ミニプルスターター レビュー|超小型、ほぼタバコサイズのPloomTech互換機

ミニプルスターター レビュー|超小型、ほぼタバコサイズのPloomTech互換機

プルームテック互換機 ミニプルスターターのレビューです。

以前よりベプログさんでは、ミニプルブーストというリキッド充填式の互換カードリッジを出しておりました。

純正品に比べ長さを短くし、出力が高くなるよう調整されており吸いごたえの物足りなさも解消されており、リキッドを充填して複数回使用可能という商品で、かなり好評とのこと。

今回はそのミニプルブーストに、純正よりも長さを抑えたバッテリーをセットにしたスターターキットです。

純正プルームテックより、カプセル部分を1.5cm、バッテリー部分を1cm短くすることが出来、ロングサイズのタバコとほぼ変わらないサイズになっているとのこと。

それだけの小型になると味やバッテリーなどの不安はあるのですが、
タバコと同じような感覚で使えるのってそれだけで結構なメリットですよね。

持ち運びや使用中の利便性も勿論なのですが、

例えば自分、VAPEを始めたばかりの頃、職場の喫煙室や外の喫煙所などで使うの凄く躊躇ったんですよ……iQOSやgloが大流行して大分変わりましたが、それでも結構異物感半端ないですしね。

今ではスッカリ慣れて、平気でデュアルバッテリーModとか使ったりもしますがw

タバコからの切り替えの入り口として違和感なく入るのに良いかもしれません。

心配していた味の方も、純正プルームの事を考えるとかなり満足感が高いので、変えてみてガッカリ、という事も少ないんじゃないかなと。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

かなりちっちゃい箱です。
日本の製品なので、裏面の記述など全て日本語で入っています。

こんな感じでコンパクトに収まっていました。

パッケージ内容

  • ミニプルバッテリー
  • ミニプルブースト
  • USB充電器
  • 取扱説明書

外観・詳細

ミニプルブーストのカードリッジは空の状態ですが、両端にキャップが付いた状態でパウチ袋に入った状態で封入されていました。

繋げるとこんな感じ。

なるほど、確かに短い。

アメスピと比べて見ました。

流石にタバコと同等とまではいきませんが、確かにロングサイズの物とは同じくらいの長さになるかも。

太さは少しありますが、これはまぁ仕方ないですね。

カードリッジの側面には窓が開いており、リキッドの残量を確認出来るようになっています。

先端にはLEDが入っており、吸っている時や充電中などに白く光ります。

バッテリーとカードリッジの接続はスレッド式、ねじ込むだけでOKです。
ここは純正プルームテックと同じですね。

カードリッジの下側を更に外すと、コイルが出てきます。
コイル単体で取り外すことは出来ず、コイルが劣化したらカードリッジごと交換になります。

コイルを覗いてみました。

細いワイヤーで巻かれたコイルが見えますね、
コットンももっさり詰めてあります。

VAPEのコイルとほぼ同じ形状になっており、リキッドを使用することもあり、VAPEに近い味わいが期待出来そう。

他に必要な物

バッテリーとカードリッジが揃っているので、プルームテック本体を所持していなくてもすぐに使用可能ですが、吸うためにはリキッドとプルームテックカプセルが必要となります。(後者は任意)

リキッド

リキッドは普通のVAPE用リキッドで良いのですが、デバイスの性能的に、VG70などの粘度の高い物は避けた方がベターだと思います。

ベプログさんは、プルームテックカプセルに合わせた味のプルリキという物を出されておりまして、
今回のミニプルスターターにも、リキッド付きセットの設定があり、セットならお得に買えるようです。

15mlのリキッドセットが¥2480
単体で買うと本体¥2,016 + リキッド¥998 = ¥3,014

60mlのリキッドセットが¥2,981
単体で買うと本体¥2,016 + リキッド¥2526 = ¥4,542

60mlセットのコスパが半端ないですが、合わないリキッドだとこのデバイスで吸いきるのは辛いので、もしコレは!という物があれば。

プルリキはプルームテックとピアニッシモカプセルに合わせて作られています。

今回、サンプルとして

  • パイナップルピーチメンソール
  • マスカットメンソール

の2種を頂いたので、事前にVAPEのドリッパーで味見してみました。

普通に吸っても美味しいリキッドですねこれ。

低出力デバイスで使用する前提だからか、通常のVAPEリキッドよりも味が濃いめに出るようになっている印象があります。

反面メンソールはちょっと控えめかな?
これは、たばこカプセル側のメンソールと合わせて吸う為かな、と思いました。

どちらも美味しいですが、RDAで吸った感じだとパイナップルピーチメンソールが特に気に入りました、これタンクで吸いたいかもw

プルリキはVG55:PG45との事なので、自前でリキッドを用意する場合は50:50とかの物を使うのがいいのかな。

プルームテックカプセル

こちらは特に必須というわけではないです、
ニコチンなしで問題なければ、カプセルなしでも普通にリキッドで発生するミストを吸引出来ます。

ですが、敢えてこれを選ぶ人はやはりカプセルをされる方が多いですかね。

純正プルームテックでは非常に物足りなかったですが、互換機などではカプセルを付けるとニコチンキックもしっかりとあり、なかなか満足感があります。

使い方

吸引する

リキッド充填済みのカードリッジをバッテリーに取り付けたら、あとは軽く吸い込むだけでミストが発生します。

充電する

付属の充電器にバッテリーをねじ込んで、PCのUSBコネクタやコンセント用のUSBアダプターに差し込むと自動で充電が始まります。

吸ってみる

まずはリキッドを入れないと始まりません。

今回は、頂いたプルリキのマスカットメンソールを試してみます。

コイルを外した所からリキッドを補充します。
VAPEのアトマイザーで言うところのボトムフィル。

中央の筒に入れてしまうと吸い口から吹き出してしまうので、外側の隙間に注入します。
少し幅が狭いですが、外側の壁に伝わせる形で入れるとスムーズに行くと思います。

リキッド注入後は、コイルに浸透するまで数分置いておきます。

浸透する前にすぐに吸うとコイルのコットンが焦げ付いてコイルがダメになるので注意です。

まずはカプセルなしでノンニコチンで吸ってみたのですが……。

うん。

味は美味しいけど、やはり物足りない。

元タバコ吸いとして、ニコチンキックがなしなのも気になるところなのですが、
VAPE吸いとしても、やはり普段RBAなどのデバイスで吸い慣れていると、やはりちょっと辛い物がありますね……。

ですがミストや味はこのサイズにしてはよく出ている方だと思います。
一昔前のタバコサイズのVAPEデバイスと比べても大分進歩している感。
ちょっと前の小型のPodデバイスくらいの感覚です。

リキッドの方にメンソールがもうちょいあったらキック感で騙し騙しいけるやも。

プルテクカプセルを使う

自分、プルームテックは普段吸わないのですが、
プルテク互換機やカプセル対応製品などのレビューを受けるたびに買ってくるので、1~2本残った物がドンドン溜まってゆく……w

恥ずかしながら、レビューで色々吸うまではホントプルテクに疎くてですね……。
色々な味が出ているけど、味が付いているのはカードリッジ内のリキッドの方のみだと思っていて、カプセル側は無味のタバコ葉が詰まっているだけだと思っていたんですよ。

ちぐはぐな組み合わせで吸った時のあの味、あの顔、忘れられない。

今回、リキッドに合わせたジャストなカプセルが入手できなかったので、ノーマルのメンソールを使用します。

マスカットは期間限定で、パイナップルはピアニッシモの方なのね。

メンソ系リキッドなので、メンソールのカプセルなら大抵合うだろうと。

カプセルを付けたら一気に変わりました。
メンソールのキック感が増して、更にニコチンのキック感もかなりの物です。

合わせたカプセルではないのでマスカットの味は少し弱くなっているかもですが、元のリキッドの味が結構濃いので特に問題なく吸えますね。

フルーツ系の甘めの味さえ大丈夫であれば普通にタバコの代用としていけそうなレベルに感じます。

数日使った感想

気になるのは、リキッド/カプセルとバッテリーがどれだけ持つかですね。

そのまま日常使用に回してみましたが、案外もつかも。

カウンターがないし数えていないので正確なパフ数は分かりませんが、
サブで使って2日で恐らく50~60パフくらいかなぁと。
そのくらい吸ったらカプセルが大分劣化してきました。

最初はパフ数を数えているのですが、日常の中で漫然と吸っていると忘れちゃうので概算になってきちゃうんですよね……。

まだニコチンはあるかなーという気がするのですが、メンソールの方は格段に弱くなりますね。

まだいけるな、と思ってもう1日サブで持参。
恐らく追加で20パフくらい。
流石にもうスカスカ。
もうこのカプセルで吸っても幸せはどこにも訪れない。

まぁでもよくもった方かと。
味を見つつ好きなタイミングで変えてよさそう。
自分の使い方だと、メインでVAPEを吸いつつ時々ニコチン摂取的な感じでサブ用途にして、大体1個で2日使える感じですかね。

この時点でリキッドもチェックしてみたらほぼ空になっていました。
バッテリーは満充電でスタートしてここまで無充電で使えました、意外ともつな。
小さいからもっと早く切れるかと思ったのですが。
ただ、メインで使用していたら1本で1日は厳しいかなぁ。

普通の使い方だと、カプセル2個+リキッド満タンチャージくらいで、メインで使うと丸一日行けるか行けないかってくらいですかね。
吸い方にもよりますが。

純正のカードリッジも使えます

元々互換機なので、純正のカードリッジを装着して使う事も勿論可能です。
カプセルだけ使っているとカードリッジって余りますしね。

ですが勿論長くなりますし、吸い応えの方もノーマルプルテク並にはなります。

他の互換機と違い、バッテリーの方の出力を上げている訳ではなく、
純正バッテリーの出力のまま吸い応えを上げたカードリッジがまずあって、その為のキットですしね。

まとめ

カプセル使用時前提ですが、まず、サイズの割に吸い応えがしっかりとあるのに驚きます。

純正プルテクはカプセル込みでも「ん?」と思うくらいだったのですが、これくらいキック感があるとなかなかの満足感。

VAPEとはまた違った感じのニコチンキックなんですよね。

そして、このサイズ感は素敵。
小さくて軽いから邪魔にならないし、人の多い喫煙室なんかでもホント違和感なく吸っていられます。

電子タバコには興味があるけど、大きな機械使って吸うのはちょっと……という方でも入りやすそう。

自分も、VAPEに移行したばかりの頃一番欲しがっていたデバイスって、タバコサイズのEMILIやMALLEでしたしね。

ただその分、リキッドやバッテリーの容量は不安がありますね。

バッテリー容量については公表されていませんが、
純正プルームテックが210mAhとのことなので、試用の際の持ち具合から、それと同等くらいはあるんじゃないかなぁとは思います。

普通に使用して1日は行けそうな雰囲気がありましたが、サブ用途且つ平日は仕事中吸えるタイミングが限られている中での試用だったので、
もっとヘビーに吸う方や、吸えるタイミングが多い方だと厳しいかも。

単価は安いので2本持ちとかありかもしれませんが。

少なくとも純正と同等以上には使える感じではあるので、移行を考えている方や、現状のプルームテックに不満を感じている方にはフィットしそうなデバイスだと思います。