Nevoks – Feelin X レビュー|ワッテージ調整も可能な高機能型Feelin

Nevoks – Feelin X レビュー|ワッテージ調整も可能な高機能型Feelin

Nevoks Feelin Xのレビューです。

Nevoks | marz04.net
「Nevoks」の記事一覧です。

前回のFeelin C1に引き続き、Feelinシリーズの新作。

Feelin C1は機能やサイズ感などはそのままにデザインの変更といった感じでしたが、今回のFeelin X1はワッテージ調整とスライド式のエアフローコントロールを持ち、リキッド容量やバッテリー容量も大幅にアップした上位版となっています。

コイルはPageeやFeelinシリーズ共通のSPL10コイルですが、新たに追加された0.3Ωコイルも使用可能になっています。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

モノトーン基調のシンプルなパッケージです。

背面には正規品チェック用のスクラッチシールがあり、
スクラッチの下のコードを、公式サイトの「SECURITY VERIFICATION」の所に入力するとコピー品でないかの確認が出来ます。

パッケージ内容

  • Feelin X Pod本体
  • USB Type-Cケーブル
  • SPL-10メッシュコイル 0.3Ω
  • SPL-10メッシュコイル 0.6Ω
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード

ユーザーマニュアルは英語で記載されています。

外観

FeelinやFeelin Xとはかなり形状が異なっています。

サイズ感はこんな感じ。

Feelin Xと並べてみると、大分サイズアップしているのがわかります。

本体正面に、ファイアボタン、液晶画面、+/-ボタン。

側面にはスライド式のエアフローコントロールがあります。

反対側には充電用のUSB Type-Cポートが付いています。

Podの固定はマグネット式です。

Podカートリッジ

リキッド容量5mlという大容量カートリッジ。
素材はPCTGで、メンソール耐性はあります。

リキッドの補充は側面から。

コイルはOリング固定です。
Podの底面からまっすぐ差し込むだけで装着できます。

コイル交換時は、画像の赤矢印のラインよりリキッドが減っている状態でコイルを取り外さないと吸い口からリキッドが溢れてしまうので注意です。

付属コイルは、SPL-10メッシュコイルの0.3Ωと0.6Ω

Pageeや他のFeelinシリーズと共通のSPL-10コイルが使用できます。
0.3Ωから1.0Ωまで5種類。

0.3Ωは新しく追加された物で、現状このFeelin X専用になっています。

詳細

メーカー公式

スペック

サイズ 109mm x 30.6mm x 20mm
本体素材 PC+ABS
重量 61.5g
バッテリー 内蔵1600mAh
Pod素材 PCTG
リキッド容量 5ml
コイル SPL-10 0.3Ωメッシュコイル
SPL-10 0.6Ωメッシュコイル
スイッチ マニュアル(ボタン式)/オートスイッチ両対応
出力レンジ 5w-40w
出力切り替え VW(可変ワッテージ)
充電 USB Type-C 5V/2A
保護機能 自動カットオフ
過充電保護
過放電保護
オーバーヒート保護
最大出力制限
低電圧保護

重量の実測は58g
前のFeelinよりも大分重くなりましたが、バッテリー容量も大幅に上がっているので、まぁ。

操作方法

電源ON/OFF

ファイアボタン5クリックで電源ON/OFFを切り替えます。

本体ロック

電源ON中にファイアボタンを3クリックすると、本体ロックがかかり、全ての操作がロックされます。

ワッテージロック

電源ON中に+/-ボタンを同時に長押しすると、液晶画面に「K」と表示され、ワッテージロックがかかります。
この状態では+/-ボタンのみがロックされます。

RBAモード

電源ON中にファイアボタンと+ボタンを同時に長押しすると、液晶画面に「R」と表示され、RBAモードになります。

元々は、コイル抵抗値によって初期ワッテージなどが調整されるのを、全て自分で設定するモードですね。

パフカウンターリセット

電源ON中にファイアボタンと-ボタンを同時に長押しすると、パフカウンター(吸った回数のカウンター)をリセットします。

吸ってみる

SPL-10コイルの0.6Ωはこれまで散々吸いましたが(良いコイルです)
今回は新しく0.3Ωが増えているので、折角なのでそちらを使用します。
推奨ワッテージ30-40wのコイルですが、コイルをセットしたら、自動で35wに設定されました。

リキッドはDarkstarのELECTROSHOCKを入れてみました。

注意

こうしたコイルユニット式のデバイスは、初回のリキッド注入時はコイルにリキッドが浸透するまで数分置いておく必要があります。
コイルに充分にリキッドが染み込んでいない状態で加熱すると、コイルの内部が焦げてしまってダメになってしまうことがあります。

まずはエアフロー全開で吸ってみましたが、全開だとかなりスカスカです、相当軽い。

ですがエアフローコントロールは割と効きますね。
全閉にすると軽めのMTL、少し開けると重めDLといった感じになるので、この辺を使えば高抵抗コイルも使えそう。

ただ、半開以上はかなり軽めなので、基本的にDL向けだと思います。

今回の0.3Ωですが、これまでの0.6Ωよりも大分パンチがあります。
ミスト量も大幅に増えていますし、フレーバーの味もメンソールの刺激もガツンとくる。

シリーズ通してメッシュコイルなので、ミストはきめ細やかで味はじゅわーっと口に広がります。

エアフロー半開~全開でスカッと吸うのがよさそうです。

まとめ

ワッテージ調整が可能になったFeelin。
新しく設定された0.3Ωコイルがかなりパワフルです。

元々SPL-10コイルはパフォーマンスの高いコイルなのですが、爆煙もいいですね。

リキッド容量やバッテリー容量も大幅にアップしているので、0.3Ωで爆煙運用しても大分もちます。
エアフロー調整で重めドローにも出来るので、逆に0.6Ωや1.0Ωでながーく使うのもアリ。

サイズや重量はかなり上がっていますが、その分機能や容量は大幅に上がっています。

国内でも既に人気のあるPageeやFeelinと共通のコイルなので、消耗品となるコイルの入手性に安心感があるのも大きいです。

こうしたVAPEデバイスって、新型が出ると新設計コイルに変わったりすることが多いですが、Nevoksさんはずっと互換性もたせてくれているのが嬉しいですね。

価格など

何故かTシャツセット、で本体価格¥3,780

予備Podは2個入り¥1,280

コイルは5個入り¥1,460です。