Nevoks FEELIN C1 KIT レビュー|スケルトンボディ+電飾、コイルは汎用性高し

Nevoks FEELIN C1 KIT レビュー|スケルトンボディ+電飾、コイルは汎用性高し

Nevoks FEELIN C1 KITのレビューです。

Nevoks | marz04.net
「Nevoks」の記事一覧です。

PageeFeelinなど、人気のPodをリリースしているNevoksさんから、Feelinのバリエーションとなる新型Podです。

コイル交換式のスティック型Podで、コイルはPageeやFeelinと共通のSPLコイルを使用、
オートパフ/マニュアル(ボタン式)の両対応、3段階の出力調整、2段階のエアフロー調整など、このサイズのPodに欲しい機能は一通り詰まったデバイスです。

スケルトンボディにLEDの電飾など、ちょっと派手なPodでもあります。

この製品はFlavor-Kitchenさん(Nevoksさん)にサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

プリズムプリントされた、これまた派手な箱。

背面には正規品チェック用のスクラッチシールがあり、
スクラッチの下のコードを、公式サイトの「SECURITY VERIFICATION」の所に入力するとコピー品でないかの確認が出来ます。

パッケージ内容

  • Feelin C1 Pod本体
  • USB Type-Cケーブル
  • SPL-10メッシュコイル 0.6Ω
  • SPL-10メッシュコイル 1.0Ω
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード

ユーザーマニュアルは英語で記載されています。

外観・特徴

やや厚みのあるスティック型です。

サイズ感はこんな感じ。

形状はFeelinと同じかな?と思って並べてみましたが、Feelin C1の方が若干長いですね。

Podカートリッジは共通で、相互に装着出来ました。

外観上の大きな特徴は、まずこのスケルトンデザインですね。

このサンプルのカラーはBlack+Clear、黒ベースの本体の上を透明の素材が覆っており、表側は制御基板が見えるようになっています。

カラーバリエーションは5色、全てスケルトンデザインになっています。

基板にはLEDインジケーターが入っており、バッテリー残量や出力設定を表示しているのですが、
スケルトンなので輝度も高めだしかなり目立ちます。

更に、吸っている時はこんな風に光ったりして、なかなか派手。

ファイアボタンはシルバーのプラ製。
若干チープに見えるのがちょっと惜しい。

側面に、充電用のUSB Type-Cポートが付いています。

Podカートリッジの固定はマグネット式です。
心なしか、前のFeelinよりもスムーズに脱着出来るようになっている気がします。

Podカートリッジ

先述したとおり、無印Feelinと共通の形状です。
ですが本体デザインに合わせてかクリアパーツが主体で作られています。

リキッド容量は2.8mlとやや大きめ、素材はPCTGでメンソール耐性もあります。

リキッド補充は側面から。
シリコンキャップをめくると少し大きめの注入口が開いています。

コイルはOリング固定となっており、底面からまっすぐ差し込む/引き抜くだけで脱着出来ます。

コイル交換の際は、画像の赤矢印よりもリキッドが残った状態でコイルを取り外すと、リキッドが吸い口からこぼれてしまうので、このラインより減った状態で交換します。

付属コイルはSPL-10メッシュコイルの0.6Ωと1.0Ω

その他、同社のSPLコイルシリーズと全て適合があり、0.4Ω~1.0Ωまで4種類から選んで使用出来ます。

詳細

メーカー公式

スペック

サイズ 107mm x 22.1mm x 18mm
本体素材 PC+ABS
重量 37g
バッテリー 内蔵1000mAh
Pod素材 TPE+PCTG
リキッド容量 2.8ml
コイル SPL-10 0.6Ωメッシュコイル
SPL-10 1.0Ωメッシュコイル
スイッチ マニュアル(ボタン式)/オートスイッチ両対応
出力レンジ 10w-30w
出力切り替え 3段階調整可能
充電 USB Type-C 5V/1.5A
保護機能 自動カットオフ
過充電保護
過放電保護
オーバーヒート保護
最大出力制限
低電圧保護

重量の実測は43g、相当軽いです。

操作方法

電源ON/OFF

ボタン5クリックで電源ON/OFFを切り替えます。

出力調整

電源ON中にボタンを3クリックすると出力が切り替わります。
LEDインジケーターの点灯数が現在の出力設定を表示しています。

エアフロー調整

Podの取り付け方向によって、ドローの重さを2段階から調整出来ます。

本体側のエアホールに、切り欠きがある方を合わせると軽いドロー、ない方を合わせると重いドロー。

ベーピング

この機種はボタンを押して吸うマニュアルパフと、吸い込むだけでスイッチの入るオートパフの両方に対応しています。

ボタンを押して吸ってもいいし、ただ吸い込むだけでもOKです。

吸ってみる

0.6Ωコイルを装着して、Chronic JuiceのLE GRAPEを吸ってみます。

注意

こうしたコイルユニット式のデバイスは、初回のリキッド注入時はコイルにリキッドが浸透するまで数分置いておく必要があります。
コイルに充分にリキッドが染み込んでいない状態で加熱すると、コイルの内部が焦げてしまってダメになってしまうことがあります。

このコイルは、Pagee、Feelinと吸ってきてますが、まぁどうしても感想は似通ってきてしまいますね。

出力1(最低)だとやや物足りない感じはありますが、出力2、出力3(最大)と上げてゆくとかなり満足感があります。
メッシュコイル特有のきめ細かいミストで濃い味がじわーっと口の中に広がってきます。

ドローの重さは、Feelinとほぼ同じ感覚。
重い方にするとMTL向きで、重めDLも出来るかなってくらい、
軽い方にすると完全にDL向きです。

0.6Ωコイルの方は、軽めドローにしてDLでスカッと吸うのが合っているように感じます。

オートスイッチのレスポンスは非常に良好、0.6Ωコイル+軽めドローでも全くストレスなく吸うことが出来ます。
マニュアルボタンのレスポンスもよいです、電源や出力切り替えの連打でもシュッシュッと鳴るくらい。

続けて1.0Ωコイルに交換してみました。
こちらも、Feelinの時と感想は同じ。

軽いドローにすると若干物足りなさはありますが、重いドローにすると普通にMTL吸い出来て一気に満足感が上がります。

まとめ

使用するコイルが過去にレビューしたPagee、Feelinと同じなのですが、このコイルは元々高いパフォーマンスを持つコイルなので、味や満足感についてはこれまでと変わらず非常に良いと思います。

本体スペックはFeelinとほぼ同じですね。
Podも共通だし、バッテリー容量も同じ。
カタログスペックの最大出力の数値が少し上がっていますが、Podを両方に付け替えながら出力3(最大)で吸い比べてみた感じ、それほど差を感じませんでした。

やはり大きな違いは、見た目でしょうか。
スケルトンボディに輝度の高いLEDで、かなり派手です。
外で使っていたらかなり注目されそう。

単体としてみると、
コストパフォーマンスに優れるコイル交換式で、シリーズ通して国内ベンダーさんでの取り扱いがあるのでコイルユニットの流通も心配なし。
バッテリー容量もリキッド容量も大きめなので、お出かけ用にしてもかなりもちますし、充電も2Aで速いので便利だと思います。

個人的には、ファイアボタンの質感だけがちょっと惜しい感じかなぁ。

小型のPodデバイスながら出力調整やドロー調整などのカスタマイズも出来るので、DL/MTLのどちらでも使えるVAPE Podです。

価格など

本体価格¥2,980で、Flavor-Kitchenさんの各販売チャネルで販売中です。
予備Podは2個入り¥680、コイルは5個入り¥1,280

※Amazonだけ少し価格が上がりますが、ポーチのおまけが付いています。

本店

楽天

Yahoo

Amazon