BANDITO Juice ENAJI(エナジー) リキッドレビュー|ある意味定番?エナドリ味

BANDITO Juice ENAJI(エナジー) リキッドレビュー|ある意味定番?エナドリ味

BANDITO Juice Banditoenergy(バンディットエナジー)のリキッドレビューです。

BANDITO Juiceはマレーシアのリキッドブランド。
Japan Seriesと題して日本向けのフレーバー展開をされており、白ブドウを始め国内で人気のリキッドが多いです。

今回はある意味定番とも言えるエナジードリンク味ですね。
モン○ナの再現らしいです。

エナドリ味は色んなメーカーから出ていますが、元からある程度ケミカルな味わいなので香料での再現がしやすいようで、各社とも一定のクオリティがありますが、差別化が難しい味でもあると思います。
BANDITOさんはどうでしょうか。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

詳細

いつもの、SHOGUN!感があふれるラベルデザイン。
色合いがモ○エナを思い起こしますね。

販売サイトの説明を引用します。

3本の爪痕で有名なあのエナジードリンクを思わせる味!

●モンスター級のエナジー感! 
●甘さも酸味も程よく清涼剤でスッキリとした味わいに。 
●日頃エナジードリンクを愛飲されている方にぴったりなリキッドです。 


▼味の説明▼
甘さと程よい酸味がクセになる、エナジードリンク風味のリキッドです。
清涼剤も絶妙なバランスで配合されており、すっきりとした後味が印象的です。

やはり説明がシンプル。
そうなりますよね。

エナドリリキッドは大抵レッド〇ルかモン〇ナのどちらかがモチーフになりますが、今回のこれは後者ですね。

職業柄というかエナドリはよく飲むのですが、基本的な味はほぼ同じであるものの、レッド〇ルの方はややスッキリ、モンエナの方は少し甘くフルーティなイメージ。
自分は後者のほうをよく飲みます。

VG60:PG40 ノンニコチン。

正規品チェック用のスクラッチシールも貼られています。

キャップを開けて香りを嗅いでみます。

薬草っぽい香りを少しケミカル寄りにしたようなエナドリの香りそのままといった感じですね。

吸ってみる

試飲環境

高抵抗(MTL): Cthulhu 1928 RDA カンタル26ga 0.97Ω 15w
サブオーム(DL): Oumier Wasp Nano カンタル24ga 0.65Ω 23w
低抵抗(DL): Hellvape Drop Dead RDA Ni80 24gaデュアル 0.25Ω 47w

0.97Ω 15w:MTL吸い

エナドリリキッドってレビューの文章書くの難しいですよね。
だってエナドリ味だもの。

再現度は高いと思います。
あー、この味って感じ。

モン〇ナをイメージしているだけに、やはり甘みは少し強め?
吸い込む際にややフルーティな甘みがあります。

あと、吐き出す際に清涼剤の清涼感と、少しピリッとした感じがありますね。

シングル0.65Ω 23w:DL吸い

DLになると清涼剤を強く感じます。
他のエナドリ系リキッドよりも少し清涼剤は強めかもしれません。

ですが冷たい!ってほど強すぎるわけではなく、むしろ自分はこちらの環境の方がスッキリして美味しく感じました。

デュアル0.28Ω 47w:DL吸い

上のシングル環境から清涼と甘みを少し強めた感じ。

吸い込む際の甘みと香りがしっかりと出て、味わいに関してはこの環境が一番ドリンクのモンエ〇に近く感じました。

低抵抗向けに調整されているのかな。

清涼剤も強すぎず程よい感じです。

まとめ

以前より一定の人気が続いているエナドリ系リキッド、恐らくいずれかのメーカーの物を吸ったことのある方はかなり多いでしょうし、ある意味定番ともいえる味かもしれません。

エナドリ味ってホント”エナドリ味”なので、味の差別化は難しいですよね。
香料で再現しやすい味のようで、どのリキッドも一定以上の再現度はあると思います。

ただ、レッド〇ルモチーフが多いイメージはあるので、モン〇ナモチーフらしいこれはその点で少し差別化できてるのかな?
先入観もあったのかもしれませんが、従来の物よりもやや甘みが強く、ややフルーティには感じました。

あと、清涼剤が少しだけ強めかもしれません。
ただ、強い清涼が苦手な自分が美味しく吸えるレベルの強さではあります。

低抵抗で吸うとドリンク感があって好きですね。

私と同じモン〇ナ派の方は是非。