SEDUCE JUICE SNAKE OIL リキッドレビュー|洋梨+クリーム味、往年の大ヒットリキッド

SEDUCE JUICE SNAKE OIL リキッドレビュー|洋梨+クリーム味、往年の大ヒットリキッド

SEDUCE JUICE SNAKE OILのリキッドレビューです。

洋梨+クリーム味のリキッド。

こちらは新製品と言うわけではなく、往年の大ヒットリキッドで、
2013年に海外でベストリキッド賞を受賞し、日本でも2014年~2016年頃に爆発的にヒットした物です。
通称”スネ夫”。

自分は残念ながらリアルタイム勢ではないのですが、こちらのリキッドは以前お裾分けして貰って吸っており、かなり美味しかった記憶があります。

スティープをすることで劇的に味が変わることでも有名で、
開封直後は洋梨の青臭さが強く「蛇が居る」とも言われたリキッド。
名称のSnake Oilもそこから来ているのでしょうか。

スティープ後は青臭さが丸まって、クリーム感がしっかり出てきて、独特の”洋梨クリーム味”となります。
妙な中毒性があるんですよね。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

詳細

蛇の柄が描かれたグリーンのラベルです。
以前のスポイトボトルの頃はもっとリアルな蛇だった気がする。

VG70:PG30、ノンニコチン。

ラベルには製造年月日も記載されています。

リキッドカラーはやや黄色がかった透明色。

キャップを開けて香りを嗅いでみると、強い洋梨の香りがしますね。
ちょっと青臭い香りです。

スティープ推奨リキッド

基本的にスティープ推奨リキッドで、メーカー側としても最低一週間のスティープを推奨しているほど。

届いて開封直後に一度吸ってみたら、案の定凄い青臭さで、フルーツの青みが嫌いじゃない自分でもちょっと微妙。

数週~一ヶ月くらいは置きたいところではありますが、流石にレビューで受け取って長期放置と言うわけにもいかないので、せめてメーカー推奨の一週間だけ置かせて貰って試しました。

スティープについて

スティープとは、となる方も居るかもしれないので軽く書くと、要はリキッドを寝かせる作業です。

Vapeのリキッドは、グリセリン、プロピレングリコール、食品香料の混合物で、元々ケミカル的な要素が強いです。
香料にはエタノールを含んでいる物も多いですし、香料の種類によっては馴染むのに時間がかかり、味が尖っていたりする場合もあります。

外気に触れさせることでエタノールが揮発させたり、攪拌したり寝かせたりすることで香料が馴染んで味に深みが出たりします。

方法については色々あるのですが、
キャップを開けてor口の広い容器に移して外気に触れさせながら放置したり、毎日攪拌したり、湯煎で暖めたり、超音波洗浄機にかけたりと人によって色々。

自分も以前は色々試していましたが、手間やリスクをかける事を好まないので、最近はかなり簡略化しています。

初日にまず一度蓋を開封、普段は蓋をして保管しつつ、時々ボトルを振って攪拌して、ちょっと開封、といった感じ。

自作リキッドだと香料によっては念入りにやる必要があったりしますが、市販リキッドはある程度完成した状態でラインに乗っているわけだし、こんな感じでいいかな、と思っています。

吸ってみる

試飲環境

高抵抗(MTL): Cthulhu 1928 RDA カンタル26ga 0.95Ω 15w
サブオーム(DL): Oumier Wasp Nano カンタル24ga 0.63Ω 23w
低抵抗(DL): Hellvape Drop Dead RDA Ni80 24gaデュアル 0.25Ω 47w

0.95Ω 15w:MTL吸い

まだ多少青さはある物の、スティープ一週間で多少丸まって吸いやすくなっています。
自分は酸味や果実感のある方が好きなので、このくらいも結構好みかもしれません。

吸い込む時に、わずかな青臭さと共に洋梨の酸味を感じ、MTLで肺に入れる際にわずかなクリーム感とともに、洋梨の甘酸っぱさをより強く感じます。
吐き出す時も、口の中に洋梨の甘酸っぱさを感じながら、後味に少し苦みのような物が残ります。

スティープがが進んでいない状態でも、この環境だとそれほど青臭さは気になりません。
普通に洋梨リキッドとして美味しく吸える感じです。

シングル0.63Ω 23w:DL吸い

吸い込む時の洋梨の甘酸っぱさがより強くなりました。
自分はDLの方が好きかも。

同時に青さも少し強くなるけど、多分もうちょい置いたら落ち着きそう。

吐き出す時に洋梨の香りがクリーム感に包まれたような独特の味わいがあります。
そして最後に後味としてわずかに残る、蛇。
まだちょっと青臭さと苦みが残っており、出力が上がるとそれが出てきますね。
ただまぁ、開封直後と比べると気になるほどではないです。

デュアル0.28Ω 47w:DL吸い

上の環境を更に一歩推し進めた感じ。

吸い込む時、吐き出す時、ともに洋梨の甘酸っぱさは一番出ている気がして、個人的には低抵抗が一番好みですね。

ただ、この環境で吸うならもう少しスティープを進めたい所です。
吐き出す時から後味にかけて青さが気になっちゃう。

まとめ

スティープ推奨と言うことでめんどくささを感じる方も居るかもしれませんが、完成後は不思議な中毒性のあるリキッドです。
めちゃめちゃ美味い!となるわけでもないのですがなんか吸っちゃう、という感じのリキッドで、昔30mlほど貰った時はあっという間に吸いきりました。

これ、開封直後の方が好きという方と、スティープ後が好きという方に分かれるのも面白いですよね。
今回は一週間スティープで吸いましたが、高抵抗だとこのくらいでいいな。
低抵抗で吸うならもう1~2週くらいは置きたいと思いました。

過去に大ヒットしているリキッドですし、ポテンシャルについては間違いないかと思います。
普通に美味しいリキッドだと思いますし、リアルタイム勢でない方は「おー、当時はこんなリキッドが大ヒットしていたのかー」と思いながら吸うのもまた一興。