TITANIUM MODS ACHILLES II RDA レビュー|繊細で美味しい、チタン製RDA

TITANIUM MODS ACHILLES II RDA レビュー|繊細で美味しい、チタン製RDA

TITANIUM MODS Achilles II RDAのレビュー記事です。

所謂ハイエンドと言われる部類に入るアトマイザーですね。
やや単価の高い、少量生産で高品質な製品です。

以前、愛知県小牧市のVAPEショップ、VaporLEMONさんにお邪魔しまして、

愛知県小牧市のVAPEショップ、VaporLEMONさんに行ってきました
普段から、これだけVAPE漬けの生活をしているにも関わらず、VAPEショップの実店舗にお邪魔した事ってあまりなかったり...

この時より度々交流がありまして、店長さんがハウスリキッドを作られているとのことで、香料のお話などのやりとりをしたりしていました。

7月の頭に、「話がある」と店長さんからお呼びを受けまして、
あれ、何か怒られるのかな、なかなか顔も出せていないしな、と思いながらお会いしたのですが、それがなんとAchillesのレビューのお話でして。

しばらく口をぽかーんとしてしまいましたよ。ええ。

VaporLEMONさんは現在改装工事中で、8/10にリニューアルオープンされるのですが、
Achillesはリニューアル後も取り扱っていきたいとの事で、オープン直前頃にバーンとレビューを上げて欲しい、というご依頼でした。
為替相場の影響で安めに入れることが出来たので、価格を下げて販売されるのだとか。

そんなわけで、Achilles II / Achilles IIIとお預かりして、期間も一ヶ月ほどあったのでガッツリと使わせて頂きました。

今日明日でIIとIIIのレビューを上げさせて頂こうと思います。

この製品はVaperLEMONさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

Achilles II RDA

ウクライナのメーカー、TITANIUM MODSが作っている22mm径のRDAアトマイザーです。

このAchiless IIはもうかなり前から出ている物ですね、3年前くらい?
未だに人気のあるロングセラーで、今でも頻繁に国内に入ってきています。

しばらく使わせて頂いているのですが、確かにこれは相当美味く、人気があるのも頷けます。

一番の特徴は、フルチタン製だということ。
同程度のサイズの他のSS製アトマイザーと比べるとびっくりするほど重量が軽いですね。

重量以外に、チタンという素材が味にどれだけ寄与するのかなどは不明です。
なのですが、LEMONの店長さんと雑談していた際にも、上記の点は謎としながらも、
「友人のキャンパー曰く、ステンのカップよりチタンのカップの方が美味いって言うので、なにか要因があるのかもしれない」
と仰っていたので、確かに何かあるのかもしれないですね。
とりあえずは、浪漫で。

パッケージング

所謂パッケージという物はありません。
この状態でメーカーから送られてくるそうです。

ビニールのパウチ袋に包まれてスポンジの筒にくるまれているだけのシンプルな包装で、付属品も袋入りで添えてあるだけ。

ちょっと寂しい気もしますが、無駄を排した必要最低限のパッケージングとも言えますね。

パッケージ内容

  • Achiless II本体
  • 予備Oリング
  • ポジピン調整用ワッシャー
  • 予備インシュレーター
  • 予備ネジ

インシュレーターもあるし、中で使われているパーツは全て予備が付属されている感じですね。

BFピンは付属しない為、スコンカーでは使用できません。
時代というか、これが出た当時はまだ一般的じゃなかったですしね。

外観

22mm径のRDAアトマイザー。
背はちょっと高め。
これがリリースされた数年前の主流サイズですね。

チタン製のキャップはピカピカにポリッシュされています。

キャップはこの無地のタイプと、柄がエングレービングされた物との2種類があります。
個人的には無地の方が好みですね。

エアフローはボトムエアフローです。
ボトム側に1つだけ穴が開いており、ここから吸ったエアーをコイル下まで運んでいます。

エアフローコントロールリングで無段階調整が可能ですが、リングを回すには一旦キャップを緩める必要があります。

キャップ外周と標準ドリップチップの根元部分には揃ったデザインの装飾が彫ってあります。

底面も無地。

コンタクトのポジティブピンは、ショートしにくいように少し隙間が空いていますね。
出っ張りはあまり無いですが、ハイブリッドModで使用する際は付属のワッシャーを間に噛ませて出っ張らせる事が出来ます。

フィッティング

Hcigar Warwolf

iStick Pico 75w

詳細

メーカー公式

http://titanium-mods.com/

スペック

直径 22mm
高さ 36mm(コンタクトとドリップチップ含まず)
素材 チタン
スレッド 510規格
ドリップチップ 510規格
コイル シングルコイルRBA
BF対応 ×
エアフロー ボトムエアフロー

構造

分解してみました。
AFCリングも外れるし、キャップも分割式で、以外とパーツ点数は多め。

キャップなどのパーツは全てスクリュー式で固定されています。

しっかり固定されるし、各スレッドにはOリングが配されていてリキッドの漏れも起こりにくい反面、
ドリップなどの際にキャップを毎回回して開ける必要があり、ドリッパーとして考えると少々手間ですね。

後述しますが、高いリキッド保持量を活かしてRDAとRDTAの中間のような感じで使用する想定のアトマイザーなのかと思います。

ドリップチップ

標準のドリップチップ、これもチタン製です。
ボア内径は5mmほどあり、吸い口付近で広がっています。
MTL用途にはやや広めかな。

別売りで、同じくチタン製のロングドリップチップもあります。
こちらはボア径が3mm程で長さもあり、MTL向けのドリップチップです。

キャップ

背の高いRDAで、キャップの内部空間は広め。

面白いことに、このキャップ、

テーパーがかかっているとか、ドーム状だとか、そういったエアーの流れを滑らかにするような加工は一切なく、
むしろ、出口部分がチムニーのように出っ張っており、肩の部分に大きなスペースが出来ています。

これでなんであんなに味が出るんだろうね、VAPEって面白いよねってなんて話をしたりしていたのですが、
案外、ここに流れたエアーが対流を作って、とかあったりするのかなぁ。

デッキ

これまたやや時代を感じる2ポスト式のシンプルなデッキ。

ポストは高さがあり、エアホールもかなり出っ張っているので、コイル位置は結構高くなります。

ジュースウェルはかなり深く、リキッド保持量は多め。

ウェル内部だけでもかなり保持出来るとは思いますが、
公式によるとチューブ内部に2.2ml、最大2.6mlまで保持可能とあるので、
チューブを締めた状態でエアホールギリギリまでリキッドを貯めてRDTA風に使う想定なのかな。

キャップ開閉が手間な分ガッツリ貯めてねって感じか。

エアホールはボトムに1つだけあり、デッキの下を通ってコイル下から吹き付けます。

ビルドしてみる

Ni80 26ga 0.7Ω

ずっとこれ、MTLアトマという印象を持っていましたが、AFCを開け気味にすると割と軽い。
重めDLあたりで吸ってみようと思います。

Ni80 26ga 3mm6巻で0.68Ω

ボトムエアフローのセオリーに沿って、コイルは下げ気味でエアホールベタ付け。

コイル位置が高いので、ウイックは長めになりますね。
ちょっと漉いて幅広にして、コイルとエアホールを覆うような感じにしてみました。

Vape Fuelさんのピスタチオを吸ってみます。

やはり、キャップがスクリュー式なのはちょっと手間。
その代わりリキッドはたっぷり保持出来ますね。

味は……ホント美味いなこれ。

内部空間が広いのでどうかなーと思ったのですが、じわっと濃厚。
ミストは非常に柔らかく、
ダイレクトな感じというよりも、程よくかき回されたミストがじわぁ~っと上がってくる感じがします。
やはりトップキャップ内で対流が起こってる説、あるのかも。

カンタル26ga 1Ω

もういっちょ。
18350Mod用に、AFC絞り気味でMTLする想定で組んでみます。

カンタル26ga 3mm7巻で1.01Ω

“コイルはエアホールに寄せるより、位置を上げてチムニー真下でミストを発生させた方が美味い”
というのを聞いていたので、高めにセットしてみました。

接触しないか確認。
結構ギリギリです。

これ、ホント正解かも。

じわっと柔らかいミストの中に若干ダイレクト感も混じり、味の濃厚さが更に増しました。

ちょっとこれは凄いぞ。
じんわり濃厚で美味しいからついついチェーンしちゃう。

まとめ

フレーバーチェイサーとして長い人気を誇るアトマイザーなのですが、流石にこれは美味しい。
ついつい鬼チェーンしちゃいます。

となるとやっぱり気になるのはキャップがスクリュー式な事。
ちょっと手間に感じてしまうんですよね。
BF対応出来ないのは少し惜しいところ。
リキッド保持量がかなり高いので、チャージの頻度はかなり低いですが。

ただ、外に持ち出す際には、流石にエアホールからのリキッド漏れは避けられないので、あまり多めにチャージしておけません。

自分は、外で使う際にはこのボトルを使って、長いノズルをドリップチップから差し込んで直接チャージしています。
FTで$11くらいで買った品なのですが、これで大分楽になりました。

ハイエンドに属する製品ということで、1万円以上する少々価格の高いアトマイザーではあるのですが、これはかなり長く付き合っていけそうですし、
マスプロアトマイザー3個分くらい、と考えるとアリな気がします。

為替レートの影響で少しお安く

VaporLEMONさんは、為替レートの影響で少々お安く販売されており、リニューアル後もそのままの価格で販売継続されるそうです。

8/10にリニューアルオープン予定ですので、是非。

リニューアルオープンの日には福袋も販売されるそうです。
私もお邪魔させて頂こうと思っています。