Aspire Minican レビュー|超小型超軽量ながらメッシュコイルで味は良好

Aspire Minican レビュー|超小型超軽量ながらメッシュコイルで味は良好

Aspire Minicanのレビューです。

見ての通り、これ、すんごい小さいんです。
そして、24gと超軽量。

ライターと同じくらいのサイズ感や重量で、ポケットに入れてると錯覚するレベルです。

このサイズ感はMinifitを思い出しますね、アレはホント小さかった。
スペックを比べてみるとあれとほぼ同等といっていいかな、幅がちょっとあるくらい。

AspireさんってそれほどPodは積極的に出していないイメージはありますが、BREEZEとかNautilus AIOとか評判良かったですね。

Nautilus系を初めとして、コイルユニットに定評があるメーカーさんなんですよね。
このMinicanは1.2Ωのメッシュコイルとのことですが、サイズ感を感じさせないミスト量と味の濃さでちょっとビックリしました。

吸い込むだけで使えるオートスイッチ型Podで、特別な機能等は一切ない単機能なタイプ。

ですが¥1,980と安価ですし、小ささ、軽さ、そして味の良さとかなり便利でコスパの高いPodなんじゃないかと思います。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

白基調のパッケージ。
もうパッケージからして小さい。

箱の側面には正規品チェック用のスクラッチシールが貼られています。
スクラッチの下のコードを公式サイトの下にあるフォームで入力すると、コピー品でないかの確認が出来ます。

パッケージ内容

  • Minican本体
  • MicroUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアルは英語とフランス語で記載されています。

外観

シンプルな形状のPodです。

外装はラバーコーティングされており、マットでサラサラな質感。

カラーバリエーションは5色です。

サイズ感はこんな感じ。
こうやってタバコの箱と並べるとほんとライター感あるんです。

aspireロゴの下にはLEDインジケーターが付いています。
バッテリー残量と各種警告を出すだけにシンプルな物。

Podのすぐ下、左右に空気取り入れ用の小さな穴が開いています。

底面には充電用のMicroUSBポートが付いています。

Podの固定はマグネット式になっています。

初期状態では事故を防ぐために絶縁用のシールが貼られています。

Podカードリッジ

リキッド容量は2ml。
aspireの公式を見ると、3mlのPodも設定があるみたいですね。

素材の記載は見つけられませんでした、他社製同等かと思いますが、プラへの攻撃性の高い素材を使ったリキッドは念の為注意を。

素材は黒いですが、そこそこ透明度はあるのでリキッドはそれなりに見えます。
ですがタンクの底の方は本体に隠れますね。

吸口は大きく片側に寄っています。
太めで穴も大きめなのでMTL向きではない感じ。

リキッドは、底面のシリコンキャップをめくってそこから注入します。
入り口が金属パーツでしっかり保護されているのが印象的。

その他情報

メーカー公式

Aspireの公式サイトに行くと日本語サイトが表示されるのですが、日本語サイトは全然更新されていないんですよね。
英語サイトの方にページがありました。

スペック

サイズ 65.3mm x 28.1mm x 15.6mm
重量 24g(実測)
バッテリー 内蔵350mAh
リキッド容量 2ml
コイル 1.2Ωメッシュコイル
出力 バイパス出力
充電 microUSB 5V/0.5A
保護機能 自動カットオフ(8秒)
短絡(ショート)保護
過放電保護
過充電保護
オーバーヒート保護

使用方法

物理ボタンのないオートスイッチ型なので、特別な操作はありません。

Podにリキッドを入れて差し込んだら、あとは吸うだけです。

Pod底面にあるシリコンキャップをめくって、ユニコーンボトルのノズルを差し込んでリキッドを注入します。

なるべく奥まで差し込んだ方がリキッドが溢れにくいと思います。

初回チャージ時は、コイルにリキッドが染み込むまで最低数分は置いておきます。

うちでは念の為10分は置くようにしています。
コイルのコットンにリキッドが十分染み込まないうちに加熱してしまうと、焦げてすぐダメになってしまうので。

あとは吸い込むだけ。

吸ってみる

Zap!JuiceのLychee Lemonadeを吸ってみます。

最初の数パフくらいは、「あれ?味薄くない?やっぱこのサイズだとこんなもんか?」と思ったのですが、しばらく吸っていたら「おお?これは…?」といった感じに。

さすがメッシュコイルというか、1.2Ωとは思えないミスト量で、ライチの濃い味がかなり出ています。

このリキッドは高抵抗でライチメイン、低抵抗にしていくとレモネードが出てくる感じなのですが、
味はほぼライチのみで高抵抗コイルといった感じの味わい。
ですがミストがシルキーで密度が高い。

ドローは結構軽めですね。
同タイプの他の製品と比べても軽めな方なのでは。

マウスピースの形状も分厚く、MTL吸いには確実に適さない感じです。
完全なるDL向き。
やや重めDLって感じかな?割り切ってDLしましょう。

あと、本体左右にエアホールが開いているのですが、ここはあまり意味ない感じ?
左右のエアホールを指で塞いでもドローは変わらず。

むしろ、底面のUSBポートを塞いだほうが影響が大きかったです。
小さくて手に包み込むような形になるので、持ち方によっては時々塞いじゃうんですよね。

USBポートを塞ぐと少しドローが重くなりますが、空気の流量が減るのでオートスイッチの反応が不安定になります。
つまむ感じで持つのがいいかな?

味は非常に良いのですが、マウスピースの径や形状の影響かな?
長めのパフをすると唇がの先端が熱くなるのはちょっと気になりました。

あともう一点、
このPodはバイパス出力なので、バッテリー残量に応じて出力が変わります。

リチウムイオンバッテリーの特性として、満充電時の4.2Vから過放電保護の働く3.3Vまで徐々に下がっていく感じですね。

こういうタイプのPodは定電圧出力の物が多いですし、満充電時に「うまっ」って感じたのはその辺もあるのかも。

ただ、充電せずにずっと使っていると徐々に吸いごたえが下がっていくのは確か。
それほど神経質になることはないかもですが、強めの出力が気に入った場合はこまめに充電するのが良いかもしれません。

自分の吸い方だと、半日くらいは同じ感覚で吸えました。
朝から使っていて、夕方くらいになると「ん?ちょっと変わった?」って感じるくらい。

まとめ

全体的に見ると、非常にコストパフォーマンスはいいんじゃないかと。

小さいし、軽いし、美味しいし、
ちょっと持ち歩いてちょこちょこ吸ったりするのには非常にいい。
これで¥1,980ならあり。

ただ、こちらのPodは使い捨てタイプなので、ランニングコストはややかかりますね。
交換用Podは2個入りで¥980、メインでガシガシ使っているとちょっと気になるかな。

逆に、使い捨てでメンテナンスフリーというのはメリットなので、用途次第かな、と思います。
使っていても全然漏れないPodなので、快適に使用できると思います。

吸った感想のところに色々書きましたが、全体的には吸った感じは満足です。
ただドローは軽めでDL向きなので、MTL派の人には合わないと思います。

サブ機運用とかちょっとした持ち出し用などに非常に重宝しそうだと思いました。

『Aspire Minican レビュー|超小型超軽量ながらメッシュコイルで味は良好』へのコメント

  1. 名前:ばりー 投稿日:2020/07/26(日) 20:25:14 ID:b788b0c39 返信

    ポッドと本体に隙間開いてません?
    私のミニカンはドロー重くてDLはちょっと無理って感じです。
    片穴塞ぐと激重MTLです。
    一度スカスカでおかしいなと思ったらポッドが浮いて隙間開いてたので本体の中側をギュッギュッと押したら直りました。

    • 名前:Marz 投稿日:2020/07/26(日) 20:37:41 ID:2da3accc2 返信

      コメントありがとうございます!

      再確認してみましたが、わずかに隙間ありますね、うちのは標準でこのくらいでした。
      [画像1]

      仰られているように本体の内部を押して可能な限り密着させてみました
      [画像2]
      幾分かドローが重くはなりましたが、
      うちの場合はMTL向きというほどは重くならず(MTLで吸おうとするとオートスイッチが途切れる)やはりやや軽いな、といったところです。
      Podの個体差でしょうか…