TARLESS PLUS BOOSTカートリッジ レビュー|メッシュコイルで吸いごたえアップ、耐久性や漏れも改善

TARLESS PLUS BOOSTカートリッジ  レビュー|メッシュコイルで吸いごたえアップ、耐久性や漏れも改善

TARLESS PLUS BOOSTカートリッジのレビューです。

TARLESS PLUSは、日本最大級の電子タバコ口コミサイトであるべプログさんがプロデュースしたリキッドタイプの電子タバコ(VAPE)で、
禁煙。減煙補助やVAPE入門用としても非常に人気のあるデバイスです。

TARLESS PLUS(ターレスプラス) レビュー|プルームテックカプセル対応で人気のTARLESSが改良されてリニューアル
国内最大級の電子タバコメディアサイトであるべプログさんのリリースするカードリッジ式VAPEデバイス、TARLESS ...

プルームテックカプセルを使用することも出来るので、どうしてもニコチンが欲しいという際にも手軽に対応出来るのがポイントかなと思います。

そのTARLESS PLUSの専用カードリッジのアップグレード版が本日リリースされました。

コイルをメッシュコイルにしたことで、従来のカードリッジに比べて
味の濃さ、吸いごたえ、ミスト量が向上。
また、カードリッジ本体の改良により、耐久性が上がってカードリッジ寿命が2倍に伸びた他、ジュルりやリキッド漏れなども改善されているそうです。

事前に送って頂いていたので、使用感などをレビューしていこうと思います。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

製品の詳細

白いシンプルなパッケージに入っています。

TARLESS PLUSのカードリッジは

  • 爆煙向けのショートカードリッジ
  • タバコカプセル対応ロングカードリッジ

の2種類に分かれており、今回のBOOSTもその2種類となるのですが、パッケージ上の違いはありません。

裏面のチェックボックスにて判別可能です。

従来のカードリッジとの違い

互換品なので、形状は当然ながら完全に同じです。

タンク部分の透明度はかなり上がっていますね、リキッド残量が見やすくなっています。
また、コイル部分の構造が変わっています。

写真だと少しわかりづらいですが、実際、リキッド残量の視認性はかなり上がっています。

LEDが付いていない状態でも境界線がクッキリわかる。

以前はカードリッジがそのままコイルになっていた感じですが、今回はVAPEのコイルユニットのような物が埋まっています。
このあたりが耐久性アップなどに繋がっているのでしょうか。

その他の違いとしては、

  • コイルをメッシュコイルに変更
  • コイル抵抗値の変更
    ロングカードリッジ:1.6Ω→1.1Ω
    ショートカードリッジ:1.0Ω→0.6Ω

メッシュコイルになり、抵抗値が下がったことでミスト量や吸いごたえが向上しています。

カードリッジ自体の耐久性は上がっているとのことですが、
ミスト量の増加に伴い、プルームテックカプセルを使用した際のカプセル寿命は短くなっています。
ここは唯一のデメリットですね。

吸ってみる

ショートカードリッジ

ショートカードリッジで、プルリキの梨メンソールを吸ってみます。

ドローは軽め、全開でスカスカ気味、全閉は流石に吸いづらいですが、少しでも開けたらDL(直肺)吸いの軽さです。
ですがこの出力ならこれで良さそう。

まず感じたのは、ミスト量が格段に増えています。
以前のショートカードリッジは、”このサイズにしてはミスト量は多め”という感想だったのですが、今回は爆煙と言ってもいいんじゃないかな、くらいの量が出ますね。

味も濃くなっていますし、確かに吸いごたえも上がっています。

前のショートは、元喫煙者の自分にはノンニコじゃちょっと辛いなぁと感じていたのですが、今回はノンニコでもなかなか満足感がある。
メンソールの喉へのキック感が程よいです。

純粋に美味しさが上がっていますね。

ロングカードリッジ

個人的にこのTARLESSシリーズは、自分で使う際はロング+プルテクカプセルが定番でした。

プルリキのマスカットメンソールと、メンソールのプルテクカプセルを用意したのでこれで吸ってみます。

まずはカプセルなし。

こちらもドローの重さはショートと同じくらいですね、全体的に軽めです。
できればもう少し重いと好みだった。

人によっては全閉でも吸えそう。
自分は1mm弱くらいの隙間にして重めのDL(直肺)〜軽めのMTL(タバコ吸い)くらいがいい感じでした。

味やミストに関しては、明らかに以前のロングよりも向上していると思います。
以前はカプセルなしで吸い続けるのはちょっと物足りなかったのですが、カプセルなしでもなかなかの吸いごたえ。
マスカットの甘みもしっかり感じられて悪くないです。

プルームカプセルを使用

元喫煙者現ニコチンユーザーとしては、やはりロングにカプセルを付けた状態が完成形に近いです。

吸った感はグッと上がりますね。
フィルターの抵抗が増えたことによりドローも少し重くなり、ドローも好みに近いです。

マスカット自体の味に関しては、カプセルなしの方がよく感じられたかな、
ニコチンの辛味とメンソールの増加に伴って甘みが少し隠れている気はします。

ですがタバコの置き換えとしてはかなりよいと思います。

気になるのは、カプセルの寿命が短くなったということ。
これは、ミスト量が増えた分ある程度仕方のない事ではあるのですが。

1回1回の吸いごたえが上がった分、吸える回数が少なくなっちゃうんですよね。

メーカーさんによると、
旧カードリッジが50パフ程度、BOOSTが30パフ程度とのこと。

ただ、恐らくこれは大分マージンを取った数値だとは思います。
旧カードリッジでは50パフ以上は余裕で使えていましたし。

パフ回数に関してはただの目安で、特に制限等あるわけではないので、自分で「ニコチンキックがなくなった」「味が落ちた」と思ったタイミングで交換すればOKです。

今回自分が使ってみた感覚だと、30パフはまだ全然問題なく、50パフでもまだ行けるかなって具合。

その後吸い続けて、カードリッジ内のリキッドが半分切るくらいまで吸った時のカプセルの状態がこちら。

ミストの結露等で底面が濡れていき、ミストが通りづらくなるんですよね。

流石にここまで吸ったらニコチンキックもかなり薄くなります。
個人的にはまだ使えなくはない感じだけど、人によっては交換時期かなと。

そんなわけで、だいたいタンク1杯でカプセル2個くらいのペースで使えるのかな、と。
自分の吸い方だと普通に吸っていて1日持つくらいですね。

まとめ

全体的に、前のカードリッジよりもあらゆる面で向上しています。

ミスト量も増して吸いごたえも上がっているし、味も濃くなりました。
透明度が増してリキッドが確認しやすくなっている他、耐久性などもアップ。

デメリットはカプセル寿命くらいですかね。
それでもまだコスパ良く吸えそうではあります。

全体的に満足感が増しているので、タバコからの切り替えやデビュー用としての親和性は更に上がっていると思います。

カードリッジ単体。
3個入りで¥1,880(税込)です。

本体をお持ちでない方は、TARLESS PLUS本体とのセット販売もあります。