ZQ XTAL SE+ レビュー|バッテリー大容量化+Type-C化のパワーアップ

ZQ XTAL SE+ レビュー|バッテリー大容量化+Type-C化のパワーアップ

ZQ XTAL SE+のレビューです。

ZQ Vapor | marz04.net
「ZQ Vapor」の記事一覧です。

Podデバイスに強いZQさん、最近はmicoolが当たってますね。

同社のXTALシリーズはかなりの良作Podで、個人的にはスティック型の中ではトップクラスだと思っています。
昨年、物理ボタンを廃してオートスイッチのみに特化したシンプルタイプのXTAL SEがリリースされましたが、スペック的には旧作のままでした。

今回のXTAL SE+は、バッテリーを大幅強化してUSB Type-Cに対応させたパワーアップ版となります。

この製品はZQ Vaporさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

白とシルバーのシンプルなパッケージ。
写真の本体カラーは固定で、中身のカラーはシールで貼られています。

裏面には正規品チェック用のスクラッチシールが貼られています。

スクラッチの下のコードを、公式サイトのVerifyページで送信すると、コピー品でないかどうかの確認ができます。

パッケージ内容

  • XTAL SE+ 本体
  • 0.8ΩメッシュコイルPod(本体装着済)
  • USB Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアルは英語で記載されています。

外観

スタンダードなスティック型Podです。

デザインやサイズなどは初代XTALからずっと変わりありません。
面取りされたシャープなフォルムがXTALの特徴。

Podも初代からずっと互換性があります。

SE系はオートスイッチ専用となるため物理ボタンが廃されており、ボタンのあった位置はLEDインジケーターになっています。

本体左右に、エアフロー吸気用の小さい穴が開いています。

底面には充電用のUSBポート。
今作からType-Cになりました。

Podの固定は爪でパチッと留めるタイプ。
マグネット式よりは若干固いけど、外しにくいということはありません。

Podカートリッジ

コイル一体型の使い捨てタイプ。
コイルがダメになったらPodごと廃棄して交換します。

コイル交換式と比べるとランニングコストは上がりますが、その代わりメンテナンスフリーで気軽に使えます。

これまでは1.0Ωのメッシュコイルと1.2Ωのレギュラーコイルという構成でしたが、
今回から0.8Ωのメッシュコイルが追加となり、XTAl SE+にはそれが付属しています。

Podについては互換性があるので、前作までの物もそのまま使用できます。

リキッドの補充はPodの底面から行います。

底面全体がプラ製の大きな蓋になっており、注入口の受け側がゴムパーツになっています。
よくあるシリコン製の小さなキャップに比べて、注入時に手が汚れにくいです。

リキッド容量は1.8mlです。

詳細

メーカー公式

スペック

サイズ 113mm x 22mm x 12.5mm
重量 36g(実測)
バッテリー 内蔵8000mAh
リキッド容量 1.8ml
コイル 0.8Ωメッシュコイル
出力電圧 3.2V〜4.2V
スイッチ オートスイッチ
充電 USB Type-C
保護機能 自動カットオフ(10秒)
回路開放(Pod非装着)検知
短絡(ショート)保護
低抵抗保護
過充電保護
吸気逆流保護

重量の実測、
バッテリー容量が大幅に上がっている割に、重量は前作SEと比べると微増。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは全部で9色です。

使用方法

吸い込むだけでスイッチの入るオートスイッチ型のデバイスなので、操作は一切必要ありません。

Podにリキッドを入れたら、装着して吸うだけ。

注意

こうしたコイルユニット式のデバイスは、初回のリキッド注入時はコイルにリキッドが浸透するまで数分置いておく必要があります。
コイルに充分にリキッドが染み込んでいない状態で加熱すると、コイルの内部が焦げてしまってダメになってしまうことがあります。

吸ってみる

IZANAMI Lychee Teaを入れて吸ってみます。

私はこれまでXTALは1.0Ωのメッシュコイルを好んで使用していましたが、いいですね0.8Ω、ミスト量が若干増えて味もジューシーになり、より好みな感じ。

ちょうど使っている1.0ΩPodがあったので交互に吸い比べてみましたが、ドローの重さは変わりません。
私がXTALを推す理由の1つがこのドローの重さで、他の同タイプの物よりも若干重いので、重いドローが好きな私に合っているんですよね。

やや軽めのMTL~重めDLくらいのドローです。
MTLで吸う場合は指で吸気口を片方塞いで更に少し重くするのもアリ、ですがこの0.8ΩPodならそのままでもよいかも。

オートスイッチの感度も良好です、ラグもほぼないのでストレスなく吸えます。

まとめ

使用感は前作XTAL SEと殆ど変わりません。
バッテリー容量が520mAh→800mAhと大幅に増えて長持ちするようになったのと、充電がUSB Type-Cになったのが大きな変更点です。

USBは少し気になっていたんですよね、前作が出た2021年には殆どのデバイスがType-Cに移行していた中でのmicroUSBだったので、若干古さは感じていました。

バッテリー容量に関しては、このサイズのデバイスで800mAhというのはかなり優秀だと思います。

また、今回追加になった0.8Ωメッシュコイルがよいですね。
元々、MTLとDLの中間くらいのドローで吸っていた私にとっては、単純に1.0Ωメッシュの上位互換的な感じで吸えています。

デザイン据え置き、Podの後方互換アリで、純粋なグレードアップといった感じでしょうか。

「9/5まで情報出さないでね」と言われていたくらいなので、まだ発表直後。
XTALシリーズは国内でも人気のシリーズですし、徐々に入ってくると思います。

プレゼント企画

今回、レビューサンプルとしてメーカーさんに2色送って頂きました。

Redをレビューで試用しましたが、Sierra Blueの方は未開封のままなので、こちらを1名様にプレゼントしようと思います。

応募方法

Twitterで@marz04をフォロー&下記のプレゼント投稿をリツイート。
※コメント付きリツイートは集計されません、ご注意ください。

応募締切

2022年09月14日(水) 18:00まで

抽選

「あたるぞ」を使用して抽選し、 当選者様にはDMを送らせて頂きます。

その他

抽選に公正を期す為と、使用していただける方に当選していただきたい為、 複数アカウントでの応募、懸賞用アカウント、未成年者などは抽選から除外させていただきます。 予めご了承ください。