TARLESS PLUSカートリッジ 「Rich」レビュー|焦げにくく濃厚な味の新カートリッジ、たばこカプセルにも対応

TARLESS PLUSカートリッジ 「Rich」レビュー|焦げにくく濃厚な味の新カートリッジ、たばこカプセルにも対応

TARLESS PLUSの新カートリッジ 「Rich」のレビューです。

TARLESS | marz04.net
「TARLESS」の記事一覧です。

TARLESS PLUSは、ベプログさんがリリースしている一体型の電子タバコです。

TARLESS PLUS(ターレスプラス) レビュー|プルームテックカプセル対応で人気のTARLESSが改良されてリニューアル
国内最大級の電子タバコメディアサイトであるべプログさんのリリースするカードリッジ式VAPEデバイス、TARLESS ...

お手軽さとパフォーマンスの良さで人気の高い機種で、VAPEの入門にも適しているし、標準でプルームのタバコカプセルにも対応しているので、タバコからの切り替えにも向いたデバイスです。

これまでのカートリッジも評価が高かったのですが、内部構造やエアフロー構造を見直した新しい設計で産まれたのが、今回のRichカートリッジとなります。

Vapenginなどにも採用されている最先端技術を取り入れ、従来よりも濃厚な味わいを実現した他、コイルの焦げにくさ、リキッドの漏れにくさも向上しています。

この製品は、べプログショップさんにサンプル提供頂きました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

製品について

シンプルなパッケージに入っています。

1箱3個入りで、¥1,890

1個出してみました、
タンク内に敷き詰められたコットンが特徴的。

コットンの他、エアフローにも変更が入っています。

マウスピースは従来通りの円筒形、
プルームのたばこカプセルが刺さるサイズになっています。

右側にはエアフローの取り入れ口があります。
今回はドロー調整は不可となっています。

反対側にリキッドの注入口があります。
今回はシリコンキャップになりました。

形状や本体への取り付けは従来通り。

ただ、組み付けが少々キツくなっていて、指でグッと押し込んで装着します。

吸ってみる

Just JuiceのTobacco Club LEMONを吸ってみます。

最初のリキッド注入時、コットンにリキッドが浸透するまで少し時間がかかります。
あまり勢いよく入れすぎると溢れてくるかもしれないので注意が必要です。

このリキッドは70:30なので、50:50などのリキッドだともっと浸透早そうですね。

注意

こうしたコイルユニット式のデバイスは、初回のリキッド注入時はコイルにリキッドが浸透するまで数分置いておく必要があります。
コイルに充分にリキッドが染み込んでいない状態で加熱すると、コイルの内部が焦げてしまってダメになってしまうことがあります。

前回のBoostカートリッジもあるので、吸い比べてみます。

このカートリッジは、スイッチをLの所に入れて使用します。

吸い比べてみると、確かにフレーバーが濃厚になっているのがわかります。
VapeengineやSkuare6000などで感じた、最近のPodの濃厚さですね。

Boostカートリッジも美味いのですが、フレーバーの濃厚さではこちらが上です。

ドローの重さは固定ですが、やや軽めのMTLから重めDLといった感じで、出力には合っている重さだと思います。

たばこカプセル使用

プルームのタバコカプセルも使ってみます。

これを使えると、コンビニで手軽に変える物でニコチン入りVAPEに出来るのがいいですね。

ドローは若干重くなり、タバコに近い感覚になります。
メンソールのカプセルなのでメンソールの清涼感とニコチンのキック感が加わります。

カプセルが挟まる分、リキッドのフレーバーは若干薄くなりますが、元が濃厚なので十分な味があります。
なによりニコチンキックで吸い応えがかなりありますね。

注意事項

Lモードで使用しても熱量が結構高いらしく、連続で使用し続けるとカプセルが溶ける可能性があるそうです。

まとめ

フレーバーが相当濃厚になりました。
エアフローの改善もかなり効果出ているようですね。

フレーバーの濃さは、最近のVapeengineなどの濃厚なPodに近い感覚です。

カプセルも使用出来るし、満足感の高いカートリッジです。

デメリットとしては、エアフローが固定で調整出来ない事と、本体への付け外しが結構固い事。
特に外す際は結構力が必要です、マウスピースを強く握ってぐりぐりしないと抜けないくらい。

それ以外はほぼ上位互換といっていいと思います。