Freemax Twister 80W スターターキット レビュー|セミメカみたいなVWチューブ

Freemax Twister 80W スターターキット レビュー|セミメカみたいなVWチューブ

チューブ型のスターターキットを見ると、あー、またいつものようにセミメカチューブ+爆煙クリアロのセットかなー、と思うのですが、今回はちょっと違いました。

Freemax Twister 80W Starter Kit

ぱっと見、よくあるタイプのチューブ型スターターキットかなー、と思うのですが、
実はこれ、VWモードを搭載したテクニカルチューブなんです。

液晶画面は搭載せず、底に付いている機械的なダイヤルを回してワット数を調整するタイプ。
なるほど、だからツイスター。

あまり細かい調整は出来ませんが、ワット調整があるだけでも少し使い方が変わってくるかもしれませんね。

この製品は、AVE40さんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

特徴

Freemaxさんというとあまり聞き慣れないメーカーさんですね。
ちょっと公式サイトを見てみr……公式サイト落ちとる……。

凄く困る。

通販サイトを見て回ると、80wのテクニカルModが1つにサブオームタンクが3種ほど出ている模様。
結構新しいメーカーさんっぽい。

VW調整機能のついたチューブ型スターターキット

一見、ボタンの一つしかないよくあるタイプのセミメカニカルタイプのスターターキットにしか見えませんが、
底にこのようなダイヤルが付いており、このダイヤルを回すことで出力ワット数の調整が可能です。

パッケージ

グラフィティのような派手な柄の製品なのですが、箱のデザインもそれっぽい。
裏面にはスペックやパッケージ内容など、結構細かく書かれています。

スリーブの中の箱は、Modとアトマイザーで2つに分割されています。
ちょっと面白い。

Kayfunのパッケージを思い出しますね。
持ってないんですけどね。

開封します。

パッケージ内容

こちらはまとめちゃいますね。

  • Twister 80w VW Mod
  • Fireluke2 Tank (X2 Meshコイル装着済み)
  • USBケーブル
  • 予備ガラスタンク
  • 予備Oリング
  • X1 Mesh コイル
  • ユーザーマニュアル(Mod/アトマイザー)
  • ワーニングカード

ユーザーマニュアルは英語で記載されています。

予備タンクはバブルタンクですが、
アトマイザーのガラスタンクも元からバブルタンクなので、同じ物が予備で付いてくる感じですね。

外観

なかなか派手なグラフィティ風デザイン。
でもこれ、カラーバリエーションの中では比較的地味な方なんです。

(販売サイトより引用)

カラーバリエーションはこの通り。
Space Black意外は全体的にグラフィティ風の派手なデザインです。

この楕円のボタンが、電源ボタン兼ファイアボタンです。
ボタンの周りはLEDインジケーターになっています。

ボタンの裏側には充電用のmicroUSBポートが付いています。
このデザインだとめっちゃ探しますよね。
めっちゃ探したんですよ。

バッテリーは内蔵式で、2300mAhです。
最大出力が80wなので、ちょうど18650シングルのModと同じ感覚ですね。

上面に510スレッド。

コンタクトピンはスプリング式です。
VWモードが使えるということで他のアトマイザーを乗せる機会も多そうなのでありがたい。

底面のダイヤルは金属製で、ヘアライン加工なども入っておりなかなか渋い作り。
このテイストで1本カラバリを作って欲しい。

外周にベントホールが6つ開いています。

そしてこのダイヤルは回すことでワット数の切り替えが出来ます。

結構細かめに目盛りが振ってあるのですが、カチッカチッとノッチが入っていて、それがどうやら5w単位。
ちょっと重めのダイヤルなので、ノッチの途中で止めることも一応出来ますが。

あと、大雑把に窓が開いているだけなので現在のワット数がいくつか、というのは正確にはわかりません。
窓の真ん中に合わせればいいのかな?と思いますが、ワット数表記が真ん中に来る位置にノッチが止まらないしw

まぁこの手のデバイスにそこまで細かい調整を求めても仕方ないですよね。
大体○w、位の感覚で、後は吸った感じで調整して使う感じかと思います。

アトマイザーフィッティング

ソリッドなチューブ型なので、正直、カラー次第。

OFRF Gear RTA
Vapefly Brunhilde RTA
Hugsvape Lotus RTA

Fireluke 2 Tank アトマイザー

付属アトマイザーは、Modに合わせたデザインのクリアロマイザーです。

タンクはバブルタンクで、リキッド容量は5ml

エアフローはボトムエアフローで、エアフローコントロールリングで無段階調整が可能です。

メッシュコイルを使用する爆煙アトマイザーと言うことで、ドローは全体的に軽め。
全閉でもわずかに吸えるくらいで、1~2割解放くらいまでは割と重くなりますが、それ以上開けるともうスカスカといった感じです。

トップキャップ

トップキャップはスライド式。
赤くマークしてある所から押してスライドします。

スライド式キャップは、最近のこういったクリアロマイザーではスタンダードになりつつありますね。
リキッドチャージも楽ですし、スクリュー式に比べて蓋を閉める際に与圧が発生しない為、リキッド漏れもしにくいです。

ドリップチップ

ドリップチップは810規格の物が使用されており、汎用の810ドリップチップと交換することが出来ます。

付属のドリップチップは薄手のレジン製。
ボアは吸い口に向けて緩やかにテーパーが掛かっています。

コイル

キットに付属しているコイルは2つともメッシュコイル。

0.2ΩのX2 Meshコイル(標準装着)と、
0.15ΩのX1 Meshコイル(付属)です。

推奨出力はどちらも40w~80wの記述。

X2コイルはデュアルメッシュ、X1コイルはシングルメッシュ。

詳細

メーカー公式

Freemax Fireluke M – Freemax – Innovative Vape Hardware Manufacturer

この記事を書いている(2019/05/05 AM2時)時点ではサイトが落ちています。

スペック

Twister 80w VW Mod

サイズ 101.6mm x 24.7mm
バッテリー 内蔵2300mAh
VW出力レンジ 5w~80w
出力電圧 0.5v~9.0v
出力電力 1.0A~30A
対応抵抗値 0.1Ω~3.0Ω
保護機能 コイル低抵抗保護
コイル高抵抗保護
過放電保護
自動カットオフ(10秒)
高温保護
短絡(ショート保護)

Fireluke 2 Tank

サイズ 24mm (バブルタンク径28mm)
高さ 47.8mm
リキッド容量 5ml
素材 SS+パイレックスガラス
接続 510スレッド
ドリップチップ 810規格

使用方法

電源ON/OFF

ファイアボタン5クリックで電源ON/OFF切り替え

ワット数変更

下部のダイヤルにて調整

LEDインジケーター

バッテリー残量表示

  • 緑:100%~65%
  • 黄:65%~30%
  • 赤:30%~

充電中

  • 赤:充電中
  • 消灯:充電完了

その他、各種保護機能発動時などには赤色で点滅します。

吸ってみる

吸ってみます。

正直、爆煙クリアロのレビューが多くて少々食傷気味低抵抗爆煙向きのリキッドのバリエーションがネタ切れになりつつありますね。

もうネタかぶりでもいいや。
なるべく一般的な構成でやった方がいいだろう、ということで、レビューには極力市販リキッドを使用するようにしていますが、最近はOneshotや自作も入れていきつつあります。

今回のリキッドはOneshotのGenerals JuiceのFusilier Fruitbowl
トロピカルフルーツ系のリキッドで、低抵抗でさっぱり吸えるリキッドです。

出力は50w”くらい”。
ダイヤル位置はここです。

エアフローは全開で。

うーん?
爆煙には違いないですが、50wもかかっているような感じはしないかも?
エアフロー全開ではちょっと物足りず、半開くらいにするといい感じになりました。

なんか解せないので、別のModで50wかけて吸ってみます。

あ、同じだ。

Modの方のワッテージは正確だって事ですね。
って事は、違和感の原因はアトマイザーか。

いや、不味いわけじゃないです。
最近のメッシュコイルのクリアロってかなり美味しくなったと思うし、このアトマイザーもきめ細やかなミストで結構しっかり味が乗ってきてるとは思います。

もっと熱量高めでガッツリ来ると思ったのですが、デュアルメッシュだから優しい感じになる?
まぁ0.2Ωに50wってせいぜい3.3Vくらいだし、こんなもんですか。

このModは18650シングルのつもりで使っているので、個人的に、これ以上はできるだけ出したくないですが……。

一時的に、70w”くらい”にしてみます。

あー、納得いく感じになりました。
ミストも多いしガッツリ濃いです。

なるほど、これくらいの出力が向いてる感じなのね。

60wくらいに下げても悪くはなかったのですが、多分このコイルのピークポイントは70wくらいなんじゃないかと思います。

とりあえずタンク吸いきるまでこの設定で吸いますかね。

しかし、結構上限近くで使わせる感じなのね。
まぁ内蔵バッテリーのレギュレーテッドだし、大丈夫でしょう。
信じたからねFreemaxさん。

まとめ

Modは結構珍しい感じなんじゃないかと思います。
この手のチューブ型のスターターキットでVWモードが使えるのって希少かと。

セミメカも楽でいいのですが、
例えばRBAアトマイザーを乗せたりして、クラプトンで組んだから少し出力高めで吸いたい、とか、メッシュコイルだから少し低めで吸いたい、という用途にはこちらが活きそう。

ただし、結構ザックリとしか調整は出来ないので、「1w単位でスイートスポットを見つけ出すぜ!」的な用途には向きません。

調整も機械式ダイヤルで大雑把ですが、上記の通り、ワット数自体は結構正確かと思います。
あくまで自分の感覚としては、ですが。

アトマイザーは結構高出力を要求してくる感じでしたね。
メッシュコイルって少し低めの出力で吸っていい感じになるイメージがあったのですが。
0.2ΩのX2でこれなので、0.15のX1はもっと?
いやスタンダードなシングルメッシュなのでこちらは他と同等?

このサイズのチューブでVW調整が出来る物って限られているので、Mod目的で買うのはアリかと思います。
通常のテクニカルよりザックリと雑に使える感じです。

派手なデザインは好き嫌いがあると思うので、合えば、ですかね。

販売リンク

AVE40さんでは、ログイン後価格$50.99で販売中+送料無料です。

AVE40さんには、当サイト用のクーポンコードを発行して頂いてます。
クーポンコード「marznet10」を入力することで、全商品10%引きになります