ZAP! Juice Peach Ice Tea リキッドレビュー|濃厚な桃に紅茶の風味

ZAP! Juice Peach Ice Tea リキッドレビュー|濃厚な桃に紅茶の風味

英国のリキッドメーカーZAP! JuicePeach Ice Teaのレビューです。

ZAP! Juice | marz04.net
「ZAP! Juice」の記事一覧です。

これはわかりやすいというか、味の想像が付きやすいですね。
紅茶系はVapeのリキッドとしてもメジャーだし、人気も高いです。

ですがこれ、いい意味で予想を裏切られたというか、
桃が凄く濃厚でフルーティなんです。果肉っぽい感じすらある濃厚さ。
反面、紅茶は風味づけ程度の存在感で、”紅茶系”だと思って吸うと「あれ?」となるかもしれません。

桃ってちょっと難しくて、なかなか「これは!」というリキッドに巡り会えないのですが、これは、普通に桃のフルーツ系リキッドとして美味しいリキッドだな、と思いました。

この製品はVaperLEMONさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

詳細

キャップ部分までシュリンクがピッチリと付いています。
このシュリンクは、そのままキャップをひねるとそこでキレイに切れるようになっています。

メイドインUK、VG比率は70%、ノンニコチン。

内容量は50mlです。
欧州はTPD規制があって10mlのニコリキを販売できないため、10mlのニコチンリキッドを別途添加する方式を取られており、
あちらのリキッドは基本60mlボトルにノンニコを50ml入れて売られている物が多いです。

キャップを開けて香りを嗅いでみます。

かなり強めに桃の香りがします。

吸ってみる

試飲環境

高抵抗(MTL): Cthulhu 1928 RDA カンタル26ga 1.0Ω 15w
サブオーム(DL): Oumier Wasp Nano カンタル24ga 0.63Ω 23w
低抵抗(DL): Hellvape Drop Dead RDA Ni80 24gaデュアル 0.25Ω 47w

1.0Ω 15w:MTL吸い

お、桃が濃い、
吸い込む時から濃いめな桃の香りで、それが最後まで続きます。

アイスとあるけど、清涼剤系は入ってなさそう。

あと、ティー感はそんなにないかな?
でも、後味にふわっとした紅茶感と渋みを感じます。

紅茶の風味が乗った濃厚な桃といった感じか。

シングル0.63Ω 23w:DL吸い

抵抗値では味はそんなに変わらないタイプかな。
吸った印象はあまり変わりません、相変わらず濃厚な桃。

入り口の桃の香りと、後味の紅茶の渋みが少し強調された感じはします。

デュアル0.28Ω 47w:DL吸い

あ、これ美味い。
この環境、自分にはハマりました。

ピーチティーと言われるとちょっと違うけど、とにかく桃がいい。
相変わらず桃が濃厚なのですが、桃の香りがふわっと柔らかく、もったりとした甘味があります。

後味にも桃の甘酸っぱさがあり、そこに紅茶の渋みがアクセントになっている感じ。

自分はこれ、低抵抗が断然気に入りました。

まとめ

ピーチアイスティーという名前の割に、清涼剤は入ってないか、入っていてもごくごく僅か
“ICE”は無くてもよかったのでは?と思ってしまうくらい。

でも、自分はこれ清涼剤入っていなくてよかった、と思いました。
濃厚な桃の香りがまったりと楽しめます

“Tea”という単語から紅茶系を期待すると少し期待とは外れるかもしれません。

紅茶の風味を足した桃のフルーツ系リキッド、といった感じで、桃系が好きな人には合いそうです。

追加情報

LEMONさんにてZap Juiceのリキッドを色々と試されているようで、
このリキッド、ワット数よりもV数でかなり印象が変わるという情報を頂きました。

高Vの方がメインフレーバーが強く出て甘みが増し、
低Vだとサブフレーバーがいい塩梅に爽やかを足してくれる感じ

との事です。
自分の方でも折を見て追加で試してみますが、
このシリーズのリキッドを手にされた方は、是非いろいろ試してみて頂きたいと思います。

LEMONさんのネット通販でも買うことができます。

あまり国内でも流通していないリキッドブランドかと思いますので、気になった方は是非。

『ZAP! Juice Peach Ice Tea リキッドレビュー|濃厚な桃に紅茶の風味』へのコメント

  1. 名前:まいくま 投稿日:2020/06/27(土) 07:50:17 ID:ae98bf1e3 返信

    いつも楽しく拝見しています。
    ZAPシリーズの記事で「10mlのニコリキを販売できないため、10mlのニコチンリキッドを別途添加する方式」とありますが、ちょっと意味がわかりません。ご解説くださると嬉しく思います。

    • 名前:Marz 投稿日:2020/06/27(土) 13:52:02 ID:409b6ec00 返信

      コメントありがとうございます!

      すみません、50mlになっている理由を書きたいけどニコチンの話をつらつらとするのもなぁって端折っていった結果、中途半端な説明になってしまいましたね。

      ヨーロッパにはTPDという規制があり、“ニコチン入りのリキッドを10ml以上のボトルで販売してはいけない”という制限があります。

      そのため現地では、60mlボトルにノンニコチンのリキッドを50mlだけ入れて販売し、別途、添加剤という形で10mlのニコチン液を販売しています。
      両者を混ぜることで、60mlのニコチンリキッドが完成するという形ですね。

      日本に入ってくる際はノンニコチンのみとなるので、ヨーロッパ諸国のリキッドは60mlボトルに50mlで入っている物が多いです。

  2. 名前:まいくま 投稿日:2020/06/27(土) 23:43:07 ID:ae98bf1e3 返信

    なるほど。よく分かりました。
    ありがとうございます。