EMILI CBD レビュー | EMILIシリーズがPodになり、CBDデバイスに

EMILI CBD レビュー | EMILIシリーズがPodになり、CBDデバイスに

EMILIというデバイス、ご存じの方は多いかもしれません。
タバコサイズの超小型VAPEデバイスで、充電器を兼ねた専用ケースで持ち運べるようになっているオールインワンキットです。

(公式より引用)

自分がVAPEを始めたばかりの頃、これが欲しくて、買おうかどうか迷っていた時期があります。

当時は自分の中でタバコの代替という位置づけだったので、職場等の喫煙所で違和感なく吸えそうだ、というのがとても魅力に感じておりました。
その後すぐに、VAPEが一気に趣味化して大きいデバイスを使うようになった為、結局入手はしておりませんが、スタイリッシュなデバイスだなぁと今でも思っております。

EMILIはアメリカのsmiss社の製品なのですが、日本では、 株式会社CIGAという所がsmiss社と協同で、EMILI JAPANというブランドにて取り扱われています。

EMILI JAPAN
EMILI JAPANは、smiss Co.,Ltdの協力を元にCIGA Co.,Ltdが電子タバコ「EMILIシリーズ」の更なる進化と安全性を追求するブランドとなります。

今回、このEMILIが新型のPod式となり、CBDリキッドを手軽に摂取するためのデバイスとして新たにリリースされたとの事で、そのデバイスのレビュー依頼を頂きました。

EMILI CBD

先代までのEMILIはオールインワンタイプのVAPEデバイスでしたが、今回はオートスイッチ式のPod型デバイスになったようです。
昨今はこのPodタイプのデバイスが大流行しており、各社が競ってこのタイプのデバイスを開発しているので、正統進化と言えるかもしれません。

Podは予めリキッドを注入した状態で販売される使い捨てタイプで、手軽にCBDを吸える物を目指して開発されたそうです。

この製品はEMILI JAPANさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

CBDリキッドについて

CBDとはカンナビジオールの略で、麻の茎と種から抽出される成分 です。

麻から抽出した物ということで怖いイメージを持たれる方もお見えかもしれないですが、
大麻の成分と言われるTHCとCBDのうち、強い精神作用性があるとされて違法となっているのはTHCの方のみで、
CBDの方は逆に、かなりの薬理効果を期待されている物として研究が進められており、昨今ではオイルやサプリメントなどとして利用されております。

以前、CBDリキッドのレビュー依頼があった際、
自分も知識不足で、 受けていいものなのかと色々心配だったので、事前にかなり色々と調べてから受けました。
その内容については当時の記事にも記載してあるので、よろしければ併せてご覧ください。

CBDの主な効果としては、ストレス軽減、リラックス効果、睡眠の改善などがあるとされています。

以前リキッドのレビューをした際、
リラックスなどは実感としてはよくわからなったというか、そもそも「うおおリラックスしてきたぜ!」って感じられるような性格の物でもないと思いますが、

自分は長年、結構重めの睡眠障害を抱えているのですが、その点に関しては不思議と調子が良く、有り難い思いをした記憶があります。

パッケージ

平たい紙箱に入っています。
国内ブランドという事で、パッケージの文言は全て日本語。

什器にかけられるようなフックが付いている箱なので、量販店などでの販売も検討されているのかな?

裏面の説明や注意事項などの記載も全て日本語。
また、問い合わせ先等の記載もあります。

中身はプラ製のトレイに収まっています。

パッケージ内容

  • バッテリー本体
  • リキッド注入済みPod
  • 充電用USBケーブル

リキッドの味は2種類

CLASSIC HEMP FLAVORと、LEMON HEMP FLAVORの2種類の味が販売されています。

ぞれぞれ、CBDリキッドの製造元が違うようです。

CLASSIC HEMP FLAVORの方はスロベニアのファーマヘンプ社のリキッド。
1965年より有機栽培の麻のオイルなどを製造している老舗メーカーで、
天然オーガニックにこだわった製品を作り続けている人気メーカーとの事。

LEMON HEML FLAVORの方はイギリスのアステカ社のリキッド。
こちらも同じく有機栽培の麻から、超臨界CO2抽出法という物を使用してCBDを精製しているそうで、ヨーロッパNo1ブランドだそうです。

デバイスの詳細

デバイスの外観は、最近流行っているPod型のVAPEデバイスそのものといった感じですね。

どちらのフレーバーも、本体カラーやデザイン等は同一です。

手に持ってみると非常にスリム。

吸い込むだけで吸えるオートスイッチ式なので、操作ボタン等は一切無く、
インジケーター類も、本体中央にあるこのLEDインジケーター1つのみとなります。

充電用のUSBポートは底面にあります。

Podは、接点部と吸い口にカバーが装着された状態で袋に封入されています。

吸い口側のカバーはこのようにしっかり刺さるようになっているので、使用しない時などに再利用できるかもしれません。

既にリキッドは充填済みなので、カチッというまで本体に差し込んで、あとは吸うだけですぐ使用出来ます。

コイルはかなり小さいですね、
少しだけコットンが顔を出しているのが見えます。
抵抗値は1.5Ωとのこと。

吸ってみる

まずは、軽く吸ってみてそれぞれ味見をしてみます。

CLASSIC HEMP FLAVOR

草の香りがかなり強いですね。
以前試した物はメンソールだったせいか全然わからなかったですが、そもそもこういう物なのかもしれません。
この香り、好きな人は好きかもしれない。車用でヘンプの芳香剤とかあるし。
逆に苦手な人はキツイかもですね。

自分は平気な方です、
ですが、味として美味しい!という物ではないですねw

LEMON HEMP FLAVOR

CLASSICに比べると幾分かサッパリしています。
レモンの香り自体はそれほど強くはないのですが、ヘンプの香りがかなり抑えられており、苦手な人でもかなり吸いやすそうな感じ。
ただやはり、草っぽい香りはどうしてもあります。

個人的には、こちらの方が吸いやすくて好み。

継続的に吸ってみる

製品の性格上、味だけ見て終わりって訳にもいかないので、数日間吸い続けてみました。

CBDのリキッドは、普通のVAPEデバイスとは吸い方が異なります。

(販売ページより引用)

普通のVAPEのようにすぐに吐き出してしまうとあまりCBDが吸収されないので、一旦肺に貯めてゆっくりと吐き出します。

これを3吸引で1セット。1日3回程度で良いとの事。
普通のリキッドに比べて価格は高いですが、消費は控えめなのでかなり長い期間使用出来ます。
目安としては、上記のペースで吸った場合Pod1個で20日くらい使用出来るとの事。

自分の場合は、基本的に家に置いておいて寝る前に吸う感じになります。
正月休み明けに届いてから毎晩、就寝前に3~4吸引ずつ吸っておりました。

以前のリキッドレビューの時と同様、吸った直後になにか変化があるとかそういうことはないですね。
特別高揚する事も無ければ、リラックスしてるなぁ、という実感があるわけでは無く。
まぁ上にも書きましたが、そういう物ってすぐ実感として感じられるような物でもないかな、と。

ただやっぱり不思議。
寝付きと寝起きはとてもいいですね……。

自分のような不眠症持ちは普段、どれだけ疲れていても布団に入ってから最低1~2時間、酷いと朝まで眠れずにゴロゴロしてる事も多いのですが、ここ数日はスムーズ過ぎて逆に戸惑うくらい。

プラシーボなのかもしれませんが、やはりこれは助かります。
不眠症が相当酷いのですが眠剤もどれも合わないので結構困ってるんですよね。

まとめ

そんなわけで個人的には助かってます、これ。
プラシーボなのかもしれないけど、この際プラシーボでもいい。

味に関しては正直、美味しい!って訳ではないのですが、自分は特別抵抗なく吸える感じではありました。

Pod型というのも手軽でいいですね。
どうもCBDリキッドってガンクが溜まりやすかったり、アトマイザーに長く入れていると成分が固着したりするようで、
以前リキッドを普通のタンクアトマイザーに入れて使用していたら、結構手入れが大変だったりしました。
使い捨てPod型というのはむしろこの手のリキッドには合っているかもしれません。

Pod単位での買い足しが必要なのでコスト面は気になる所ですが、そんなに消費する物でもないですし。

どうも自分のような人間にはかなりメリットありそうな感じなので、
以前レビューしたリキッドを吸いきってから、次をまた買おうかなぁと迷っていた所だったのですが、こちらのPod買い足しもいいかも、と考えてます。