TARLESS PLUSカートリッジ 「STRONG」レビュー|味と吸いごたえに特化したパラレルコイルカードリッジ

TARLESS PLUSカートリッジ 「STRONG」レビュー|味と吸いごたえに特化したパラレルコイルカードリッジ

べプログさんがリリースする電子タバコデバイスTARLESS PLUS用のカードリッジとして新たに追加された「STRONG」カードリッジのレビューです。

TARLESS | marz04.net
「TARLESS」の記事一覧です。

TARLESSは、以前追加されたBOOSTカードリッジで味と吸いごたえがかなりアップしていたのですが、更に上を目指して作られたカードリッジとの事。

BOOSTカードリッジはメッシュコイルを採用していましたが、今回のSTRONGは人気のCaliburnなどでも採用されているパラレルコイルを採用し、性能が大幅に上がっている最近のPodにも負けない濃厚な味わいになっているとのこと。
プルームテックカプセルを組み合わせた際の吸いごたえも今までで一番強くなっているそうです。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

製品の詳細

これまでのカードリッジは白いパッケージでしたが、今回のパッケージは黒です。

3個入りで、個別にパウチ包装された状態で封入されています。

カードリッジの素材も黒くなりました。

これまでのカードリッジはショートとロングの2種類があったのですが、このSTRONGはロングカードリッジのみです。

コイルは1.2Ωのパラレルコイルで、マウスピース部分にプルームテックカプセルを装着することができます。

BOOSTカードリッジ(右)との比較。
構造やコイル形状などはそのままですね。

これまでのカードリッジ同様、マウスピース根本のエアフローコントロールでドローの重さを調整出来ます。

リキッド補充は上から、
この蓋を外して注入します。

公式の説明文を引用します。

特徴:濃厚な味わい&最強の吸いごたえ
魅力:UWELL/Caliburnで定評のある「パラレルコイル」を採用し、
TARLESS史上最も濃い味わい
BOOSTに並ぶ最強の吸いごたえ

~おすすめな人~
・コストを気にせず「吸いごたえ・濃い味」の
いずれも最大限楽しみたい方

担当者さん曰く、今回はかなり味にフォーカスした作りになっているため、カードリッジ寿命やカプセル寿命はその分短くなってしまっているとのこと。

それを踏まえて試してみます。

吸ってみる

これまでのカードリッジとの違いを確認する為、今回もプルリキを使用してみます。
梨メンソールで吸ってみます。

カプセルなし

まずはプルームカプセルを使用せずに素のままで。

ドローの重さはBOOSTと同じくらいですね、全体的に軽め。
この抵抗値だと、もう少し重いほうが好みではあるのですが。

エアフローコントロールを絞っていくとドローの抵抗感は増していくのですが、ギリギリまで絞っても重めDL、MTLは緩めなら出来るかな、といった具合です。

味は確かにしっかり出ていますね、最近のPodと比べても遜色ないくらい。
だけど、BOOSTと比べてそんなに大きく変わっていない…?

と思いつつ、試しにエアフローを全閉にしてみると、かなり違いますね。
エアフロー全閉でも吸えるというか、ちょうどMTL吸いが出来るくらいの重さになるのですが、これで吸うと、梨の味のうちの、これまで出てなかった部分も出ているような感覚。

酸味・甘みともに向上して、満足感が上がりました。

プルームテックカプセル使用

味はよいのですが、元々喫煙者でVAPEもニコリキユーザーな自分にはやはりカプセルが欲しいところ。

梨メンソールにはミックスグリーンクーラーカプセルを使用しており、ちょうど切らしていたので買いに行ったのですが、今年の8月で終了になっていたんですね。

なので今回はメンソールカプセルを使用します。
一番味に影響がないのはこれかなと。

吸いごたえの違いがひと吸い目からハッキリとわかりますね。
ニコチンのキック感にメンソールのキック感も加わって、かなりの満足感。

上記の通りニコリキユーザーなので、個人的にTARLESSはカプセルありきって感じで使っています。

メンソールは強くなりますが、元々このカプセルのメンソールは喉に来るほどの強さではないので、自分でも問題なく吸えます。

味に関しては、これも自分はエアフロー全閉ですね。
絞ったほうが甘味と酸味がしっかり出る印象です。

カプセルをつけることによりドローの抵抗感も増しているので、そのへんもより好みな感じになっています。

プルームカプセルの寿命ですが、言われていたとおり残念ながらちょっと短くなっているようです。

BOOSTカードリッジの時にメーカーの方に言われた目安が、

旧カードリッジが50パフ程度、BOOSTが30パフ程度

でしたが、これは結構マージンを取った数字だと思いますし、自分はBOOSTでも50パフは使えている感じでした。

ですが今回は50パフはキツイ。

30〜40パフくらいから徐々に吸いごたえが落ちてきて、50まで吸ったら明らかに変わりました。
その時の状態が上の写真なのですが、結露したミストがカプセルの底面にベッタリと。

通常のVAPEアトマイザーにカプセル対応ドリップチップを付けて使用すると、コイルによってはあっと言う間に劣化しますし、やはりミストが増えてくるとこの辺は仕方ないところですね。

カードリッジ寿命に関しても前より短くなっているとのことですが、元々長寿命な方だったのでこちらはそう気になりませんでした。
1週間で満タン2回分、ちょっとハードめに吸いましたが、その終わり掛けに「ちょっとイガってきたかな?でもまだ行けそうだな」と感じるくらいでした。

まとめ

コイルの変更により、たしかに味と吸いごたえは向上しています。

BOOSTよりめちゃめちゃ美味くなった!というわけではなく、
“メッシュ味(シルキーミストが口に広がる感じ)”と”ワイヤーコイルで出せる濃い味(味がダイレクトに濃く出る)”の違いかなと思います。
シンプルにリキッドそのものの味がより濃く出る感じというか。
なのでMTLでより濃く感じるのかなと。

特にカプセル使用によりかなり吸いごたえが上がる印象です。

ドローが旧来通りだったのは個人的には残念なポイント。
このコイルは重めで吸ったほうが美味いと思うんですよね、全閉でかなりイケてますが、AFCの調整を活かしたかった。

あと、TARLESSという製品の性格上、タバコからの移行の入り口にする方も多いと思うので、タバコ吸い出来る重さの方が違和感が少ないのかなぁと。

味が良くなった事のトレードオフとして、カードリッジとカプセルの寿命が短くなっている点は、これはもう仕方のない事ではあるのですが、ランニングコストの増加は気になるところではありますね。

販売価格はBOOSTカードリッジと同じなので、現在BOOSTをお使いの方は味の出方や耐久性などを一度比べてみるのもよいかもしれません。