TARLESS PLUS(ターレスプラス) ”新色”シャンパンゴールド レビュー|付属カードリッジも”BOOST”に。

TARLESS PLUS(ターレスプラス) ”新色”シャンパンゴールド レビュー|付属カードリッジも”BOOST”に。

国内最大級の電子タバコメディアサイトであるべプログさんのリリースするカードリッジ式VAPEデバイス、
TARLESS PLUS(ターレスプラス)の新色、シャンパンゴールドのレビューです。

TARLESS | marz04.net
「TARLESS」の記事一覧です。

国内メーカーがプロデュースしているということ、扱いが楽なこと、プルームカプセルが装着できることなどから、タバコからVAPEへの切り替えを考えられている方などに特に人気のある本機。

本体仕様などはそのまま、今回はカラー追加という形になるようです。
また、標準で付属しているカードリッジが、一番人気となる”BOOST”カードリッジに変わっています。

TARLESS PLUSは既にレビュー済ですが、大分間が開いているので改めて紹介させていただこうと思います。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

以前と変わらぬ白い細長の箱。
Boostカードリッジ同梱版を示すステッカーが貼られています。

国内プロダクトならではの、日本語による丁寧な説明表記。

パッケージ内容

  • TARLESS PLUS本体
  • Boost ロングカードリッジ(本体装着済)
  • Boost ショートカードリッジ
  • MicroUSBケーブル
  • 取扱説明書

外観

カラー以外の仕様は、既存のTARLESS PLUSと同じですね。

新色のシャンパンゴールドは、マットな光沢で高級感のある仕上がりです。

ネジやスイッチ類はゴールドが使用されています。

反対側には、吸気用のエアホールと、充電用のMicroSUBポート。

全面のこの窓からリキッドの残量を確認出来ます。
また、中にはLEDインジケーターも埋め込まれています。

キャップはマグネットで固定されています。

なんというか、質感とか色とか、ゴールドライタンみがあるなぁ。

外したキャップは底面にそのままマグネット固定出来るようになっており、
吸っている間も邪魔にならないようになっています。

専用カードリッジ

後から追加されたメッシュコイルのBoostカードリッジ、
ロングとショートが1つずつ付属しています。

TARLESS PLUS BOOSTカートリッジ レビュー|メッシュコイルで吸いごたえアップ、耐久性や漏れも改善
TARLESS PLUS BOOSTカートリッジのレビューです。 TARLESS PLUSは、日本最大級の電子...

ロングが1.1Ω、ショートが0.6Ω

抵抗値の低いショートの方がミスト量が多く、リキッドの味なども楽しめますが、
ロングカードリッジの方はプルームカプセルを装着してニコチンありで楽しむことが出来ます。

リキッドは上のキャップを開けて注入します。

キャップが上に付いているので、カードリッジを本体に装着したままでも補充可能です。

ドリップチップの根本にエアフローコントロールがついており、ドローの重さを調節することが出来ます。

スペック

サイズ 106mm x 38mm x 15mm
重量 91g(実測)
コイル抵抗値 1.6Ω(ロングカードリッジ)
1.0Ω(ショートカードリッジ)
バッテリー容量 900mAh
充電 マイクロUSB 1A
保護機能 出力短絡(ショート)保護
過電流保護
充電保護
過電圧保護
低抵抗保護
通電時間制御(ロング:3秒/ショート:2秒)

吸ってみる

Boostカードリッジもレビュー済ではありますが、しばらく吸っていないので久しぶりに吸ってみます。

プルリキの梨メンソールが残っていたので、それをロングカードリッジで。
これ結構好きなのですが、いつしかプルリキのラインナップから外れていたことを後で(試用後に)知りました。

初回のリキッド注入時は、コイルにリキッドが染み込むまで10分ほど置いておく必要があります。
リキッドが十分に染み込む前に加熱してしまうと、コイルのコットンが焦げ付いてしまうことがあります。

そんなわけで10分ほど置いて、吸ってみました。

やはり、Boostカードリッジはメッシュコイルになったことによって吸いごたえも味もしっかりしており、
昨今の他のPodデバイスと比べても引けを取らない味わいだと思います。

梨の甘みもしっかり出てる。

一昔前のように「タバコから切り替えたくて手軽なデバイスを買ってみたけど全然物足りない」ってなることは減っているんじゃないかなぁ。

ロングカードリッジの利点は、プルームカプセルが使用できること。
ということで、家にあったカプセルを出してきて装着。

私はタバコからの移行組でVAPEもニコリキ民なので、これが一番の目的だったりします。

フィルターを通す分、リキッド本来の味に関しては若干スポイルされてしまう感じはありますが、
やはりカプセルを付けると喉へのキック感も増し、一気に吸いごたえが上がります。
ドローも重くなり、タバコ感も増しますね。

純正プルームよりもパワーが強いので物足りなさもなく、十分タバコの代わりになる水準。
その分、カプセルの寿命は短くなってしまうとのことですが、以前の検証では50パフくらいは使用できており、
カードリッジ内のリキッド半分くらい(=自分にとって1日分くらい)は使用できていました。

何回吸ったら交換、みたいな制限はないので、吸いごたえが落ちるまで使って交換という形で大丈夫です。

久しぶりにこの組み合わせ吸いましたが、
葉やフィルターを通しているからか、普通のVAPEでニコリキを吸うよりタバコ感を感じる気がします。

まとめ

流石に、もう2年前のデバイスとなるので、昨今のVAPEデバイスと比べると若干古さを感じるのは確か。
VAPE業界も日進月歩で、特にここ数年はPodブームで、小さくてパワフルなPodが色々出てきていますしね。

特にVAPE慣れしている既存ユーザーにしてみると「○○の方がいい」という意見は無数に出てくるかと。

ただ、この製品は国内メーカーがプロデュースしているという強みがあり、
使い方や説明書のわかりやすさやサポート体制など、他の中国メーカー製デバイスよりも安心感があるかな、と思います。
慣れている方はよいですが、タバコから切り替えようとしている段階でゼロの状態からだとそういう点は大きいかなと。

あと、そのままの状態でプルームカプセルが使用できるのもメリットですね。
日本において、喫煙者がタバコから液体式電子タバコに切り替える一番のハードルってニコチンだと思うんですよ。
日本はニコチンの規制が強いので、リキッドでニコチンを摂ろうと思うと必ず個人輸入に頼る必要があります。
プルームカプセルならコンビニ等でいつでも買えるので、多少コストはかかるけど輸入の煩わしさや不安、待ち時間などがないですし。

既に切り替えている方、例えば私なども本格的なVAPEデバイスをローコストで運用するサイクルが出来上がっているので、今これらの製品を使うかと言われると、そんなに使わないです。
ですが使ってみると「手軽だし美味いしいいじゃん」という感想が湧きます。

紙タバコをやめたいor減らしたいし興味はある、でもいきなり煩わしいのはちょっと…という方に向くアイテムだと思います。