PLAISIR Kentucky Coffee Tobacco リキッドレビュー|ほろ苦コーヒータバコ

PLAISIR Kentucky Coffee Tobacco リキッドレビュー|ほろ苦コーヒータバコ

PLAISIR Kentucky Coffee Tobaccoのリキッドレビューです。

ラベルの右上にCHOMO’S CREATIONとある通り、PLAISIRはちょもさんが監修しているCHOMO Juiceの別ラインとなるブランド。

CHOMO Juiceはフルーツ系、カクテル系のラインナップになっているのの対し、こちらのPLAISIRはタバコ系のラインナップとなっています。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

詳細

たっぷり100mlのボトルで¥1,980と非常にコストパフォーマンスに優れるリキッドです。

ラベルデザインなどはシンプル。

販売サイトのの説明を引用します。

●香ばしいコーヒーが香るタバコリキッド  
●2種類のタバコをブレンドしている本格的なタバコフレーバー 
●大容量で低コスト。更に高いクオリティーを誇る国産リキッドです 


▼味の説明▼
ほろ苦い深煎りコーヒーを軸にバーボン・クリーム・カカオで包み込み
2種類のタバコをブレンドした甘く香ばしいコーヒータバコリキッド

※使用しているコーヒー香料に粒子が粗いものが含まれております。
ボトル内にコーヒーの粒子が浮遊している場合がありますが、品質には問題はありませんのでご安心ください。

個人的に、コーヒー系は好みに合う香料と合わない香料とあって普段あまり吸わないのですが、説明を見る限りのほろ苦い系なら期待できそう。

VG:PG比率は60:40、ノンニコチンです。

キャップを開けて香りを嗅いでみます。

コーヒーの香りと…タバコの香ばしい香り。
あ、これ、コーヒーもタバコも自分の好きな系統の物だ。

吸ってみる

試飲環境

高抵抗(MTL): Cthulhu 1928 RDA カンタル26ga 0.97Ω 15w
サブオーム(DL): Oumier Wasp Nano カンタル24ga 0.65Ω 23w
低抵抗(DL): Hellvape Drop Dead RDA Ni80 24gaデュアル 0.25Ω 47w

0.97Ω 15w:MTL吸い

この環境での第一印象は、ほろ甘タバコ。

吸い込む時に洋酒系のボンボンのような甘みを舌に感じ、MTLで灰に送る際にコーヒーのほろ苦さとタバコの香りが混じったような香りが口の中にふわっと。

吐き出す際にタバコの香ばしさと少しの灰感を感じ、そのままタバコの香ばしさとコーヒーのほろ苦さが余韻として残ります。

タバコは、自分の好きなタイプのタバコが入っていますね。
好物のWesternみたいな香ばしいやや灰系のタバコの香りがします。

高抵抗MTLだと、タバコをまったりと楽しめる感じです。

シングル0.65Ω 23w:DL吸い

DLにすると、コーヒーの香りが少し強くなる気がします。
吸い込む時に感じる甘みも若干クリーミーなコーヒーの甘みといった印象に。

吐き出すミストも、タバコの香りがコーヒーの香りに包まれてかなりマイルドに感じられます。
タバコ葉の香ばしい香りは変わらずある物の、タバコ臭というかそういった部分はかなり押さえられ、吸いやすい感じに。

デュアル0.28Ω 47w:DL吸い

爆煙の環境だとクリーム感が出てきますね。

甘みも少し増し、コーヒーとクリームの中にタバコの香りが居る感じ。
そして後味はコーヒーのほろ苦さとタバコの渋みを洋酒の香りがじわっと上品に纏めています。

味的には一番マイルドで吸いやすいです。
タバコ感は風味付けくらいの感じになっていて、デザート的に楽しめますね。

まとめ

抵抗値によって少し性格が変わってくる印象です。

高抵抗MTLだとタバコの香りをしっかりと味わうことができ、低抵抗のDLだとコーヒー、そしてクリームが出てきて甘くマイルドな味わいに。

好みや気分に応じてどちらも楽しめると思います。

余談ですが、ちょうどVoopooのPnP RBAコイルのレビューもしていたところなので試しに入れてみたら、これまた美味い。
上のWaspと同じくらいの設定ですが、こちらの方が合ってるかも。

コーヒー香料は自分、時々苦手な物があるのですが、
このリキッドのコーヒーはコーヒー飴系の味ではなく、しっかりとほろ苦いコーヒー味で好みですね。
タバコともマッチしていると思います。

クリームでマイルドに、洋酒で上品に仕上がっていて吸いやすく、美味しかったです。
ごちそうさまでした。