Augvape Merlin RTA – 今メインで使ってるアトマイザーはコレ

もう買ったのは結構前になるけど、俺のRTAデビューはこのアトマイザーでした。

既にRDAを先に初めており、自分でコイルを巻く楽しみにドップリハマっていたので、やっぱタンク付きもやりたくなる。

そんなわけで、良さそうなRTAアトマを探して色々見ていたら、
価格の割に美味しく、そして漏れにくい(ジュースコントロールが付いている)との評判を見て、「これにしよう!」と。

背も高めなので、お気に入りのWitcherにも合いそうだし、早速購入。

Augvape Merlin RTA

Fasttechさんで$15.96(この時のレートで1,800円くらい)。安い。

プラケースにコンパクトに収納されて到着。
アトマイザーのパッケージってメーカーによって色々違ってて面白い。

  • 本体
  • 説明書(英語)
  • デッキ用の六角レンチ
  • 予備のガラスタンク
  • ノッチコイル
  • 予備のOリング

ガラスタンクは、シルバーを買うと本体に透明がついてて予備が黒らしいけど、
黒を買うと両方とも黒らしい。
予備が透明とかだと嬉しかったなぁ。
黒タンクはカッコイイけどちょっとリキッド残量が見づらいw

ビルドはめちゃめちゃ楽!


デッキはベロシティタイプで、ビルドはめちゃめちゃ楽!
巻いたコイルを前から通して、後ろから余りをパチンと切るだけ。


カンタル24ga 7巻き 0.77Ω
このくらいが合うと思う。

ウィックは、サイドのジュースホールを程よく塞ぐ感じで。
スカスカだと漏れるし、キチキチだと焦げる。

MODに乗せてみる


Witcherに乗せるつもりで買ったので、写真がWitcherのみ。
高さもバッチリだし、いい感じ!

ちょっと背が高いアトマイザーなので、普通のBOXだとひょろっとしちゃうかな?
直径は23mm。Picoだとギリギリって感じ。


ドリップチップは510。
最初に付いている物はやや太め。
トップパーツとドリップチップの形が合わせてあるので、細いものに変えるとちょっと断面が気になるかも。


リキッド補充はトップから。
穴が大きくて入れやすい。


エアフローはボトムで、無段階調整。
閉めてもやや軽めではあるけど、全閉にすると急に吸えなくなるw


ジュースコントロール。
タンク部分を回してここの穴を合わせる感じ。
←全閉 全開→

リキッド漏れについて

実際、ウィックを適切に詰めていてジュースコントロールを閉めていれば多少のことでは漏れないです。
自転車通勤の鞄に中でシェイクされても一切漏れない。

ジュースコントロールを閉め忘れたままポケットに入れて持ち歩いてたら、エアフロー穴からじんわり染み出してくる感じ。
あとは、ビルド直後にちょろっと漏れたり?

あ、ウィックの詰め具合が不味いとダバダバ来ます。
これはどんなRTAでも同じだけどw

今はコレを毎日職場に持って行ってるけど、
最初の1〜2日はまだウィッキングに慣れなくてリキッド漏れさせちゃってた。

Twitterで「マーリンがお漏らしした」ってカタカナ名でつぶやくと、
FGO勢の人たちに変な性癖を持っていると思われたりするのでオススメ。


Authentic Augvape Merlin RTA Rebuildable Tank Atomizer – $15.96

from: FastTech

https://goo.gl/cMWdoU