Innokin – Klypse pod レビュー|キャップ付きで、外出時でも吸い口清潔

Innokin – Klypse pod レビュー|キャップ付きで、外出時でも吸い口清潔

Innokin Klypse podのレビューです。

INNOKIN | marz04.net
「INNOKIN」の記事一覧です。

老舗VAPEメーカーINNOKINさんの、小柄なスティック型Podデバイスです。

吸い込むだけで使用できるオートスイッチのデバイスで、Podカートリッジはコイル内臓の使い捨てタイプでメンテナンスフリー、ポケットやカバンに入れて気軽に持ち出して使用できるスペックになっています。

そして、もう一つ持ち歩きに優れた点として、吸い口にキャップが付いている事が挙げられます。
ポケットやカバンに入れていても吸い口がホコリなどで汚れるのを防ぐことが出来ますし、使用時は本体の底面にマグネットでくっつけておくことが出来るので、それほど煩わしさを感じることなく使用出来ます。

この製品はFlavor-Kitchenさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

Vapeデバイスって、特に大手メーカーさんなどは華美な化粧箱が多いのですが、今回は環境に配慮した再生紙パッケージが使用されています。

蓋を開けると、”100% Reciclable Packaging”の文字。

パッケージ裏面には正規品チェック用のスクラッチシールが貼られています。

また、フレキチさんは日本語の取説をオンラインで見られるようにしてくれており、パッケージに貼られたQRコードからアクセス出来るようになっています。

パッケージ内容

  • Klypse Pod本体
  • USB Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード

ユーザーマニュアルは多言語で書かれていますが、日本語の表記はありません。
ですが先述の通り、フレキチさんが日本語のマニュアルをオンラインで公開してくれています。

外観・特徴

キャップがついて吸い口が隠れるだけで一気に雰囲気が変わりますね。
ぱっと見、VAPEデバイスには見えません。

キャップを外して吸い口が見えると、一気にVAPEデバイス感。

外したキャップは、底面にマグネットで固定しておくことができます。

使用時も煩わしくないし、キャップ紛失のリスクも低いです。

カラーバリエーションは全部で6色です。
今回のサンプルは”ミント”になります。

ボディは楕円形で、対角線上の2面だけ面取りがされています。
外装はアルマイト処理かな?マットな仕上げの金属ボディで、面取り部分の1面のみ黒いパーツが埋め込まれてロゴが入っています。

個人的には、黒い部分がキャップまで続いていないのにやや違和感を感じますが、
入れたら入れたで、折角左右対称なキャップの装着方向を縛っちゃうことになりそうだし…難しい所。

黒いパーツの中に、LEDインジケーターも埋め込まれています。

サイズ感はこんな感じ。

スティックタイプのPodの中ではやや厚みがありますが、700mAhというバッテリー容量を考えたら充分コンパクトかと思います。

側面に、充電用のUSB Type-Cポートが付いています。

吸口は平たく横幅があり、唇で挟むようにして咥える形状。

Podカートリッジの固定はマグネット式になっています。

Podカートリッジ

Podカートリッジはコイル内蔵式の使い捨てタイプです。
コイル交換式などと比べると若干ランニングコストは上がりますが、リキッドを入れるだけで使用でき、劣化したら丸ごと交換というメンテナンスフリーの手軽さがメリットとなります。

コイル抵抗値は0.8Ω、リキッド容量は2ml。

やや黒目の素材ですが、透明度は高いのでリキッド残量の確認は問題ありません。

Pod素材は記載がありませんが、見た感じではPCTGっぽい?昨今のPodはメンソール体制のある素材で作られているとは思います。

リキッドの補充は側面から、
シリコンキャップをめくって補充します。

詳細

メーカー公式

スペック

サイズ 94mm x 29mm x 15.2mm
重量 38g (実測)
本体素材 アルミニウム合金
バッテリー 内蔵700mAh
リキッド容量 2ml
コイル 0.8Ω
出力 最大16w
充電 USB Type-C 5V/1A

本体重量は38g
アルミ製なのでかなり軽量です。

使用方法

ボタンのないオートスイッチPodなので、特別な操作も無く使用できます。

Podにリキッドを入れて本体にセットしたら、後は吸うだけ。

吸ってみる

BaksLiquidLab.さんのGardenを入れて吸ってみます。

注意

こうしたコイルユニット式のデバイスは、初回のリキッド注入時はコイルにリキッドが浸透するまで数分置いておく必要があります。
コイルに充分にリキッドが染み込んでいない状態で加熱すると、コイルの内部が焦げてしまってダメになってしまうことがあります。

ドローの重さは、MTLとDLの中間くらいかな?

基本は抵抗感のあるDLといった感じで、MTLとしてはやや軽めではありますが、普通にMTL吸いしても口が疲れるほどではなかったです。
私は試用の間、主にMTL気味に吸っていました。

オートスイッチの感度も申し分なく、DLでもMTLでもストレスなく吸えます。

コイルは0.8Ωのメッシュコイルとの事ですが、最近のメッシュコイルはホント味がよいです。
ミスト量もそれなりにありますし、きめ細かいミストで、味がじゅわーっと口の中に広がってきます。

しばらくポケットINで持ち歩いて使っていましたが、確かにキャップがあるというのは安心感があります。

また、バッテリーの大きさも安心感ありますね。
0.8Ωのコイルで700mAhのバッテリーだと、私の使い方だと2日はいける感じ。
頻繁に吸う人でも少なくとも1日は余裕じゃないかと思います。

むしろリキッドの方が先に無くなる感じなので、リキッド容量がもう少し大きくても良かったのでは…と感じてしまうほど。

まとめ

持ち歩きに適したVAPEデバイスだと思います。

私も割とVAPEをスボンのポケットに入れたりするのですが、Podのマウスピースやドリップチップの内側などに埃や汚れが付くこと多いですよね。
VAPEのリキッドはグリセリンベースで若干ベタベタしているから、内側が結露とかで濡れていると余計に付きやすいです。
なので、キャップが付いているだけでかなり安心感はあります。

サイズ的にも、ズボンのポケットやカバンの小ポケットなどにスッポリのサイズ。
あと、重量も非常に軽い。

またそれ以外にも、1日以上余裕で使用できるバッテリー容量や、メンテナンスフリーな使い捨て型Podカートリッジ、シンプルなオートスイッチ式など、持ち歩いて外で使用することを意識した構成になっているな、と感じます。

贅沢を言うとリキッドがもう少し入ると更に安心感があるな、とは思ったのですが、
2mlというのは一つの基準値というか、2mlなら欧州の規制下でもそのまま販売出来るなどといった事情もあるのかな、と。

ただ、普通に使っていて不足に感じたことはないですし、よほど長い外出でなければ2mlでも足りなくなることはないかなぁと。
バッテリーは相当もつので、何なら予備Podにリキッド入れて携帯してもいいわけですし。

パフォーマンスに関しては、メッシュコイルということもあり不満に感じる事はないかと思います。
このサイズのデバイスとしては充分なミスト量と味の濃さ。

気軽に持ち歩いて、気軽に使用出来るデバイスだなと思います。

価格など

販売価格、かなり安いですね。
本店も楽天も同価格です。

本店

フレキチさんにて、お試し用の10mlリキッド3本付きで¥2,480で販売されています。

リキッドは自分で好きなのを入れるよ、という方には、予備Pod3個付きのセットが¥3,880であります。

交換用カートリッジは3個入りで¥1,480

楽天

Yahoo

Amazon