自作リキッドを取り巻く現状

自作リキッドを取り巻く現状

今回は、情報提供的なネタとかではなく、現状確認と言うか、ぼやきというか、そんな感じです。

最近は常飲もある程度固まってきたということもあり、なかなか新しい情報を提供出来ていないですが、VAPEのリキッドの自作は今でもずっと続けています。

香料もやたらと買い足して結構な種類揃って来たし、新しい物も作ってはいるのですが、最近レシピ的な物を載せられていないのは、他の人の制作物等含め色々と吸ってきて自分の中でのハードルが上がってきたせいもあるのかな。

常飲のおかげでVAPEのランニングコストは抑えられていますし、新しく混ぜるのも楽しいですし、とにかく楽しくやっております。

ですが、昨年から、リキッド自作勢にはちょっと向かい風になる出来事が続いているなぁと感じます。

昨年後半から現在にかけて起こったこと

T&Mの10mlボトルの価格上昇

昨年までは1本100円、120円と恐ろしく安価だったT&Mさんの香料ですが、
昨年夏に1度値上げがあり、今年に入って再度価格が上がって、今は1本178円となっています。

元の価格から比較するとかなり上がっては居ますが、これでもまだ安くは感じますけどね。

というか元が安すぎたというのはあるかも。
T&Mの香料は10mlでもガラス製のしっかりした遮光瓶に入ってくるので、100円とか120円でちゃんと儲け出てるのかちょっと心配でした。

恐らくですが、元々は個人向けではなく、業者向けにサンプル的な意味合いで10mlという設定があったのかなぁ、と。
それを個人で買う人が増えてやっていけなくなったとか?などと予想していたりします。

まだ安い部類だと思いますし、100mlなども少しだけ上がったもののお得なのは確かですし、まだまだコスパは高いとは思います。

VAPECHKの閉店

昨年末、VAPECHKさんが惜しまれつつも閉店となりました。

リキッドを自作している人の殆どがこちらのお世話になったことがあるかと思いますし、こちらで香料を購入して自作デビューされた方も多いかと思います。

香料は国内発送で届くのも早かったですし、送料も安いし、Paypalも使えるし、ということで、香料の少量買いなどは一番しやすかったんですよね。

ふいに切れた香料の緊急調達などに、早速困り始めています。

Chefs flavoursの送料アップ

海外サイトですが、自作にハマったの中では利用された方は多いんじゃないかと思います。

とにかく香料やOneshotの取扱の種類が多く、価格も安め。
そして日本の自作ユーザーに一番魅力だったのが、その送料の安さ。
一律£5(追跡なし)で送れる配送方法があって、かなり重宝していました。

ですが先週末、その一律£5(追跡なし)の配送方法が廃止となり、通常配送も少しだけ値上げになりました。
今は一律£15(2000円ちょい)かかるみたいです。

こちらもまぁ、元の送料が安すぎたというのもあるかもですね。

値上げの原因は、配送を請け負っていたRoyalMailの価格上昇のようですが、

Prices 2019 | Royal Mail Group Ltd
From 2 January 2019 some of our prices are changing.

そもそもイギリスから日本までそこそこの重量の物を送って一律£5(700円)というのは破格だと思うし、Chefs側が送料をある程度被っていたのかなぁ、と。

こちらも、海外配送が増えたというのももしかすると原因の一つとしてあったりするのかな?

Delosi Labs(旧ニコラボ)の送料アップ

使っている人はそんなに多くないかもですが、Delosi Labs(旧nicotine labs)も、一番安いUSPSでの配送がなくなり、DHLのみとなっています。

USPSだと1000円ちょいくらいで送れたのですが、DHLだと3000円くらい。

こちらでは、評判の良いニコベース液とともに、フレーバーもいくつか買っていたのですが、ちょっと買いづらくなりました。

思うこと

変わったのは主に他より便利だったり安かったりした所なので、単純に商売的にキツイ部分もあったのかなぁ、とは思います。

香料自体そんなに高いものではないし、少量の香料で大量のリキッドが出来てしまうので商売的にはキツそうではあります。
実際に自作を始めてみるとわかるのですが、リキッドって単純に原価だけで言うとめちゃめちゃ安いんですよね。

かと言って市販リキッドがボッタクっているというわけではないんですけどね。
自作してみると、美味い物が出来るまでにどれだけの材料を無駄にするか…。

プロのブレンダーが香料を調合したり、事故が起こらないよう衛生面をキッチリしたり、流通に乗せたり、そういったコストを考えると今の価格設定になるんだと思います。

ならハンドメイドは!となりますが、少量作成のハンドメイドだからこそコスト含め諸々な負担は大きいかと。
自分は常飲レシピはいくつか抱えているもののリキッド販売はしていないですが、現状自分らの分のみでも作っていると、とても安定して販売までやれる気はしないです。

最近は人に贈るように作ったりすることもありますが、それですらやたら緊張しますしw
今実際に販売されている方々は凄いなぁと。

買いづらくなったのは今まで買いやすい状態にあった香料のみで、その他の材料や、元々そこそこの送料コストがかかっていた所などは状況は変わっていません。

恐らく、自分を含め既にある程度環境などが整っている人はなんとなく乗り切っちゃうのかな、とは思います。

元から、送料が元々高めなアメリカ系通販を使っている人も多いですし、
欲しい香料が決まっていれば、ある程度纏めて調達すれば影響は少ないですし。

問題は、これから始めようとする方々のハードルがちょっと高くなったかなぁと。

ちょうど、昨年の暮れ、CHKさんの香料セールで自作デビューされた方とかがかなり多かった用に見受けられます。
(今思うとそのセールも、CHKさん閉店の序章だった感じですが)

ですが、香料調達がしづらくなってしまったのは痛いな、と。
まだこれからという人は、まずは少量から始めたいでしょうし、少しずつ試行錯誤もしたいと思うので、小口調達しづらくなっちゃったかな。

実は昨年暮れにデビューする方をよく見かけた流れから、自作入門向けのTips的な記事なんかも書こうかと写真とか用意していたのですが、
香料はこの辺りで調達しよう!的な事が書きづらくなっちゃって、どうしたものかと思っていたりします。

そんな感じで、若干向かい風が吹いているような感じもしますが、
そんな中でも、Twitterなどで流れてくる情報を見ていると、自作から販売などを始める方も増えている印象。

DIY性の高さもVAPEの魅力の一つだと思うので、自分も引き続き楽しんでいきたいし、そういった、自作の販売や交換なども盛り上がって欲しいなぁ、と思います。

さて、今後は香料のメイン調達先をどうしますかねぇ。
変わらずChefsを使っていそうな気はしますがw

『自作リキッドを取り巻く現状』へのコメント

  1. 名前:通りすがり 投稿日:2019/01/21(月) 22:26:33 ID:bd150e6e6 返信

     お疲れ様です。

     まー今日は「ぷぅさん日記」で「chefs」さんの送料値上がりを知り、まーずさんも
    あーこの記事ですか!!!セールが近いんじゃないの、との情報で、欲しいリストを
    貯めまくってたんですけどねー!!10ポンド値上げー今、日本円だと1400円
    ですねー。一年に2回くらいの買い物ですけど・・・w
     まーそれでも、安いんですけどね。
     小物を少量でも送料無料で送ってくれるFTこと「FastTech」さん、や
    「iHerb」さんは大丈夫だよね!・・・今日はちょっと悲しい日になりましたw

    • 名前:Marz 投稿日:2019/01/21(月) 23:07:05 ID:0590c83f1 返信

      こんばんは!
      今回のChefsの送料アップは自作勢には結構痛いニュースでしたしねぇ…。
      自分も恐らく今は年に2~3回くらいになると思いますし、ある程度環境が整ってる人はなんとかなるでしょうが、
      これからちょっとずつ試していきたい人が小口で買いづらくなるのは痛いなぁ、と思います。
      他のサイトとかも試しつつ情報共有していきたいなぁと考えています。

      FTとかは…大丈夫だと信じたいw