[Geekvape] Aegis X Mod 購入|防水・防塵・耐衝撃・大画面・デュアルバッテリー

[Geekvape] Aegis X Mod 購入|防水・防塵・耐衝撃・大画面・デュアルバッテリー

Geekvape Aegis X Modの購入品レビューです。

高レベルな防水・防塵・耐衝撃性能を誇るVape界のG-ShockことAegisシリーズの最上級Modです。
何しろULTIMATE BEASTですからね。

18650デュアルバッテリーなので、位置づけ的にはAegis Legendの後継になるのでしょうか。
Legendもまだ売られてるみたいですけどね。

IP67相当の防水・防塵性能、そして耐衝撃性能などは従来通り。

今回一番大きな変更点は側面パネルいっぱいに広がる2.4インチの大画面液晶と、新バージョンのAS2.0チップですかね。

使用感はそれほど大きく変わるものではないので、過去シリーズ(特にLegend)をもっていたらそちらで良いかもだし、
最近またMTLが多くなってるからデュアルバッテリーもあまり使ってないし、
今回は見送ろうかな、と思っていたんですが……。

結局買っちゃったよ。

まぁAegisですしね、仕方ないね。

最近はPod型のAegis Boostが話題ですが、これもプレオーダー入れていたのが先週既に発送済みなので、もうすぐ届くはず。

…はずなんです、が、

今度のは早めに扱いたいなーって思って、今回はちょっと送料多めに出して佐川配送を選択したのですが、
普段なら4〜5日とかで来るのに、今回は一週間経過しても未だにトラッキングすら出来ません。

そうこうしている間にもう国内でも販売始まっちゃっているので、
もう、レビューはRBAが出てからでもいいかな、と思い始めています。

閑話休題。

やはり、デュアルバッテリーは大きい、そして液晶大きい、見やすい。
あとまぁ、なんだかんだでカッコイイですね、Aegisは。

大画面液晶が大きな特徴なので、ネットで見ているとそちらの面の写真がやはり多いのですが、反対側も旧来Aegis的なゴツめのフォルムでなかなかいいです。
最終的に「やっぱ買おう」って思ったのも、裏側の写真見たからですし。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

Geekvapeのカラーである、黒とオレンジを基調にしたパッケージ。
なんとなく雰囲気も、以前のGeekって感じ。

背面には正規品チェック用のスクラッチシールが貼られています。
このスクラッチの下のコードを公式サイトの下にあるSECURITY VERIFICATIONの所で入力すると、コピー品でないかの確認が出来ます。

スリーブを外すと、内箱には未開封証明のホログラムシールが貼られています。

パッケージ内容

  • Aegis X Mod本体
  • USBケーブル
  • 予備パッキン類
  • ユーザーマニュアル
  • カード類(ワランティカード・ブランドカード等)

ユーザーマニュアルは冊子型になっていて、多言語で書かれています。
日本語の記述はありません。

外観

Aegisシリーズの基本フォルムを踏襲しつつ、フレームを半分ぶった切って大画面液晶を配した感じ。

ボディはこれまでのシリーズ同様、耐衝撃の為に全体をシリコンで覆われています。

サイズ感はこんな感じ。

まぁ、でかいし厚いですよね。
Aegisシリーズは防水や耐衝撃性を維持するために、他のModよりも一回り大きめになります。

Aegis Legendと並べてみました。
サイズ感はほぼ同じですね。

僅かにくびれが入ったりカットが増えたりして、フォルムは少し洗練された感はあります。

直線基調だったLegendに比べて、カットや曲面も増えて少し柔らかい印象を受けますね。

いつものように、フレーム部分は4本のトルクスネジで取り外すことができ、中のレザー部分を貼り替えるカスタマイズは容易に可能です。

今回のこのカラーはClassic Silverを選択。
レザー部分はいつも合皮とはいえ意外と渋い質感なので、今回のこのカラーを見て渋そうだなーって思っていたのですが、
ビニールに近い感じの結構安っぽい質感の物だったのでちょっとガッカリ。

レビューが済み次第張り替えようと思っています、何色にしようかなぁ。

というか、過去シリーズの物も、アトマレビューのフィッティング写真で使いそうだという事で張替えを控えていたのですが、もうやっちゃっていいよね…?
上記のLegendはやっちゃってますしね。

あえて裏側を先にフィーチャーしましたが、
今回の本来の推しポイントはこの大画面カラー液晶です。

自分的にはここはあまり重視していなかったのですが、確かに大きくて見やすいというのはよいですね。

大画面のカラー液晶なので表示の自由度は高く、
デザインやカラーなど、プリセットの物から色々なパターンを選択して切り替えることが出来ます。

スイッチ周り。
縦方向にヘアラインが入っており、ちょっと工業的で締まった見た目。

液晶がここから無くなった為ボタンを大きく、余裕を持った配置に出来ていますね。
ボタンのこのサイズ感や形状など、かなり好きかも。
押しやすいですし。

上面もヘアライン入りです、渋い。
510スレッドのコンタクトピンはスプリング式。

スレッドの横にあるシリコン製の蓋を開けるとMicroUSBポートがあります。
防水性を維持するため、かなり深い穴で厚めの蓋になっています。
ケーブルに寄ってはコネクタ部分が干渉するかも。

USB接続は本体充電とファームウェアアップグレードに対応しています。

底面はバッテリーキャップになっています。

中央のレバーをスライドさせると、バネの入ったヒンジがパカッと開きます。

バッテリーキャップにはベントホールも見えるのですが、防水にする必要がありますし、貫通はしていませんね。
ここ、どうなっているんだろう。

フィッティング

詳細

メーカー公式

Aegis X
With 2.4” OLED display screen
GeekVape

スペック

サイズ 128.9mm x 31.5mm x 41.2mm
重量 179g(実測)
使用バッテリー 18650 x2本使用 (別売)
充電 microUSB 2A高速充電対応
チップ AS 2.0 chipset
出力モード VWモード(Standard/Soft/Powerful)
温度管理モード(SS/Ni/Ti/TCR)
バイパスモード
VPCモード(VWカーブモード)
※設定を5箇所保存可能
VW出力レンジ 5〜200w
温度管理 100〜315℃ / 200〜600°F
出力電圧 0.1〜12V
対応抵抗値 0.05~3.0Ω
保護機能 バッテリー逆刺し保護
自動カットオフ(10秒)
短絡(ショート)保護
過充電/過放電保護
オーバーヒート保護
高出力保護
ドライバーン防止(温度管理モード時のみ)

重量

本体重量179g、バッテリー込みで267g
Legendよりは少し軽い?でも重量に関しては少しだけ覚悟が必要ですね。

まぁこのAegisを選ぶ人はサイズや重量はそこまで気にする事はないと思いますが。

操作方法

電源ON/OFF

ファイアボタン5クリックで電源ON/OFFを切り替えます。

操作ロック

電源ON中にUP/DOWNボタン同時押しでロック状態を切り替えます。

モード切替

電源ON中にファイアボタンを3クリックすると、モード表記が白く変わります。

その状態でUP/DOWNボタンを押すとモードが切り替わります。

  • VWモード
  • 温度管理モード(TCR/Ti/Ni/SS)
  • バイパスモード
  • VPCモード

設定メニュー

上記のモード切替状態の時にUP/DOWNを同時押しすると設定メニューが表示されます。

主に、上記した外観のテーマやカラーを変えたり出来ます。
ABBというのは、2本のバッテリーのバランスを取る機能。

まとめ

スルーしようと思っていたとか言いつつ、触ってたら意外と気に入っちゃったというね。

Aegisシリーズってラバー系素材で覆われていて元々握り心地は良いのですが、
角張っていたLegendと比べて全体的にフォルムが柔らかい感じになり、握り心地が向上しています。

あと、見た目もやはり好み。
Modを選ぶ際の基準の8割は見た目なんで、意外と他の点はどうでも良かったりして。

見た目が気に入ったらアリかな、とは思います。
そうでなければ大きいし重いし、あえて選ぶほどでもない?

でも、防水なのって結構安心感あるんですよね。
漏らしがちなアトマイザーを使う時は優先的にこのシリーズを使っていますし、汚れたらさっと水洗いしたりとかもしています。

価格調査

今回はSourcemoreで購入しました。
ログイン後の価格で$42.18で、購入当時一番単価が安かったので。

あと、2019/12/03までブラックフライデーセール中で、クーポンコード”BCFM10“で10%OFFになります。

Healthcabinさんはログイン後価格で$45.25

ハードウェアは$59.99以上で送料無料になるので、他に何か買うものがあれば送料込み価格では最安になるかな?

クーポンコード”MARZHC10“で10%OFFになります。
12/2までは、ブラックフライデーの”BLACK“でもOKです、どちらも10%OFF。

VapeSourcingさん、ログイン後価格で$49.99

12/2まで、クーポンコード”FRIDAY“で12%OFF+$56以上で送料無料です。
こちらも、他に買うものがあれば結構アリかも。

Fasttechさんは表示価格$73.90ですが、クーポンコード”MAP“適用で$51.65になります。
+送料無料です。

こちらもブラックフライデーのクーポンコードが出ていますが、15%OFFよりもMAPの方が安いです。

単体買いで送料込み価格なら。

国内だと現状オフィスエッジさんくらい?

Boostは結構入ってきてるけど、XやSquonkはあまり入ってきてないですよね。