Hcigar AURORA Squonk Modレビュー | 21700バッテリー搭載可能な長持ちスコンカー

Hcigar AURORA Squonk Modレビュー | 21700バッテリー搭載可能な長持ちスコンカー

最近、21700バッテリーが使えるModが増えてきましたね。
電池自体があまり流通してないしなぁ、と思っていたけど、電池の入手性も徐々に良くなってきた気がします。

18650に比べるとちょっとサイズが上がるけど、長持ちだし、出力レンジも少し大きくなるしで、徐々に対応MODが増えつつある感じかな。

Hcigar AURORA Squonk Modは、18650/20700/21700の3タイプのバッテリーに対応したスコンカーで、
ただでさえリキッドが沢山入るスコンカーに21700バッテリーを入れたら、2日くらいは完全ノーメンテで行けちゃう感じに…。

Hcigarさんというと、うちでも愛用しているRDA、Maze v3/Maze v4を出しているメーカーですね。
特にv3はよいもので、未だに現役です。
ModだとVT75系がカッコイイなぁと思っていました。
スコンカーは、VT Inboxが人気ですね。
あちらはスタンダードなボックス型だけど、このAURORAはちょいと攻めたデザイン。

この製品はGearbestさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

パッケージ

白と青の紙箱。
Maze v3/v4もこのカラーリングだったし、Hcigerさんのカラーなのかな?

輸送中にぶつかったのか、箱の角が少し潰れてました、残念。

内容物

  • AURORA Squonk Mod本体
  • USBケーブル
  • 予備ボトル(EVA製) ※シリコン製ボトルが装着済
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード

外観

カチッとした長方形でなく、角が少々面取りしてある感じ。
蓋は金属(Zinc Alloy:亜鉛合金)製で、ヘアライン加工が施されています。

前面に、ファイアボタン、液晶画面、+/-ボタン、メニューボタン、マイクロUSBポートが配置されています。
操作系は全てここで完結していますね。

ファイアボタンのデザイン、工具のボタンっぽい。
ボタンも大きいしクリック感も軽快で押しやすいです。

上面に510スレッド。

スレッド部分だけシルバーのパーツになっています。

アトマイザーを乗せてみる

Dead Rabbitを乗せてみます。

お、なかなかカッコイイなこれ。好みな感じ。

24mmでもはみ出さないし、
スレッド部分のシルバーのパーツが丁度24mm幅のようで、ピッタリ合ってます。

左:Nixon 1.5
右:同じHcigar製ということで、Maze v4

特徴

スペック

サイズ 58mm x 27.5mm x 92mm
重量 159g
バッテリー 18650/20700/21700に対応
搭載チップ Towis XT80C
液晶画面 0.96” カラー液晶
ボトル容量 7ml
VMモード 出力レンジ:5〜80w
温度管理モード Ni/Ti/SS
200℉〜600℉ / 100℃〜300℃

サイス感はこのくらい。
タバコ箱とほぼほぼ同じくらいですかね。

重量は、バッテリーなしで158g
21700バッテリー込で227g

蓋とボトル

蓋はマグネット式。
しっかり止まっているので、持っていて落ちるということはありません。
開くと、ボトルとバッテリーにアクセスできます。

標準のボトルはシリコン製、かなり柔らかい素材です。
付属の樹脂(EVA)製ボトルにも交換出来ます。

ノズルは底までキッチリ伸びているので、リキッドはギリギリまで吸い上げられます。

シリコンボトルはふにふにして装着しづらいので、このタイプの本体だと装着に苦労するかなと思いましたが、
ボトルの下のあたりに斜めの切り欠きがあって、このスペースを使って下から押せるようになっていました。
たったこれだけの事でかなり装着しやすかったです。

バッテリーは18650/20700/21700の3種類に対応

太さも長さも異なる3種類のバッテリーが、アダプターなしで装着出来ます。
どうなっているんだろう?と思ったら、本体側にギミックが搭載されていました。

標準の状態だと、21700バッテリーがピッタリ収まるサイズです。

裏側の蓋もマグネットで止めてあり、
そちらを開けるとバッテリー切り替えのレバーが操作できます。

この、18650と書いてあるレバーをガチョンと動かすと。

枠がせり出してきて、18650バッテリーがピッタリハマるようになります。

なにこれ凄い。

操作方法

電源ON

電源OFF時にファイアボタン5クリックで電源ON

ロックON/OFF

起動中にファイアボタンを5クリックすると、電源OFFでなくロックになります。
ロック中に再度5クリックでロック解除

VWモード

VWモードの画面。

メニューボタンを押すと、画面の青い枠が現れます。
この青い枠を+/-ボタンで移動させて、再度メニューボタンを押すと決定になります。
どの画面でもこれが基本の操作方法になります。

ワット数変更

ワット数の所で決定し、数字がオレンジになった状態で+/-キーを押すとワット数が変更できます。(1w単位)

カーブモード変更

中央の文字の所で決定し、文字がオレンジになった状態で+/-キーを押すとカーブモードの切り替えが出来ます。
NORMAL/POWERFUL/SOFTの3種類です。

温度管理モード

一番上の[TC VW]という部分でメニューボタンを押すと、VWモードと温度管理モードを切り替えます。

温度変更

ワット数同様、温度の数値が変更できます。(1度単位)

℉/℃の単位表記の所を切り替えると、華氏/摂氏を切り替えられます。

コイル種変更

コイル種表記の所を切り替えると、Ni/Ti/SSと変更できます。

温度管理ワット数変更

コイル種の横にあるワット数表記の所で、温度管理のワット数も変更できます。

その他設定

画面一番下の歯車のアイコンで、その他の各種設定の画面が出てきます。

画面OFFまでの時間
(15秒/30秒/45秒/60秒/なし)

液晶画面の明るさ

自動電源OFFの時間
(15分/30分/45分/60分/なし)

表示言語
(英語/中国語)

概要表示と、工場出荷状態へのリセット。

まとめ

デザインは割と好みですね。
工具っぽいような、道具っぽいような、ちょっと無骨な感じ。

折角なので21700電池を乗せて暫く使ってみましたが、
やはり、電池持ちがめちゃめちゃ良いです。

ちょうど、1泊出張の機会があったので持参してみましたが、
充電器も予備リキッドも要らなかった。2日間完全ノーメンテで問題なし。

一応保険で2台持っていったけど、殆どコチラだけ吸っていて、
Nixonで0.9Ω、15wというセッティングだったのもあるだろうけど、帰った後リキッドもバッテリーも余裕で残ってました。

その後日常使用してるけど、2日に1回リキッド足して充電するだけ。
それでもだいぶ余裕ある状態なので、もう少し出力の高い状態で運用しても変わらない感じでいけそう。

ただ1点だけ微妙に、物凄く微妙に気になる点が。

パフしてる最中、ちょこっと音が出てるみたい。
健康診断の聴力検査のあの音みたいな「ピーーー」っていうモスキート音みたいな物がかすかーに。

大抵の場所では聞こえないレベルなんだけど、他に全然音のない静かな所で吸うと薄っすらと聞こえてきて、
「いかんいかん、聞こえたらボタンを押さなくちゃ…あ、いや押してるわボタン」
と、聴力検査気分に。

10wくらいまで落とすと全く出なくなるけど、15wだと聞こえてくる。
でも30w40wにしても特に音が大きくなるわけでもなく。

モスキート音みたいな感じだったし、もっと若い人だと更に聞こえてたりしてw

これは個体差かなぁ?
まぁでも普段は全然気にならないです。

ボトルやノズルはかなりしっかり密閉されているみたいで、スコンクしたあと長い間ボトルの形が戻らないほどでした。
そんなわけで2週ほど使ったけど全く漏れていません。優秀。

作りのいい優秀なMODだし、電池容量大きいので日常使用で色々楽できるな、と思いました。

Hcigar AURORA Squonk Mod - $59.99 Free Shipping|GearBest.com
Only $59.99,buy Hcigar AURORA Squonk Mod at GearBest Store with free shipping.