MOUU Cliq Pod Starter Kitレビュー|リーク&ダストプルーフなペン型Pod

MOUU Cliq Pod Starter Kitレビュー|リーク&ダストプルーフなペン型Pod

MOUU CLIQ Podのレビューです。

初めて聞くメーカーさんです。
公式ページを見に行くと、どうやらこのCLIQが初となる新興メーカーさんみたい。

このデバイス、最初一瞬ナニコレ?となりました。
ただの銀の棒。
丸っこくてつるっとしてます。

Pod型デバイスとのことで、まぁこの先端の部分のキャップを外して吸うのかな、vPenとかUPENとかそんな感じっぽいね、と思っていたのですが、
これ、直接吸うタイプのオートスイッチ式Podでして。

キャップをカチッと引っ張ると吸い口が現れる、ちょっとユニークなデバイスでした。

この製品は、Heavengiftsさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

Heaven Gifts “Pod Vape Kit, Pod System”カテゴリー

特徴

リーク&ダストプルーフのキャップ件マウスピース

キャップを摘まんで……「コキャッ」……とね。

少し引っ張ると、先端に吸い口が出てきます。

閉じている間は完全に密封され、埃の侵入やリキッド漏れを防ぎます。
なるほど清潔、と思うけど、口をつける吸い口は思いっきり露出しっぱなしですよね。
でも、Podってみんなそんなもんか。

キャップや吸い口は食品グレードの素材を使用しており、
外して丸洗いも容易に行える仕様になっています。

パッケージ

縦長の紙箱。
ニコチン系の警告がデカデカと載っていて、最近のタバコ製品みたいな雰囲気。

外側のスリーブは本のブックカバーになっていて、横から引っ張り出します。
これがホント取り出しにくくてちょっとイラッとした。

取り出したら、これまた本のように真ん中からパカッと開きます。
左のページに付属品、右のページに保護シートに包まれた本体が入っています。

新興メーカーさんの製品ってパッケージ凝ってるイメージ。

パッケージ内容

  • CLIQ Pod本体(Pod装着済)
  • 充電用USBケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード

ユーザーマニュアルを見てびっくり。
日本語の記述があって、しかもかなりしっかりした日本語でした。
やるじゃんMOUU。

外観

丸っこい銀の棒です。

作りはとても綺麗だと思います。

本体部分は薄い梨地加工、キャップ部分はテカテカのポリッシュ加工。
くっきり分かれてるけど、これはわざとなのかな。
個人的には、どちらかに統一した方が見栄え良かったんじゃないかなと。

先端部分は前述の通り、キャップをずらすと隙間が出来て吸い口になる仕様。

底面は充電用のUSBポートになっています。

ここだけ少し平らになっていて、

意外と、立ちます。

この部分がLEDインジケーターになっています。

Podの詳細

キャップは、吸い口が現れる辺りで一旦止まりますが、更に強く引っ張るとこのように外れ、Podカードリッジにアクセス出来ます。
これがちょっと固かった。

Podカードリッジはスクリュー式で固定されています。

初期状態はシールで絶縁されているので、これを剥がしてから使用します。

リキッドチャージはここから。
側面にあるシリコン製のカバーをめくると大きめのチャージホールが現れます。

先端を見ると穴が二つ。
ここからミストが出るんですな。

詳細

メーカー公式

Mouu
World's first e-cigarette vaping system with an innovative leak and dust preventing mouthpiece design

スペック

サイズ 115mm x 14mm
素材 航空機グレード6000系アルミニウム
バッテリー 内蔵380mAh
重量 27g(デバイス) 5g(カードリッジ)
リキッド容量 1.4ml
抵抗値 1.4Ω
出力ワッテージ 最大9w
定格電圧 3.5V
充電 microUSB

使用方法

このPodはオートスイッチ型で、電源操作や出力切り替えもないので、特に操作する箇所はありません。

キャップをコキャッと引っ張って吸い口を出したら、後は吸い込むだけです。

LEDインジケーターはバッテリー残量を表示します。

  • 白:満充電
  • 橙:充電低下
  • 赤:要充電

充電は、マイクロUSBケーブルにてアダプタに接続すると、自動で始まります。

吸ってみる

吸ってみます。

公式に「ニコソル向けだぜ」と書かれているのでそうします。
HiLIQのハニーシトラスをニコチンソルト30mgにした物を使用。

リキッドの注入は楽ですね。
チャージホールが大きいのでノズルが楽々入るし、空間も余裕があるので溢れたりもしにくいです。

初回は、注入後にコイルにリキッドが染みこむまで数分置いておきます。

吸ってみます。

ドローはちょっと軽めかな?
軽すぎると言うほどではなく、ギリギリMTLも出来るかな、くらい。

オートスイッチの感度はそれほど悪くなく、そっと吸っても反応します。
ですが、若干ラグがありますね。
吸い込み始めてから1秒くらいしてからミストが出始める感じです。

味は、割と出ていると思います。
正直全然期待していなかったのですが「お?」と思うくらい。
感覚的には、少し前にレビューしたVoopooのFinicと同じくらいの感覚。

ミスト量もそれなりにあり、ソルトニコチンのキックはしっかりあるのでニコフィーダーとしての満足感は十分あります。

ふと気づくと、無意識のうちにタバコと同じ持ち方をして吸っていたのが少し面白かった。
重量も軽いですしね。

ただ、咥えVAPEは出来そうで出来ない感じ。
長さがあるのと重心が下なので、上唇が上がって、葉巻を咥えてしかめっ面した悪役みたいな顔になります。

先週からしばらく、職場にも持って行ってサブ機(ニコフィーダー)として使用していました。

確かにリキッド漏れは全然ないです。

こんな感じで、片手で持って簡単に吸い口を開けられるので、
胸ポケットとかに入れておいてスッと取り出してすぐ吸える。
この点はいいなと思いました。

ただ、これ、リキッド残量はめちゃめちゃ見づらいですね……。
一応この隙間からタンクは見えるので、傾けたりすればなんとか分かるのですが、キャップを外さないと確認しづらい。

あとはバッテリー容量。
380mAhというのはminifit辺りの小型デバイスと同等で、定格も同じ3.5vなのでバッテリー持ちは同じくらいかな?
自分の使い方だと1日は持ちますが、最近容量の大きいPodも多いので、ちょっと不安には感じますね。
その分軽いというメリットはありますが。

まとめ

使用感は悪くないです。
片手でスッと出してすぐ吸えるし、味もこの手のデバイスにしては案外悪くない。

リキッド容量1.4ml、バッテリー380mAhというのはヘビーな人だと1日はギリギリかなぁ?
自分の場合だと1日は余裕そうです。
出力は低いので、リキッドは2~3回充電するくらいは持つ感じ。

気になったのはリキッド残量の確認のしづらさと、オートスイッチのラグかな。
ラグの方は慣れてくるとそれほど気にならなくなりますが。

デバイス自体は結構良い物だと思います。
恐らく一番の懸念点は、カードリッジの入手性でしょうね。
特に新興メーカーさんですし。