りきっどや – 使い切りVAPE(ミント/クラシックタバコ/エナジードリンク) レビュー|箱から出してすぐ吸える、国産メーカーのお手軽VAPE

りきっどや – 使い切りVAPE(ミント/クラシックタバコ/エナジードリンク) レビュー|箱から出してすぐ吸える、国産メーカーのお手軽VAPE

国産リキッドメーカー、りきっどやさんの使い切りVAPE

  • ミント
  • クラシックタバコ
  • エナジードリンク

のレビューです。

りきっどや | marz04.net
“りきっどや”のリキッドレビュー記事一覧です。

りきっどやは、老舗喫煙具メーカー サロメさんのVAPEリキッドブランドで、自社生産+シンプル化にてコストを削ぎ落とし、大容量なリキッドを格安価格でリリースされています。

今回は、りきっどやさんのリキッドを使った使い切りタイプのVAPEです、
吸い込むだけで使用できるオートスイッチのデバイスに予めリキッドが注入されており、買って箱から出したらすぐ吸えるお手軽な物。

格安な大容量リキッドをリリースされているりきっどやさんらしく、こちらの使い切りVAPEも大容量、
4000回吸引出来る量のリキッドが入っています。(タバコ2カートン分相当とのこと)

出して吸うだけのシンプルなデバイスですが、エアフロー調整が付いていてドローの重さを好みに合わせて調整出来ます。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

製品について

シンプルなパッケージに封入されています。

国産メーカーの製品なので、説明書きや注意書きなどもすべて日本語。

箱の中に、本体が直接入っています。

外観は、同社のリキッドボトルと同様、真っ黒でシンプルデザイン、
4000吸引分のリキッドが入っているので、本体サイズも大きめで少し迫力があります。

リキッド漏れを防ぐため、上下の穴をシリコンキャップで塞いでいます。
上下とも外して使用します。

サイズ感はこんな感じ。
ごんぶとです。

重量も70gと、そこそこありますね。

バッテリー容量は公表されていませんが、大容量リキッドを封入するためそれなりのサイズのバッテリーが入っているのだと予想できます。

ただそれでも、全部吸い切るまでには2〜3回充電が必要になるみたいです。

充電用のUSBポートは底面にあります。
形式はmicroUSB、最近はVAPEもType-Cが主流になってきているので、逆に珍しく感じる。

USBケーブルは付属していないので、別途用意する必要があります。

また、底面にはスライド式のエアフローコントロールが付いており、ドローの重さを調整できます。

全開状態でやや重めのDL(直肺吸い)、全閉にするとMTL(タバコ吸い)も出来るくらいの重さでした。

吸口は幅広のダックビル形状。
唇で挟むようにして咥えます。

吸ってみる

注入リキッドは、りきっどやさんの既存ラインナップのリキッドと同じだと思います。
このデバイス向けに何らかの調整が入っている可能性がありますが、私が吸った感想はほぼ同一でした。

味についての詳しい感想は過去のリキッドレビューもご覧いただけたらと思います。

ミント

昨年冬にレビューした、ミントのリキッドが入っています。

元々ミントの香りが好きなのもあってこのリキッドの香りは好みでしたし、今回の3種の中では一番好みでした。

RBAのアトマイザーで吸うと結構強めにスースーするリキッドだったのですが、このPodデバイスで吸うと幾分かマイルドなので、ずっと吸い続けていられます。

ペパーミントとスペアミントがバランス良く混ざった感じで、ミントタブ系が好きな方は結構ハマりそうに思います。

ノンニコチンながら清涼感による喉への刺激があるので、吸いごたえもなかなか。

クラシックタバコ

クラシックタバコ、何気に結構ファンが多いんですよね。
りきっどやさん(=サロメさん)は老舗の喫煙具メーカーということもあり、タバコ系は喫煙者向けにかなりこだわって作られていて評価高いです。

リキッドで売られている物を吸った時と同様、ややナッツ系の葉巻きたばこと言った感想です。
灰皿感はあまりないので、紙タバコのようなタバコ感を想像すると、ちょっと違う感じはすると思います。

しばらく吸っていると、タバコ葉の苦味や香ばしさのような物を感じられて、後味もタバコっぽい香りに。

個人的にはもう少し強めの出力で吸いたいリキッドではありますが、香りはしっかり出ています。

エナジードリンク

VAPEのリキッドとしてはある意味定番とも言える、エナジードリンクです。

リキッドですったときと同様、赤牛系ではなく、怪物寄りなエナドリに感じます。
エナドリ特有のややケミカルな薬品感に加えて、フルーティな甘みが加わった感じ。

エナドリ味はVAPE向きだと思うし、ハズレのない感じ。
元のリキッドもPod向けだなという感想だったので、合っていると思います。

まとめ

箱から出してすぐに吸える非常にお手軽なデバイスです。

最初はデバイスのゴツさに驚きましたが、吸っても吸ってもまだ吸える…頑張って吸ったけどバッテリーを使い切るところまでもいけませんでした。

これだけシンプルな物なのに、エアフロー調整だけはしっかり付いているというのが嬉しいですね。
人によってドローが軽いのが好き、重いのが好きってあると思いますし、リキッドによってもありますし。
私は、ミントは軽めで、クラシックタバコとエナジードリンクは重めで吸っています。

私はこの3種の中ではミントが一番好みでした。
香りが好みだし、RBAのVAPEで吸った時ほどスースーが強くないので吸いやすく、むしろ清涼感がいい刺激となって吸いごたえがあります。

日本では薬事法によりニコチン入りのリキッドの販売が許可されていないため、国内で販売される物はどうしてもノンニコチンとなり、タバコの代替とするには若干弱い部分があります。
ですがメンソールや清涼剤のスロートヒットが吸いごたえに繋がるので、ミントタブと喫煙の間くらいの感覚で口寂しさを補えます。

ひとつだけ気になったのは、「イマドキUSBポートがmicroUSB?」ってくらい。
USBケーブルが付属しないので、充電の為に別途用意する必要があるのですが、
最近はVAPEもスマホもType-Cが主流なので、Type-Cなら持ってる人が多そうだけど、microって最近少ないかも。

りきっどやさんは、安価故にシンプルなフレーバーですが、味の組み立てはしっかりされているので、好みに合いさえすれば味についてはハズレがないですし、ホントに長く吸えるのでコスパは良いかと思います。