SMOK Stick 80W Kit レビュー|ダイヤル式VWチューブ、あれ?これって…

SMOK Stick 80W Kit レビュー|ダイヤル式VWチューブ、あれ?これって…

SMOK Stick 80W Kitのレビューです。

SMOKさんって、この手のペン型の爆煙キットをいくつも出してますよね。
お手軽爆煙って感じで需要があるのかな。

このタイプって基本、バッテリー内蔵式のセミメカチューブにクリアロマイザーを組み合わせた形なのですが、
今回は、VW(ワッテージ調整)機能付きのテクニカルチューブとなっています。

ですが、液晶画面や調整ボタンなどは付いておらず、

チューブの底部に付いているダイヤルをカチカチと回してワッテージ調整を行います。

……。

……あれ?

なんか既視感が…。

SMOKさん、またやっちゃいました…か…?

まぁ、この界隈ではよくあること。
実際このタイプはお手軽で使いやすいことは確かです。

気づかないふりをして先に進みましょう。

この製品はVapeSourcingさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

えっと、すみません。
この状態だったので、完全にサンプル向けのパッケージですね、これ。

オーセンコードも貼ってあるし、ちゃんとSMOKさんから送ったパッケージっぽいのですが、流石に上の状態は笑うw

パッケージ内容

中身は一通り揃っていました。
マニュアルが欠けている以外はほぼ販売品相当だと思います。

  • Stick 80w Mod
  • TF Tank アトマイザー
  • TF Tank Stick Mesh 0.15Ωコイル x2個(1つは装着済)
  • USBケーブル
  • 予備Oリング
  • ワランティカード

外観

見た目は、よくあるスティックタイプのキットといった感じ。
良くも悪くも普通です。

特徴的なのはこの部分ですね。
完全に見覚えがある気がするのですが、きっと気のせいでしょう。

低部がダイヤルになっており、ここを回してワット数を調整します。

ダイヤルはカチカチとノッチが入っており、キッチリ5w刻みで数字が変わります。
この辺はアチラよりはしっかりしてる。
アチラ…?はて。

ファイアボタンは角丸の正方形で、結構しっかり出っ張ってます。
ボタンの真ん中にLEDインジケーターがついています。

ファイアボタンの裏側に、充電用のMicroUSBポートがついています。

上面は完全にフラットな中に510スレッドがあります。

コンタクトピンはスプリング式。

ダイヤルを兼ねた底面にはベントホールが2つ開いています。

フィッティング

実質テクニカルなので色々と使いやすさはありますね。

THC Tauren One RTA

TF Tank アトマイザー

これ、以前レビューしたMorph219 KitについていたTF Tankと同じ物ですね。
大きなメッシュコイルを使用する爆煙クリアロマイザーです。

バブルガラスタンクが標準装備で、リキッド容量は6ml

トップキャップはスライド式。

最近のクリアロは横にスライドするタイプのキャップになっている物が多いですが、SMOKのアトマイザーはこの形の物が多いですね。
ボタンを押すとロックがはずれ、ぐるっと回転しながら開きます。

スクリュー式のキャップに比べて与圧が発生せず、リキッド漏れを起こしにくい形状です。

スライド式のキャップが何かの拍子に空いていてリキッドが…という事故がこの間起こったので、このロックボタンの存在が少し有難く感じるようになってきた。

エアフローはボトムエアフロー。
エアフローリングは無段階調整可能です。

ボトムパーツを外すと、コイルはOリングのみで固定されているので、そのまま引っ張るだけで取り外せます。

コイル交換はかなり楽ですね。

コイルは、TF Tank Stick Meshという0.15Ωのメッシュコイル。
同じものが2つ付属しています。

Morph 219に付属していたTF Tank BF Mesh 0.25Ωとは互換性があります。

詳細

メーカー公式

SMOK STICK 80W Kit - Vape Kits | SMOK® Official
SMOK Stick 80W kit is combined with a built-in 2800mAh battery and the formidable TF tank, which will provide you the best flavor. Check out Stick 80W kit!

スペック

Stick 80W Mod

サイズ 24.5mm x 95mm
重量 117g
使用バッテリー 内蔵2800mAh
充電 MicroUSB 5V/1.5A
出力モード VWモード
VW出力レンジ 5〜80w
出力電圧 0.6V〜4.1V
対応抵抗値 0.15Ω~2.5Ω
保護機能 過放電保護
自動カットオフ(8秒)
短絡(ショート)保護
低電圧保護

TF Tankアトマイザー

直径 30mm(バブルタンク部)
高さ 56mm
重量 75g
リキッド容量 6ml
スレッド 510
ドリップチップ 510規格
コイル 0.25Ωメッシュコイル
0.5Ωセラミックコイル(別売)
エアフロー ボトムエアフロー

重量の実測は、本体重量119g、アトマイザー込みで194g

カラーバリエーション

カラバリは全部で6色

操作方法

電源ON/OFF

ファイアボタン5クリックで電源ON/OFFを切り替えます。

ベーピング

ボタンを押している間だけミストが出ます。

出力調整

底部のダイヤルを回すと、5w刻みでワッテージ調整が出来ます。

吸ってみる

最初ね、

「あ、これ、Morph219と同じアトマイザーなのか、じゃあわざわざコイル無駄にしなくても『こっちを見てください』でいいな」

って思ってたんですよ。

ちょっと楽させて貰っちゃおうかな〜、と。

なのですが…よく見たら、ちょっとコイルが違うじゃないですか。

てか、デュアルバッテリーだったMorph219が0.25Ωだったのに、最大80wのこのキットが0.15Ωって。
逆にしてよ…。

はい、大人しく試飲します。

リキッドは久しぶりにBasic VaporのVintage
みんな大好きレモンサングリアです。
これホント美味しいですよね。

大きいコイルのクリアロの場合、いつも先にコイルのコットンに直接リキッドを染み込ませておくのですが、
このコイルはやりにくかったのでちょっとだけ。

スライドキャップを開けてリキッドを補充。
チャージホールは大きいのでチャージしやすいです。

初回は、リキッドがコイルに染み込むまで10分くらい置いておきます。

コイルの推奨ワッテージは60〜80wと記載されています。

最大80wのModで推奨80wのコイルを使うのはちょっとなぁ。
まぁ内蔵型なら専用設計だしそうそう変な物が入っていることはないでしょうが、リチウムイオンバッテリーを、スペックの上限一杯一杯で運用するのは怖いです。

とりあえず60wで吸ってみます。

あ、いける。
推奨の下限である60wで充分美味いです。
キメの細かいミストが高い密度でぶわーっと来ます。

もうこれでいいや。

一応70w、80wも試してみたけど、それほど劇的に味が変わった印象もないし、60w辺りで充分ピーク来てるんじゃないかな。

というか、自分はメッシュコイルは低めの出力で吸うのが好きなので、50wくらいでも充分というか、むしろ好み。
流石に40wまで落とすとちょっと力不足な感じにはなってきますが、50w、55wくらいでいいかも。

まとめ

うん、このタイプは使いやすいです。

たとえツイスt、いや何でもないです。
作りはこっちのほうがちょっとだけしっかりしてるかも。

温度管理がしたいとか、VWモードでもVやAの値を見ながら調整したいという場合は普通の液晶付きのテクニカルがよいですが、
例えば0.7Ωなら20w前後とか、大体基準が決まっている場合はこういうのって凄く楽に使えます。

VWと言っても大分ざっくりなので、ホント適当に調整して適当に吸う感じ。

面倒ならもうバイパスやセミメカのスターターでいいじゃんってなるけど、メッシュコイルだと少し低めで吸いたくなること多いですしね。

付属アトマも結構低出力から味が出てくれる感じで、パワーレンジが広くて美味しいですし、
柄が大人しくなって色々細かい部分の作りがよくなったツイスターって感じかな。

販売リンク

アトマ込みのキットで$34.99で販売中です。

VapeSourcingさんには、当サイト用のクーポンコードを発行して頂いてます。
クーポンコード「MARZ」を入力することで、全商品10%引きになります。