プルームテック対応マルチドリップチップ×コンパクト14 スターターキット レビュー

プルームテック対応マルチドリップチップ×コンパクト14 スターターキット レビュー

プルームテック対応マルチドリップチップ×コンパクト14 スターターキットのレビューです。

この製品は、JustfogのCompact 14という人気のスターターキットに、べプログが開発したプルームテック対応ドリップチップをセットにした物です。

べプログさんは以前より、このCompact 14の前作であるJustFog Q14のプルームテック対応キットを販売しておりますが、かなり人気のあるセットだったそうで、
今回は、そのQ14を最新モデルのCompact 14に変更した物になります。

ベプログオリジナルの「プルリキ」というリキッドも1本付属しており、すぐに使い始めることの出来るセットです。

取り扱いに注意が必要なニコチンリキッドを海外から取り寄せずともプルームテックカプセルでお手軽にニコチンキックの満足感を得ることが出来るので、
減煙の為にVAPEに切り替えたいとか、サブ機としてニコチン摂取用にしたい、という用途には非常にマッチするセットかと思います。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

セット内容

Justfog Compact 14スターターキット

小型のデバイスに定評のあるJustfogの最新Kitで、
同社のQ14という細身のアトマイザーを使用するステルスタイプのモデルです。

以前からあるQ14 Compact Kitのリメイク版で、使用するアトマイザーは同じですが本体デザインが一新されています。

全体的に丸みを帯びたオシャレなデザインになっていますね。

本体のサイズは少し上がっていますが、
ファイアボタンを上面に移動したことによりアトマイザーの位置が深くなり、アトマイザー込みの状態では全高が抑えられています。

バッテリー容量は前作の900mAhから1500mAhに大幅に増加しています。

細かい設定や複雑な操作等はなく、初心者の方でも使用しやすいデバイスです。

プルームテック対応マルチドリップチップ

べプログが独自開発したオリジナルのドリップチップです。
ステンレス製でしっかりした作り。

吸口の広いDL(直接肺に入れる吸い方)用と、吸口の狭いMTL(タバコ吸い)用の2種類が付属しており、
それぞれ短いままでも使用できますし、ロングパーツと組み合わせてロングドリップチップとして使用することもできます。

ロングパーツにはプルームテックのカプセルがそのまま装着出来る他、手巻きタバコ用のフィルターをセットして吸うことも出来ます。

DL用とロングパーツは”スピットバック防止機構”が搭載されており、このようにメッシュ状の穴にすることで、スピットバック(リキッド跳ね)を軽減します。

また、ロングパーツのこれは、プルームテックカプセル使用時にカプセルの底が濡れて詰まる問題も軽減します。

プルリキ (全8種から1つ選択)

ベプログオリジナルのリキッド「プルリキ」が1本付属します。
プルームテックカプセルの各味に合わせた全8種から1本を選択する形。

以前紹介したTarlessにも付属していたリキッドですが、普通に吸っても美味しいリキッドです。

Justfog Compact 14 スターターキットの詳細

パッケージ内容

  • Compact 14 Mod本体
  • Q14アトマイザー
  • 1.6Ωコイルヘッド
  • セーフティガイド
  • ユーザーマニュアル

外観

トップファイアボタンのステルス機という、個人的に大好きな構成。
曲線基調のデザインも中々オシャレでいいと思います。

サイズ感はこんな感じ。
流石にかなり小さいですね。

上面にはファイアボタンと、バッテリー残量を示すLEDインジケーターが付いています。

ボタンのすぐ下に、充電用のUSBポートがあります。

アトマイザーを外してみました。
接続は510ではなく、今となっては懐かしいeGo接続です。

eGoと510は互換性があるので、一応取り付けは可能ですし、通電もしました。
端子部分は不格好になりますが。

ただ、14mm以下ののアトマイザーを探すのが大変そう。

前作は16mmまで入ったらしいのですが、今作は入りません、残念。

ホントギリギリといった感じなので、加工して入れている方もおりますが、スレッドの問題もありますし、実質アトマイザーは専用品と思ったほうが良さそうです。

Q14アトマイザー

細身のクリアロマイザーです。

結構前から出ているアトマイザーなので、流石に少々設計が古いきらいもありますが、未だにファンの多いアトマイザーです。

エアフローはボトムエアフロー。
この位置のエアフローコントロールリングでドローの重さを調整できます。

全閉ではかなり重いですが、少し開けると結構軽くなりますね。
半開以下なら何とかMTL出来るくらい。

トップ側はドリップチップのみが外れるようになっています。
このドリップチップは汎用の510ドリップチップと交換可能です。

リキッドチャージはボトムフィル。
このように逆さに向けてボトムパーツを取り外し、タンクに直接リキッドを流し込みます。

コイルヘッドはかなり小さいですね。
1.6Ωの物が1つ付属しております。

初期状態では装着されていないので忘れずに装着しましょう。

このコイルヘッドは同社のQ16と互換があります。
1.2Ωの物も使えるはず。
人気のあるアトマイザーなので、国内外問わず換えコイルの入手には困らないと思います。

うちにはQ16があるので、予備コイルヘッドもそこそこ残っていました、やったね。

スペック

サイズ MOD: 37mm x 67mm x 21mm
アトマイザー:14mm x 71.6mm
バッテリー 内蔵1500mAh
重量 MOD:78.5g
アトマイザー:26g
リキッド容量 1.8ml
抵抗値 1.6Ω / 1.2Ω
エアフロー ボトムエアフロー
出力ワッテージ 8w〜11w
定格電圧 3.5V
充電 microUSB
保護機能 短絡(ショート)保護
加熱保護
過放電保護
過充電保護
過電圧充電保護

使用方法

電源ON/OFF

ファイアボタン4クリックで電源ON/OFFを切り替えます。

ベーピング

ファイアボタンを押している間のみミストが発生します。

充電&残量確認

付属のmicroUSBケーブルにてアダプターと接続すると自動で充電が始まります。
電力に付いての記載はないですが、恐らく通常の5V/1Aかと思われます。

このLEDインジケーターがバッテリーの残量を示しています。

  • 3個点灯:100%〜70%
  • 2個点灯:70%〜30%
  • 1個点灯:30%以下
  • 3個点滅:要充電

吸ってみる

吸ってみます。
今回のプルリキは”梨メンソール”

アトマイザーを逆さにして下からチャージ。
吸口側に流れてしまうので、リキッドを入れるのはこの位置までにしておきます。

コイルを取り付けてアトマイザーを組み立てたら、リキッドがコイルに染み込むまで10分ほど置いておきます。

まずは標準のドリップチップでそのまま頂きます。

うん、そのまま吸ってもいけますね。
洋梨香料、といった香りですが、メンソールとの組み合わせでサッパリ吸えます。

続いてべプログオリジナルのドリップチップをDL用、MTL用+ロングパーツと試していきます。

質感は流石に良いですが、味に感じてはそれほど劇的な変化はないかな?
ロングパーツなしでは自分には少し短く感じるので、MTL用にロングパーツを付けて吸うのが自分には合っていそうなのですが、アトマイザーのドローが少し軽く感じるんですよね。

悪くはないのですが、この辺は好みか。

プルームテックカプセルを使用

個人的にこちらが本命。

自分プルームテック吸わないし全然馴染みがなかったのですが、以前Tarlessのレビューで使ってみたら思った以上に満足感あったんですよね。

やはり、カプセルを付けるとドローが少し重くなります、この点も◯

そして、意外とニコチンキックがしっかりとあり、満足感を感じます。
以前オリジナルのプルームテックを試し吸いした時は全然だったのですが、やはりVAPEだと結構しっかり来る印象。

ただ一つ問題点は、このプルテクカプセルが”レギュラー”なんですよね…。
全然詳しくないので、カプセル側の味が違うって知らなかってん……。

梨メンソールと組み合わせると、なんか苦いというか、味が変わって「あ、しまった」と。
タンク1杯分吸った後でタンク洗って、タバコフレーバーに変更しました。
よかった、予備コイルがあって。

タンク1杯分吸いきった後のカプセル。
フィルターも綺麗なままですし、底面もまだそれほどベタベタになっていません。
VAPEで吸うと、大抵底面がミストでベタベタになって詰まって吸えなくなるんですよね。
これはドリップチップのおかげもあるかな。

1本でタンク1杯分吸い切れました。
休日に、若干メイン気味にしっかり吸って2日分くらい。
ただ、後半は徐々にニコチンキックが弱くなってきたので、それで限界くらいかな。

でも1個で1〜2日持つなら割とコスパいいかも。
Tarlessよりは少しミストが弱い感じはしますが、その分カプセルは長持ちする気がします。

まとめ

Compact 14 Kitは元々人気のあるキットですし、間違いはないと思います。

Q14アトマイザーも設計は古いですが、
このサイズの割に味は中々出ますし、リキッド漏れも問題なさそう。
元々うちはQ16を時々愛用しているのですが、それがそのまま細くなった感じかな、
あれも1年ほど使っていて、味も漏れも悪くない感じですしね。

普段吸っているRBAアトマイザーと比べてしまうと流石にやや味の不満は感じてしまいますが、このサイズ感と使い勝手を考えると充分優秀かと思います。

Modもオシャレでいいですね。

ドリップチップは物自体も良いものだとは思うのですが、やはり、プルームカプセルが使えるというのが一番のメリットかと思います。

カプセルを付けるだけでドローもやや重くなるし、ニコチンのキック感もしっかりとあるので、ノンニコチンのリキッドでもタバコ的な満足感を得られます。

減煙や、タバコからの切り替えを考えられている方に特に合いそうなセットですね。

減煙、禁煙目的でVAPEを始められる方も多いですが、やはり国内で手に入るノンニコチンのリキッドだと、喫煙者にとっては満足感を得にくく、すぐにタバコに戻ってしまう方も多いです。

かといってニコチンリキッドを吸おうと思うと、海外からリキッドを買ったり、ニコチン原液を取り寄せて自分で混ぜたりと、少々ハードルが高いです。

プルームカプセルであれば国内のコンビニなどで手軽に手に入るし、充分な満足感を得られるので、VAPE切り替えの入り口にはいいかも。