りきっどや 青リンゴ極/メロン極 リキッドレビュー|大容量で超高コスパなりきっどやの新フレーバー、Pod向きの調整だけど高抵抗ならRBA環境でもイケます

りきっどや 青リンゴ極/メロン極 リキッドレビュー|大容量で超高コスパなりきっどやの新フレーバー、Pod向きの調整だけど高抵抗ならRBA環境でもイケます

りきっどや 青リンゴ極/メロン極のリキッドレビューです。

りきっどやは、老舗喫煙具メーカーSAROMEさんのVAPEリキッドブランドで、自社生産+シンプル化にてコストを削ぎ落とし、大容量なリキッドを格安価格でリリースされています。

りきっどや(LIQUID YA)
りきっどや(LIQUID YA)は、安全・安心、リーズナブルな電子タバコ用の国産リキッドを提供しております。

今回の青リンゴ極/メロン極は、全開に引き続いてフルーツ系のリキッド。

今回の2種は、Podデバイス向けに調整された物との事なので、
いつもの環境に加えて、Podでも吸ってみて感想を出してみようと思います。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

詳細

30mlで880円、100mlで1,650円(税込)と、相変わらず格安なリキッドです。

ラベルデザインはシリーズ内で完全に統一された非常にシンプルな物になっています。

VG:PG比率は60:40、国産リキッドなので当然ながらノンニコチン。

製造年月日の記載もあります。

リサイクル識別表示マークってVAPE製品で見る事あまりないから逆にちょっと新鮮ですよね。

いつものコメント。

ボトルは100mlのユニコーンボトル。
ノズルは小さいサイズの物と同一なので、使い勝手は変わりません。

吸ってみる

試飲環境

高抵抗(MTL): Cthulhu 1928 RDA カンタル26ga 0.95Ω 15w
サブオーム(DL): Oumier Wasp Nano カンタル24ga 0.63Ω 23w
低抵抗(DL): Hellvape Drop Dead RDA Ni80 24gaデュアル 0.25Ω 48w

また今回は、Pod向けに調整されたリキッドとの事で、Podの環境も用意しました。

サロメさんの方で開発中、カリバーンを使って調整していたという話を聞いたので、「じゃあうちもカリバーンだ!」と。

リキッド自体はちょっと前から来ていたのですが、
切らしていたカリバーンのPodを購入して、届くのを待っておりました。
従来の1.4ΩのPodを購入。

そんな事情だったので、サロメさんに、
「いつもの環境の試飲は省いて、Podの感想のみにした方がいいですかね?」
と聞いてみたら、

「省かなくてOKです!忖度なしで正直にお願いします!」
という男らしいご回答を頂いたので、いつもの環境+カリバーンで書いていきます。

青りんご極

0.95Ω 15w:MTL吸い

第一印象は、青りんごのガムといった感じでした。

吸い込む時に青リンゴの甘酸っぱさを感じ、MTLで肺に入れる際にちょっとしっかりした甘みを口の中に感じます。
吐き出す際に再度甘みが来て、その後、後味として青リンゴの甘酸っぱさが残ります。

いやこれ、普通にアトマイザーで美味しいですよ。

シングル0.63Ω 23w:DL吸い

あー、なるほど、
この抵抗値でDLだと確かに全体的にちょっと薄めに感じるかな。

でも甘みは結構しっかりとあるし、後味に程よい甘酸っぱさもあって味はいいです。

ただ薄いとかではなく、結構爽やかでスッキリするというか、このくらいが好みという人も居るかも知れない。
自分も案外嫌いじゃない。

デュアル0.25Ω 48w:DL吸い

ここまで抵抗値下げると流石に無理か。

青リンゴ的な味わいをあまり感じなくなり、少し人工的な甘みと、ややケミカルっぽい酸味が立ってきて、バランスが一気に崩れた感じがします。

この環境で吸うのはおすすめできない。

カリバーン 1.4ΩPod

流石に、これに合わせて調整されているだけあって、一番美味しい。

青リンゴ感が一番強く出ていてフルーティだし、甘みと甘酸っぱさのバランスがすごくいいです。

甘酸っぱさはMTLの方がやや強く出ている感じがしたので、好みによってはどちらもアリかも。

メロン極

香り

嗅いだ瞬間、ブルー○ラッシュを思い出しました。
熟れたメロンの果肉感を強く感じ、かなりリアル。

0.95Ω 15w:MTL吸い

香りで感じた印象そのまま、リアルなメロンの風味です。

吸い込む時にメロンの香りを強く感じ、吐き出す時に、メロンのオレンジ色の果肉を連想させるもったりとした甘み。

ブ○スラよりもこちらの方がちょっと甘みが強いかな。

かなり美味しいです、これ。

シングル0.63Ω 23w:DL吸い

あら、
こちらは、この環境で既にバランスが崩れてきた。

メロン感が薄くなって、甘みがやや浮いている感じがするんですよね。
そしてしばらく吸っていると、わずかにケミカルっぽい物を感じ始めます。

確実に、低抵抗向きではない印象。

デュアル0.25Ω 48w:DL吸い

一個上でもう大体結論出ている感じしますが、一応吸うだけ吸ってみました。

予想通りというか、上の環境で感じた状態を更に一歩進めた感じです。
ちょっと無理だった。

カリバーン 1.4ΩPod

あー、いい口直しになる。
やはりこちらも、この環境だとバランスが整っていて美味しいです。

メロン感もしっかりとあるし、甘みとのバランスもいい。

少なくとも、カリバーンで吸った感想としてはブ○スラに全然負けてない。
味はかなり近いですが、こちらの方がちょっとだけ甘いかな。

ただまぁ、ホント個人的な感想なのですが、
高抵抗MTLの1928の方が、自分はちょっとだけ好み。
ほんの僅かなバランスの違いなんですけどね。

まとめ

Pod向きに調整したというだけあって、どちらもPodで吸うと美味しいです。

ですが、高抵抗のアトマイザーでも十分イケますね、これ。
1928でMTL吸いや重めDL吸いをしてもかなり美味しかった。

反面、低抵抗環境では一気にバランスが崩れます。
かなりピーキーなリキッドですね。

と、言うわけで爆煙には向かないですが、
普段Podや高抵抗アトマイザーを使用している方には非常に高コスパで楽しめるリキッドだと思います。
味の好みさえ合えばですが、クオリティは高いと思う。

100ml高抵抗で吸ってたら一体どれだけあるのやら。

特にメロンの方は、ちょっと言い方が悪いけど、ジェネリックブ○スラになりうる。

本家の方はPodでも爆煙でも美味しいけど、こちらは高抵抗に限れば同等パフォーマンスが出る感じで、その分価格が圧倒的に安いです。