Vandy Vape – Berserker(BSKR) mini V2 MTL RTA 購入|やはり出た22mm版

Vandy Vape – Berserker(BSKR) mini V2 MTL RTA 購入|やはり出た22mm版

Vandy Vape Berserker(BSKR) mini V2 MTL RTAの購入品レビューです。

VANDY VAPE | marz04.net
「VANDY VAPE」の記事一覧です。

最近アトマイザーあまり買ってないですが、Vandyのはなんか買っちゃう。
特に今回はBerserkerの22mmですしね。

かなり前にプレオーダーで注文していたのですが、最近プレオーダーが届くより国内販売の方が先になることが多く、これも結構遅くなっちゃったのでのんびりとやってました。

BerserkerシリーズはYoutuberのAlex from VapersMDとコラボした人気MTLアトマイザーで、初代から高い人気を誇っているシリーズです。
今回V2という名称になっていますが、間にV1.5があったので実質3代目となります。

Berserkerシリーズ | marz04.net
「Berserkerシリーズ」の記事一覧です。

このシリーズのタンクは毎回、最初に24mm版が出た後でminiとして22mm版が出ており、22mm版の方が人気になる傾向があり、
昨年24mmのV2を買った時も「これもまた22mm出るんだろうな」と思っていました。
ですが今回は結構間が空きましたね。

デッキやエアフロー構造など根幹部分の殆どは24mm版の物を踏襲しており、そのままダウンサイジングした感じではあるのですが、
コイルに接触して溶ける問題のあった交換式エアフローはメタルパーツが入りましたし、逆ネジ式のトップキャップも通常のロック式に変わっています。

多分この2点は不評だったんだろうなぁ。
22mmにダウンサイジングしつつ、不評だった点を改善してきた感じですね。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

最近のVandyさんって製品ごとにパッケのイメージが異なりますね。

パッケージ側面に、正規品チェック用のスクラッチシールが貼られています。

このスクラッチを削った下にあるコードを、公式サイトの下部にあるPRODUCT VERIFICATIONの部分に入力すると、コピー品でないかどうかのチェックが出来ます。

パッケージ内容

  • Berserker mini V2 MTL RTA本体
  • メタルタンクチューブ
  • PEI製タンクチューブ
  • 510ドリップチップx3 (1つは装着済)
  • 交換式エアフローパーツ
  • マイナスドライバー
  • 予備Oリング類
  • 予備ネジ
  • プリメイドコイル
  • ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアルは多言語で書かれていますが、日本語の記述はありません。

付属のプリメイドコイルは同社のSuperfine MTL Fused Claptonワイヤーで巻かれた物です。

このワイヤーも人気があって、ワイヤーで買ってる方も多いですね、
私も愛用しています。

デッキの下に入っている穴開きのパーツを差し替えることで、ドローの重さを変更できるようになっています。
外側にも別途エアフローコントロールも付いているので、そちらと合わせて幅広い調整が出来る形です。

BSKR V2の24mm版と同じ形式ですが、このパーツはコイルに近い位置に配置されるため、私も24mm版では2つほど溶かしてしまいました。
今回はエアホール部分に金属パーツが使われているので破損の心配はなさそうです。

外観

24mm版のV2は大幅にデザインを変えてきていましたが、今回またスタンダードなスタイルに戻りましたね。

全体的なテイストはV2の物ですが、キャップとタンクの形状がスタンダードな物に戻っています。

標準ドリップチップはV1.5まではフィンのついた物が使われていましたが、V2は所謂”Nautilus2ドリチ”に近い形状になっています。

ドリップチップは3種類付属しています。
標準の物以外は結構長め。

タンクも3種類付属します。

標準のガラスタンクの他、PEI製タンクとメタルタンク。
Berserkerというとメタルタンクのイメージがあるのですが、V2の24mm版は、タンク形状が変わったせいか付属していなかったんですよね。

トップキャップは正ネジのロック式です。
半周ほど回すとロックが外れてキャップが開きます。

内側の上面は全体がシリコンパーツに覆われていますが、注入口となる切り込みが入っており、そこにノズルを差し込んでリキッドを補充します。
スポイトタイプのボトルなどだと入れづらいかも。

エアフローはボトムエアフローです。

デッキ側のパーツ交換の他、このコントロールリングに小さい穴が7つ開いており、これらを組み合わせてドローの重さを調整できます。

コントロールリングにはローレット加工が施されており、指がしっかり引っかかるようになっているのですが、ちょっと動きが固くて回しづらい。
この辺は個体差もあるかもしれません。

底面
ポジティブピンは、インシュレーター部分を含めてかなり出っ張っています。

フィッティング

Eleaf iStick Pico

詳細

メーカー公式

Berserker mini V2 MTL RTA | VANDY VAPE® Full Steam Ahead
Berserker mini V2 MTL RTA

スペック

直径 22mm
高さ 34.8mm
リキッド容量 2ml(ガラス、PEIチューブ)
2.5mm(メタルチューブ)
ドリップチップ 510規格
コイル シングルコイルRBA
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアフロー

カラーバリエーション

カラバリは4色です。

構造

分解してみました。

一般的なRTAの構造。
タンク部分は独立しているので、リキッドが残っていてもデッキにアクセス出来ます。

チャンバー

お椀のようなドーム型チャンバーから細いチムニーが伸びています。

チムニー内部に少しバリが残ってました、これはちょっとよろしくない。
ここまで目立つのは滅多に見ないのでレアケースだとは思いますが。

デッキ

デッキ形状は24mm版と同じで、径が小さくなっただけですね。
2ポストタイプのシングルコイルデッキです。

事前にコイル足の調整をする必要がなく、差し込んで固定したら余りを切るだけ、と、かなりビルドが楽な形状です。

コイルの固定部分のネジはほぼ隙間なく作られており、細いワイヤーを使用しても逃げること無く締めることができます。

デッキの下にはエアフロー調整用のパーツが取り付けられており、真っ直ぐ横にスライドさせることで取り外す事が出来ます。

このパーツは、初期装着の1.4mmを含めて8つ付属しています。
0.8mm〜2.0mmまで穴のサイズが異なる物と、1mm(?)の穴が2つ開いたD-1。

ビルドしてみる

このデッキはビルドが非常に簡単です。

コイルをそのまま差し込んでネジを締めたら、裏側(赤矢印部分)ではみ出したワイヤーをカットするだけ。

下のエアフローパーツが出っ張っているので、コイル位置は少し上向きを意識します。

前(24mm)はエアフローパーツが全部樹脂だったので、これを忘れたままドライバーンすると接触して溶けてたんですよね…。

今回は金属なので溶ける心配はありませんが、どちらにしろ接触していると危ないので、ここの隙間は確認した方がよいと思います。

そのまま並行に真っ直ぐ取り付けると接触しそうな位置ですしね。

デッキからタンクの底までちょっと高さがあるので、ウイックはやや長めにカットしてジュースホールに差し込みます。

下が少しつかえている感じなので、もう少し短くてもいいかな?

付属コイルを使用

Superfine MTL Fused Claptonワイヤーで巻かれた2.5mm径6巻き、0.7Ωのコイル。
Berserkerシリーズには毎度これが付いてきますし、気に入って自分でビルドする際も同じワイヤーで同じコイル作っているので、結構慣れ親しんだコイルです。

リキッドはZesty Grappyで。

エアフローは初期装着の1.4mmのままでビルドしたのですが、ドローは思ったより重めですね。
AFC全開でもMTL吸いで行けるくらいの重さです。
24mm版で同じ1.4mmを付けているときよりも重く感じる。

このコイルだと若干炊き気味にして重めDLで吸うのが好きなので、個人的には1.6くらいのが合う感じでした。
リキッド入ったままデッキが開けられるし、ビルドを崩さずにエアフロー―パーツが交換出来るので、いつでも変えられるのは大きい。

ある程度ビルドが固まってくると固定になりますが、手探りしてる時はありがたいですね。

味は、ある意味予想通りというか、V2をそのまま幅を狭めただけですしね。
高レベルでまとまっています。

このコイルとの相性もよく、クラプトンで発生するやや多めのミストを細いチムニーで凝縮させてギュッと吸う感じ。

単線ビルド

単線でも組んでみました。

HW6015 28ga 2.5mm7巻で0.9Ω

エアフローパーツは最小の0.8mmに交換し、MTLで吸っていきます。

流石にドローはガッツリ重いです。
全開でもしっかりMTL。

AFCを2穴くらいまで絞ったら、私ではむせそうになるくらい重くなりました。

なんかこの環境で吸うと、Zesty Grappyのリンゴ部分が妙に強調されてすごく好みな感じ。

Berserkerシリーズってクラプトンで重めDLの方が好きだなって毎回思っていたのですが、これに関してはMTLの方が好きかも。

まとめ

思った以上にドローが重くでき、ガッツリMTL向けでした。

V2の24mm版も過去シリーズより重めの運用が出来るイメージでしたが、この22mm版は更に向いてるかも。

また、エアフローパーツの改善、トップキャップの逆ネジ廃止など、使い勝手も改善されています。

逆ネジロックは、キャップの開けやすさ自体は快適だったのですが、
慣れないうちはModへの付け外しなどで結構ストレスありましたし、不評だったのかなぁと。

エアフローパーツの改善は、前作で2つ溶かしてしまった身としてはホント嬉しいです。

価格調査(20210305現在)

今回は3FVAPEさんでプレオーダー購入していました。
ログイン後価格で$28.99です。
送料は便によって無料〜数ドル

買った当時既にPaypal規制が進んでいて、Paypalが使えるのがFasttech、3Fvape、Sourcemoreくらいしか残っていなかったんですよね…。
その3FもPaypalでの直接決済はできなくなり、ワンクッション挟む必要があります。

Sourcemoreさんはログイン後価格で$22.34です。送料はSGポストで$5.55でした。

こちらもPaypalは使用出来なくなり、クレジットカード決済か、
ワンクッション(Western Unionを選択した後指定アカウントにPaypal送金)となります。

Fasttechさんは$39.99表記ですが、クーポンコード”MAP”入力で$28.66になります。送料は便によって無料〜数ドル。

ここはまだ普通にPaypalが使えるんですよね。
色々な物を扱っているので、サイト全体で雑貨的なジャンルなのかな。


国内も見てみます。

フレキチさん、ネット本店は¥4,980(会員価格¥3,980)+送料¥200(パッケなし) or ¥600

楽天の方だと¥4,980+送料無料でした。
本店の方が安いけど、あとはポイント次第。

オフィスエッジさんは¥4,500+送料無料です。