OXVA Origin2 レビュー|グラデが綺麗、18650バッテリー交換式Pod Mod

OXVA Origin2 レビュー|グラデが綺麗、18650バッテリー交換式Pod Mod

OXVA Origin2のレビューです。

OXVA | marz04.net
「OXVA」の記事一覧です。

同社のPod Mod、Originシリーズの最新作となります。
過去のOriginはもっとPod寄りのスタイルでしたが、今回はかなりMod寄りのスタイルになりました。

キャッチフレーズはONE FOR ALLとなっており、同社のコイルであるUnicoilとUniplusコイルの両方に対応可能。
バッテリーは18650バッテリー交換式となっており、充電はType-C 5V/2Aで急速充電可能。
本体のカラーリングや質感にもかなりこだわって作られています。

この製品はOXVAさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

グラデーションカラーのパッケージ。

裏面には正規品チェック用のスクラッチシールが貼られています。
スクラッチの下のコードをスクラッチの下のコードを、公式サイトのフッターにある”Verify Products”の所に入力すると、コピー品でないかのチェックができます。

パッケージ内容

  • Origin2 本体
  • UNIONEカートリッジ
  • Unicoil 0.2Ω
  • ユーザーマニュアル

かなりシンプルな内容ですね。

ユーザーマニュアルは10カ国語で書かれています、日本語の記述はありません。

外観・特徴

Mod寄りなスタイルのPod Mod

箱を開けての第一印象が「グラデ綺麗だなー」でした。

落差の大きい深いグラデーション塗装と、光沢のある表面仕上げでかなり高い質感に仕上がっています。

背面には、エンボスの入ったレザー素材が使われています。

カラーバリエーションは6色

前面の操作パネル、
上から、ファイアボタン、液晶画面、+/-ボタン、USB Type-Cポート。

底面にはスクリュー式のしっかりしたバッテリーキャップが付いています。

キャップにはベントホールも開けられています。

Podカートリッジの固定はマグネット式です。

装着したまま左右に回せるようになっており、エアホールの溝を合わせる事でエアフロー調整が出来るようになっています。

Podカートリッジ

同社のUnicoilに対応したカートリッジです。
リキッド容量は5ml、素材はPCTGでメンソール耐性はあります。

マウスピース部分は510規格のドリップチップになっており、汎用品と交換して使用する事も出来ます。

リキッド注入口はPod底面。

コイルはOリング固定となっており、底面からまっすぐ抜き差しするだけで脱着出来ます。

コイル交換の際は、逆さにすれば画像の赤ラインまでリキッドが残っていても大丈夫です。

付属のUNIONEカートリッジはUnicoilに対応、
別売りのUNIONE PnMタンクを使用すればUniplusコイルも使用出来ます。

Unicoilは4種類+RBA、Uniplusコイルは2種類

詳細

メーカー公式

スペック

サイズ 122.1mm x 33.0mm x 26.3mm (Pod含)
重量 119g
リキッド容量 5ml (TPDエディションは2ml)
対応コイル Unicoil
Uniplusコイル(別売のUNIONE PnMタンク使用時)
バッテリー 18650×1本(※別売)
スイッチ マニュアルパフ(ボタン式)
出力モード VW(可変ワッテージ)モード
出力ワッテージ 5~80w
対応抵抗値 0.1〜3.0Ω
充電 USB Type-C 5V/2A

操作方法

電源ON/OFF

ファイアボタン5クリックで電源ON/OFFを切り替えます。

出力調整&べーピング

+/-ボタンで好みのワッテージに調整し、ファイアボタンを押してミストを吸います。

本体ロック

電源ON中にファイアボタンを3クリックすると本体ロックがかかります。
ロック中は全ての動作が出来なくなります。

ワッテージロック

電源ON中に+/-ボタンを同時に長押しすると、ワッテージロックがかかります。

+/-ボタンのみがロックされ、ファイアボタンを押して吸う事は可能です。

パフカウンタークリア

電源ON中にファイアボタンと-ボタンを同時に長押しすると、パフカウンターをクリアします。

吸ってみる

MAXX JUICEのHONEYDEWを入れて吸ってみます。

Pod底面の注入口は、リキッドボトルのノズルがすっぽり入るサイズなので注入しやすいです。

注意

こうしたコイルユニット式のデバイスは、初回のリキッド注入時はコイルにリキッドが浸透するまで数分置いておく必要があります。
コイルに充分にリキッドが染み込んでいない状態で加熱すると、コイルの内部が焦げてしまってダメになってしまうことがあります。

付属しているUnicoil0.2Ωは、推奨ワッテージが40~60w
初期状態で55wにセットされていたので、そのまま吸ってみます。

これまでUnicoilは、Origin miniOrigin SEで0.3Ωを吸って来ましたが、相変わらずパフォーマンスのよいコイルです。
メッシュコイルでミストがシルキーですし、メロンの甘みがしっかり出ています。

ミスト量は、上記と比べてもはやりかなりの爆煙ですね。

個人的にはもうちょっと出力を下げてもいいな、という事で、50wを経て最終的に45wまで下げました。
電圧は3Vを切るくらいになりますが、メッシュコイルという事もあり、低めの出力でもしっかり味が出ています。
40wでもしっかり甘みを感じられますが、個人的には45wくらいがベストでした。

エアフローは基本的に軽めのDL向き、
Podを回してエアフローを絞って行くと抵抗感は増してゆきますが、1mm開きくらいまで絞ってもDL向きです。

完全に閉じて全閉にしちゃうと、MTLっぽい吸い方も出来るかな?くらいになります、このコイルだとむせますが、1.0Ωコイルとかを使用する時にはよいかもしれません。
ですが、このデバイスは0.5Ω~の方が合っていそうです。

まとめ

よくまとまっているPod Modですね、

外観の綺麗さもポイント高いです、
現状510アダプターの設定などはないですが、過去のOriginXなどでは設定があったみたいだし、
もし出るならこれちょっとModとしても使いたいかも。

旧モデルから続くUnicoilが今のデバイスでも使えているというのは、こういうコイル交換式のデバイスとしては大きいかもしれません。
コイルは消耗品なので定期的に買う必要がありますが、モデルが変わってコイルがなくなったなんてことも起こりにくいですし、
Unicoilは国内でも流通していますし、入手性が高いです。

Unicoil対応機は以前よりレビューさせて頂いていますが、パフォーマンスも申し分ないですね。

Pod Modという事で自由度や拡張性は高くないですが、手軽に爆煙したいならアリな選択です。

こちらもまだ出たばかりの機種で、国内での取り扱いはまだわかりませんが、Origin miniなど流通しているので可能性はあると思います。

海外をちょっと見てみると、Sourcemoreさんで既に24hours(24時間以内出荷)に入っていました。
表示価格は$39.90ですが、ログイン後の価格は$22.56でした。
送料はePacketで$7