Hippovape KUDOS Squonk MOD レビュー|コンパクト&実用的なテクニカルスコンカー、これは凄くいい!

Hippovape KUDOS Squonk MOD レビュー|コンパクト&実用的なテクニカルスコンカー、これは凄くいい!

Hippovape KUDOS Squonk MODのレビューです。

テクニカルスコンカーなのですが、これ、非常に小さいですね。
18650バッテリーを使うテクニカルスコンカーとしては。少し前のWismecのLuxotic Surfaceが最小レベルという謳い文句だったのですが、
これはそれと同等レベルで、むしろ角が取れている分小さく感じます。

見た目もシンプルだし、カラーも渋くていいですね。

そして、本体充電可能、ボトルを外すことなくリキッド充填可能、
そしてボトルは開閉コック付きで、持ち運びや取り外しの際は供給ストップも可能と、小さいボディにいたれりつくせりの機能性を持っています。

昨年大ヒットしたRSQの開発者とヴェポナビさんが共同開発した物とのことで、
国内での取扱はヴェポナビさんのみとのこと。

複雑な機構を持ったボトルなので気になる部分もあり、しっかり目に使い込んでみましたが、かなりいいですよこれ。

この製品はVAPONAVIさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

真っ黒で、シンプルなデザインのパッケージです。

裏面にはパッケージ内容の記載と、正規品チェック用のスクラッチシールがあります。
スクラッチの下のコードを、公式サイトの下にあるSECURITY VERIFICATIONの所で入力すると、コピー品でないかの確認が出来ます。

パッケージ内容

  • Kudos Squonk Mod本体
  • USBケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード

ユーザーマニュアルは1枚の大きな紙に多言語で書かれており、日本語の表記もあります。
ヴェポナビさんが噛んでいるからというのもあるのかな。

外観

外観はシンプル。
側面の液晶画面の上に小さくロゴが入っているのみです。

カラーバリエーションも渋い感じ。

今回のサンプルはIron Greyですね。
マットなグレーって感じで非常に渋い色でした。

サイズ感はこんな感じ。
見ての通りかなり小さいです。

うちにある小型のスコンカーで並べてみました。
左から、ピコンカー、Kudos、Luxotic Surface

セミメカのピコンカーは例外として、同じテクスコで最小クラスのルクソとほぼ同等ですね、スペック上の数字もほぼ同じです。
ただ、角が丸い分スリムに感じます。

手の中スッポリって感じです。

サイズの割りはにちょっと重量がある感じですかね。
バッテリーなしで155g、バッテリー込みで199gでした。

ロゴの下の小さい窓が液晶画面になっています。
ちょっと小さく、必要最低限の情報が表示されています。

その裏側にはUSBポートがあります。
USBの規格はUSB Type-Cになっています。

上から、ファイアボタン、UP/DOWNボタン、スコンク窓。

スコンク窓は少し変わった付き方をしていますね。

指の太い自分には少しだけ押しづらかった。
ボトルが非常に柔らかい素材なので、特に、リキッドが減っている状態だとやや頼りない感じがします。

ですが感覚的な物のみで、実用的には全く問題なかったです。
使っていると感覚も慣れてきますね。

自分の太い親指だと窓枠に引っかかったりするので、指を立てて先端で押しています。

上面の510スレッド。
コンタクトピンはスプリング式です。

蓋は、横方向に少しスライドさせるとロックが外れて開きます。

これが最初はちょっと固めかも。
KUDOSのロゴの部分に指が引っかかりやすいし、その下にノッチがあるので、ここを押さえながらスライドさせるとスムーズに開くと思います。

フィッティング

もうカラー見て真っ先に思い浮かびましたね。
渋くてカッコイイけど手持ちじゃ合わせにくいな、と思っていたTenguのマットグレーがいい感じに収まりました。
よく見るとわずかに色味が異なるけど、個人的には許容範囲内。

VandyVape Pyro V3 RDTA

同じくフロストタイプのグレーで期待していたのですが、乗せてみるとちょっと明るいかな。
でもこれもアリですね。

このアトマは買ったばかりなので近日レビュー予定です。

VandyVape Berserker V2 MTL RDA

HALAやNixonなど、GasのBF RDTAもアリですね。
どっちも渋い作りですし、BF RDTAは運用も楽ですし。

詳細

メーカー公式

スペック

サイズ 79mm x 43mm x 25mm
重量 155g
BFボトル 7.5ml
使用バッテリー 18650 x1本使用 (別売)※定格電流25A以上の物を推奨
充電 USB Type-C 5V/1A
出力モード VWモード
VVモード
バイパスモード
温度管理モード(SS/Ni/Ti/TCR)
VW出力レンジ 3W〜80W
出力電圧 1V~8V
対応抵抗値 0.1Ω~3.5Ω
保護機能 バッテリー逆刺し保護
短絡(ショート)保護
加熱保護
自動カットオフ(10秒)
過放電保護
抵抗値制限

BFボトル

本体の蓋を開けると、BFボトルとバッテリーにアクセス出来ます。

ボトルにはかなり色々付いているのがわかりますね。
四角いボトルも少しめずらしい。

ダイヤル状のツマミはBFボトルの開閉コックとなっており、ロック状態にするとボトルからのリキッド供給をストップします。

持ち運びの際のリキッド漏れを抑制したり、ボトルを取り外す際に漏れてしまうのを防ぎます。

※供給停止状態で完全に遮断する事は保証は出来ません。
停止の状態で無理なスコンクはしないで下さい。
バルブパッキン破損の原因となり保証対象外となります。

とのこと。

隣りにあるスライド式のレバーは、下げるとリキッド補充用の穴が出てきます。
これにより、ボトルを取り外さなくてもボトルにリキッドを補充出来ます。

これが何気にとても便利。
ユニコーンボトルの先端くらいは入りますね。
スポイトボトルなどは厳しいかも。

ボトルは本体側のノズルに差し込む形で固定されており、容易に取り外すことが出来ます。

ただ、形状の問題で、取り外す際には一旦ボトルを縦に潰す必要があるので、
リキッドが満タンに入っている状態では避けたほうがよいと思います。

また、開閉コックはロック状態にしておかないとリキッドが溢れます。
(2度やらかした)

ロック機構などは全てボトル側の蓋に付いているんですね。

四角いボトルはかなり柔らかく、ぷにぷにです。

キャップ部分はスクリュー式で取り外せるので、洗浄も楽に行なえます。

バッテリー

バッテリーは18650を1本使用します(別売)

バッテリーまで入れると、ホントスペースが無駄なく使われているのがわかりますね。
スペースは狭いですが、リボンが付いているのでバッテリーの取り外しも容易です。
ホント色々考えられてる。

バッテリーは連続放電25A以上の物が推奨とのこと。
SonyのVTCだとVTC4、VTC5Aになりますね。

ただ、他のテクニカルModと同じですし、低出力運用であればそこまで気を使うことはないかな。

操作方法

電源ON/OFF

ファイアボタン5クリックで電源ON/OFF。

キーロック

UP/DOWNボタンを同時に長押しで、ロック状態を切り替えます。

モード切替

電源ON中にファイアボタンを3クリックすると、モード切替のメニューが表示されます。
UP/DOWNボタンで選択して、ファイアボタンで決定。

VWモード

UP/DOWNボタンでワット数を変更します。

VVモード

UP/DOWNボタンで動作電圧を変更します。

バイパスモード

メカニカルModのように、バッテリーの出力をそのままアトマイザーに伝えるモードです。

温度管理モード

まずコイル種を選択し、TCRの場合は続いてTCR値を入力します。
また、使用中にファイアボタンを2クリックすると動作ワット数の調整が出来ます。

UP/DOWNボタンで温度調整。
最大値/最小値から更に送ることで華氏と摂氏の表示を切り替えます。

使用感や漏れ強度等の検証

今回のスコンカー、ホントいたれりつくせりでいい感じ。

ただ、ボトル周りが複雑な機構なので、そこの強度とか漏れとかは気になるので、そこを気にしながらしばらく使ってみました。

BFボトルを満タンにして、空になるまで使って、この状態。

ボトルを外してみましたが、漏れや染み出し等はなし。
いいですね。

引き続き使用して2回くらい空にしてチャージしてみましたが、漏れに関しては問題無さそうです。

むしろ自分がやらかしました。
開閉コックを閉めずにボトルを外そうとしたり…。

あと、直接リキッドチャージ出来るのは凄く楽なのですが、ちょっと通り道が狭いみたい?
あまり勢い良く注入しすぎると注入口から溢れてきます。
粘度の高いリキッドの場合は一旦ボトルを外したほうが楽かも知れません。

まとめ

これは非常に優秀なスコンカーですね。

18650交換式で、テクニカルで、しかもボトル周りにこれだけの便利機能を搭載しつつ、それでいてサイズはテクスコ最小クラス。

各部がホント無駄なく構成されている感じで、よく出来ています。

特に悪い点は見つからず、
気になったのはサイズの割に少々重量があるのと、スコンク窓が少し押しづらいかな?ってところくらい。

デザインも非常に良いです。
シンプルで、カラーバリエーションも渋い感じですね。
アトマとのフィッティングもそれほど困らないかと。

コンパクトなスコンカーが欲しいけど、Luxotic Surfaceは充電できないし柄が派手だし…で二の足を踏んでいた人にはかなり刺さる製品じゃないかと思います。

久々に個人的にもかなりヒットしたスコンカーです。