウェルは深く作られており、リキッド保持量はかなりありそう。
また、サイドエアフローなのでリキッド漏れも起こりにくいです。

加工精度はぼちぼちかな?
めちゃめちゃ綺麗ではないですが、特に変な部分もなし。

穴とネジの間に隙間は殆どないので、細めのワイヤーでも逃げずに固定出来ます。

恐らく上から作業しやすいようにだと思いますが、ネジの角度が面とは若干異なるので、閉める際のドライバーの角度はやや注意ですね。

ビルドしてみる

ベロシティタイプでビルドは非常に楽ですし、特に特記事項はありません。
コイルを差し込んでネジを締めて、反対側から余った足を切るだけ。

コイルの位置については公式にガイドがありました。
エアホールをコイルの下半分に合わせるようにするといいみたい。

Wasp Nanoと同じですね。
サイドエアフローのセオリーのような感じです。

試しに付属コイルを1個固定してみました。

1個で0.3Ω…って事はデュアルにすると0.15Ω。

ゴメンナサイ、ギブ。
レビュー品なら1回は試しますが、プライベート品なので回避させてください。
メカで使う予定なのでこれは怖い。

Ni80 24ga単線デュアル

いつもの、Vape wiresさんのNi80単線で。

Ni80 24ga 3mm7巻デュアル 0.31Ω

公式のガイドどおりに位置を合わせてみたら、高さはこのくらいでした。

ウイックも特に迷うことはなく、底に付くくらいに長さを合わせて差し込むだけ。

手前味噌ですがリキッドは常飲の”かしすたん”
エアフロー全開で、44wで吸ってみます。

あれ、美味い。
これ美味しいぞ。

エアフローの流れもスムーズですし、味もしっかり乗っています。

多分ですが、アルマジロポストが壁の役割になっていて、サイドエアフローがそれぞれ左右のコイルのミストをしっかり巻き込んで上がってくるんだと思います。
Brunhilde RTAと同じような感じか。

21700のメカチューブでしばらくこれで吸っていました。

Ni80 26ga単線デュアル

AFC精度も中々よくてドローを絞れるし、18650で使いたいのでもう少し高めの抵抗値にしてみます。

Ni80 26ga 3mm7巻デュアル 0.44Ω

エアフロー半開〜1/4開で、ハイブリッドメカで使ってみました。

自分はこのくらいの設定が好きですね。
立ち上がりも良好だし、やや重めのドローでじわっと味が来ます。

まとめ

非常にコスパが高いです。
自分これ18ドルちょいで買ったんですが、それでこれだけ美味しければ満足ですよ。

形状やマークは可愛いですが、カラーのおかげか意外と渋いModにもマッチします。

ビルドやウィッキングは楽ですし、コイル位置もガイド通りの位置にだいたい合わせればしっかり味が出てくれるので、それほど悩むことなく使用できます。
ビルドに不慣れな方が練習を兼ねて、でもいいと思います。

色々とお手軽ですし、当面自分はドリッパー運用かな。

価格調査(20190718現在)

あまりメジャーな製品ではないので、国内で探すのは難しいかもですね。

自分はこれ、Fasttechでプレオーダー購入しました。

表示価格は$27.90ですが、クーポンコード「MAP」使用で$18.10になります。
そして送料無料。

カート画面のここで入力してください。

3AVAPEは$17.99
$30〜で送料無料になるので、他に何か買う予定があればこちらもありですね。

Efunは表示価格$27.90、ログイン後価格で$16.90と単価は最も安いですが、送料がかかります。
他にここで何か買う予定があればといった感じか。
また、プレオーダー表記になっているのも注意です。