OXVA XLIM SQ レビュー|ガチMTLもいける、良作Podシリーズのカード型バリエーション

OXVA XLIM SQ レビュー|ガチMTLもいける、良作Podシリーズのカード型バリエーション

OXVA XLIM SQのレビューです。

OXVA | marz04.net
「OXVA」の記事一覧です。

2019年の発足以降、精力的に新製品をリリースし続けているOXVAさんのPodシリーズ最新作です。
XLIMシリーズは、精度の高いエアフローコントロールを備えており、DLからかなり重めのMTL(タバコ吸い)まで対応しているのが魅力。

スペック的には、春にリリースされたXLIM SEと同等ですね、

こちらのデザイン違いと言ってもよさそう。
オートスイッチに特化されたシンプルタイプで、900mAhという大きなバッテリー容量を持っています。
また、ストラップホール付きで、金属製のネックストラップも付属しており、首から提げて使用する事もできます。

この製品はOXVAさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

ワインレッド系の箔が入った少し派手なパッケージです。
Free Lanyard(ストラップ付き)の文字入り。

裏面には正規品チェック用のスクラッチシールが貼られています。
スクラッチの下のコードをスクラッチの下のコードを、公式サイトのフッターにある”Verify Products”の所に入力すると、コピー品でないかのチェックができます。

パッケージ内容

  • XLIM SQ本体
  • 0.8Ωカートリッジ(本体装着済)
  • 1.2Ωカートリッジ
  • ネックストラップ
  • USB Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアルは多言語で書かれていますが、日本語の記述はありません。

外観・特徴

前作同様綺麗なグラデーション。

アルミ製ボディで、表面はアルマイトのサラサラ加工

サイズ感はこんな感じです。

カラーバリエーションは、グラデーション4色、単色4色の計8色

角の部分にストラップホールが標準で付いています。
ここに任意のストラップを装着してぶら下げる事ができます。

パッケージに、金属製のネックストラップも付属しています。

OXVAロゴの横に、バッテリー残量を示すLEDインジケーターが付いています。

側面にはスライド式のエアフローコントロール、
これがこのXLIMシリーズのキモで、かなり精度が高く、小型Podでありながら軽めのDLからガッツリMTLまで幅広いドローに調整できます。

底面には、充電用のUSB Type-Cポートがあります。

XLIM SEと並べてみました。
形状が異なる物の、サイズ感的にはほぼ同じ感じですね。

Podも互換性があります。

Podの固定はマグネット式です。

初期装着のPodは、事故防止の為絶縁用のシールが貼られています。

Podカートリッジ

XLIMシリーズの共通カートリッジ、コイル内蔵式の使い捨てタイプです。
リキッド容量は2ml、素材はPCTGなのでメンソール耐性もあります。

現在はV2カートリッジとなっており、リキッド漏れ防止などが強化されたリファイン版ですが、互換性はずっと維持しており、初代XLIMから全て同じカートリッジを使用できます。

リキッドの補充は側面から行います。

V2カートリッジには0.6Ω、0.8Ω、1.2Ωの3種類があり、
今回のSQには0.8Ω、1.2Ωの2つが付属しています。

詳細

メーカー公式

スペック

サイズ 68.5mm x 47mm x 14mm
素材 アルミニウム合金+PCTG
重量 44g
リキッド容量 2ml
コイル (付属)XLIM V2カートリッジ 0.8Ω/1.2Ω
(対応)XLIMシリーズ全般
出力 5~25w
バッテリー容量 900mAh
充電 USB Type-C 5V/1A

重量の実測は46g
SEとほぼ同等、アルミ製なので軽量ですね。

使用方法

ボタンのないオートスイッチPodなので、特別な操作も無く使用できます。

Podにリキッドを入れて本体にセットしたら、後は吸うだけ。

注意

こうしたコイルユニット式のデバイスは、初回のリキッド注入時はコイルにリキッドが浸透するまで数分置いておく必要があります。
コイルに充分にリキッドが染み込んでいない状態で加熱すると、コイルの内部が焦げてしまってダメになってしまうことがあります。

吸ってみる

Koi-Koi青短 乳酸菌ソーダを吸ってみます。

まずは0.8Ωから、

前回のSEは0.6ΩのDL向きカートリッジが付属していたのですが、今回はどちらもMTL向きですね、
エアフロー全開のDLでも味はちゃんと出ているのですが、やはりちょっと軽く感じる。

エアフロー半開くらいから、MTLで吸える感じになります、そこで一気にミストが化けますね、
乳酸菌飲料の甘酸っぱい味を舌で濃厚に感じます。

更に絞って全閉まで持って行くと、やっぱりガッツリ重い!
かなり強く吸引する必要があり、流石に0.8Ωだと凝縮されたミストがちょっと熱いです。
ちょい開け~半開くらいがちょうどよさそう。

私は、半開くらいでMTLとDLの中間くらいで吸うのが好みでした。

続いて1.2Ω

やはりこちらもエアフロー全開ではちょっと軽い、味はちゃんと出てはいるのですがコレジャナイ感。

こちらも、エアフロー半開以下で力を発揮しますね、絞って凝縮されたミストを味わう感じ。
全閉でガッツリ重くしても、こちらの1.2Ωならミストは熱くないです。
ガチMTL派でも満足な重さだと思います。

オートスイッチの感度もよく、全開でも全閉でも、弱めに吸ってもしっかり反応します。

まとめ

幅広いエアフローが楽しめるPodです。

全開だと、やや抵抗感があるかな?くらいの軽めのDLになり、0.6ΩPodなどでスカッと吸う事が出来ます。
半開以下でMTL吸いに対応し、全閉だとガッツリ重くなります。
この手の小型のPodでここまでドローが重く出来るのは他にあまりないのでは。

DL~軽めMTLなら他社製でも優秀なPodは多いですが、ガッツリMTLを求めるとやはりXLIMは強いです。

スペック的にはスティック型のXLIM SEとほぼ同じなので、形状の好みでどちらを選択しても良さそうですね。
吸い比べてみたけど、エアフローの調整幅や重さなどもほぼ同じでした。

こちらはMTL向きのPodが付属していますが、Podは互換性があるのでどちらでも同じように吸えます。

まだこのXLIM SQは発売間もないし、Mikeさんも先週レビューしたばかり、
そんなわけでまだまだ国内での取り扱いはないですが、入ってくるかな?
現状のXLIMシリーズの取り扱いを調べてみると、オフィスエッジさんで初代XLIM(V2版)があるくらいなんですよね。

Podは互換性あるし、MTLユーザー向けにもっと入ってくるといいなぁ。

海外でもまだ上がっているところは少ないですね、

Sourcemoreさんあたりでプレオーダーになっていました、表示価格$19.99で、ログイン後の価格が$12.23、
送料はePacketで$6.99でした。

プレゼント企画

今回、レビューサンプルとしてメーカーさんに2色送って頂きました。

Arctic Iceをレビューで試用しましたが、

Purple Blackの方は未開封のままなので、こちらを1名様にプレゼントしようと思います。

応募方法

Twitterで@marz04をフォロー&下記のプレゼント投稿をリツイート。
※コメント付きリツイートは集計されません、ご注意ください。

応募締切

2022年09月23日(金) 18:00まで

抽選

「あたるぞ」を使用して抽選し、 当選者様にはDMを送らせて頂きます。

その他

抽選に公正を期す為と、使用していただける方に当選していただきたい為、 複数アカウントでの応募、懸賞用アカウント、未成年者などは抽選から除外させていただきます。 予めご了承ください。