[Thunderhead Creations] Tauren One RTA購入|牛さん、今度はシングルタンク

[Thunderhead Creations] Tauren One RTA購入|牛さん、今度はシングルタンク

Thunderhead Creations Tauren One RTAの購入品レビューです。

相変わらずメーカー名が長い。

Thunderhead Creations(以下THC)さんのアトマイザーは結構デザインが好みで、Taurenシリーズはなんだかんだで大体買っています。

Thunderhead Creations | marz04.net
「Thunderhead Creations」の記事一覧です。

持ってないのはTauren MAXのメカチューブだけかな?
あと多分Tauren Podは手を出すか微妙です。

個人的にお気に入りは、BFが出来るRDTAと、SOLO RDAですね。

RTAは、以前出ていた物はデュアルコイルでしたが、今回はシングルコイル版RTAとなります。

RDAもデュアル→シングルとリリースされ、シングル版のSOLOがなかなか良かったので、コレも期待して購入。

以前のデュアル版RTAは、デザインと味はよいもののリキッド漏れに結構悩まされていたので、一番気になるのはその点が改善されているかどうか。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

巾着袋。

Taurenシリーズはみんなコレです。

袋の中には、金属製のアトマイザーケースに入った本体とアクセサリーバッグが入っています。

このケースがいいんですよね。

金属製で頑丈ですし、底に510スレッドが切られているので、アトマイザーがしっかり固定されます。
アトマイザーの持ち運びにも使えそう。

パッケージ内容

  • Tauren One RTA本体
  • PC製フロステッドバブルチューブ
  • ドライバー
  • 六角レンチ
  • 予備Oリング
  • 予備イモネジ
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード
  • 製品合格証

ユーザーマニュアルは大きな紙に各国語で併記されています。
日本語の記述はありません。

デッキのイモネジは六角の物が付いていますが、予備にはマイナスネジも付属しています。
自分はマイナスネジの方が好きなのでこちらに付け替えました。

外観

相変わらず、ここのメーカーのアトマイザーはデザインが好み。
このゴツゴツした感じが好きなんですよね。

今回はSSカラーにしてみましたが、とても綺麗。
THCさんは作りが綺麗なイメージがあります。

カラーバリエーションは6色

付属のバブルタンクに換装するとこんな感じ。

PC製なので使用するリキッドは注意が必要ですね。
フロストタイプなのもアレだし、これもガラス製にして欲しかった。

前作Tauren Beast RTAと並べてみました。

こうしてみると結構変わってますね。
テイストは継承しているものの、各部のディティールがかなり変更されています。
チャンバーもちょっと大きくなっているように見えます。

今回のドリチ、いいですね。
ウルテム製かな?透き通るくらいテカテカにポリッシュされていてかなり綺麗。

エアフローはボトムエアフロー。
コントロールリングで無段階調整出来ます。

リングもスムーズに回って好印象

底面にはメーカー名とシリアル番号のエングレービング。

ポジティブピンはそれなりに出っ張っています。

フィッティング

実はコレに乗せたくてSSカラーで買ったのですが、
フレキチさんでKelpie RTAを買ってしまいましてね……。

詳細

メーカー公式

スペック

直径 24mm
高さ 41mm
リキッド容量 標準:2ml
バブルタンク:4.5ml
ドリップチップ 810規格
コイル シングルコイルRBA
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアフロー

構造

分解してみました。
パーツ点数は一般的なRTAです。

タンク部分はこのように分割出来るので、リキッドが残っていてもデッキにアクセスすることが出来ます。

ドリップチップ

前述しましたが、テカテカでかなり綺麗なドリップチップ。

810規格で、結構なワイドボアです。
爆煙で吸えってことですねわかります。

チャンバー

いつもの牛マークと、-ONE-の文字のエングレービング。

この牛マーク、結構マイナーチェンジされてるんですよね。
物によって細部が違う。

内側は、太めのチムニーに向けて緩やかにテーパーがかかっています。

デッキ

デッキは、Tauren SOLO RDAとほぼ同じ形ですかね。
ハニカムホールの3Dエアフローで、コイルの3方向から細かいエアーを吹き付けます。

(公式より引用)

イメージとしてはこんな感じ。

シングルコイル前提のデッキですが、
コイルの固定ネジは4カ所あり、コイルをどちらの方向で巻いても取り付けられるようになっています。

コイル足の長さを予め調節しておく必要のあるポストレスタイプのデッキで、
しかも斜めを向いているので長さの把握や固定の作業が若干しづらく、ビルドには若干慣れが必要かもしれません。

ビルドしてみる

コイルの足はかなり短く切る必要があり、
このくらいで丁度よさそうな感じでした。

コイルは下向きにセットします。
コイルが3方向のエアホールの中心に来るようにコイル足の長さを調整したら上記の長さになりました。

単線ビルド

何でもまずは単線で組んでみる派。

Ni80 24ga 3mm7巻で0.5Ωを狙ってみました。

ウイックは、下に丁度付くくらいの長さにカットして突っ込んでやればOKです。

吸ってみます。

リキッドはClassic PotionのCheesy Strawberry
出力は32wで、エアフローは半開くらいから徐々に絞っていきます。

うん、単線でもいけます。

エアフロー精度もよく、開度を2mmくらいまで絞ったら結構重めになって、このビルドに合う感じになりました。

味の出方はやはりTauren Soloに似ています。
濃厚な味がストレートに来るような感じではなく、香料の香りが適度に攪拌されてふわっと入ってくるイメージ。

この優しい感じ以外と好きなんです、美味しいと思う。
薄いって訳ではなく、ちゃんとしっかり味は出ているのですが、なんというか角が取れて優しい感じ。

低抵抗クラプトンビルド

爆煙志向のタンクだと思うので、抵抗低めでミスト量を増やしたビルドもやってみます。

シングルで低抵抗が組めるクラプトンをずっと持っていなかったので、買ってみました。

Kelpieの時に使ったDemon Killerと、Wofotoのクラプトンコイルの2種。
今回はWotofoの方を使います。

かなり幅広のワイヤーで、5巻して0.36Ω
なるほど。

今回はエアフロー全開で40w

おお、濃い。

ミストの密度が上がってかなり濃厚な味わいになりました。
こちらが本来のポテンシャルって感じですかね。

時々ちょこっとスピットバックがあるのが気になるけど、美味しいです。

こちらもダイレクト感があると言うより、少し攪拌された味わいと行った感じ。
シンプルなリキッドよりも複雑系の方が合いそうですね。

リキッド漏れは改善されたのか?

届いたのが一ヶ月も前で、ここんとこ自費購入品のレビューを挟むタイミングがなかなか無かったので、期間が空いた分結構使い込めました。

結論から言うと、

前より大分マシだけど、やはりちょっと漏れます。

前のTauren Beast RTAは、普通にリキッドチャージしたらエアホールからダダ漏れでした。
トップキャップのスレッド精度がやや微妙で締めづらかったし、締める時に押し戻される感覚があって、明らかに圧力かかってるなーって感じでしたしね。

今回のTauren Oneは、キャップの開閉はスムーズだし、リキッドチャージからしばらくは平気でした。

お、これは改善されたかな?と思ったのですが、
忘れた頃にModの横がぬるっとしている事が時々ありました。
いつ漏れてるんだろうこれ……。
翌日とかに、気がつくとヌルッとしてる時があるんですよね。

前ほど派手ではないし、リキチャ翌日にちょっと漏れている程度で、使っている分には特に漏れないので、自分としては許容範囲内って感じで継続して使用していますが、気になる方は注意です。

多分、上手いことエア抜きとかしながらリキッドチャージすれば平気かなぁ。
漏れない程度に蓋を軽く閉めて、逆さにしてから残りを締め込む感じで。

まとめ

まんま、Tauren Solo RDAをタンクにしたような感じです。

このシリーズのハニカムホールの3Dエアフローは結構好きなのでよく使ってます。
フレーバー重視のアトマイザーと比べると「あれ?」って感じるかもしれませんが、ダラダラ吸っていると深みを感じられてなかなかよいのです。

あと、見た目がカッコイイ。

漏れに関しては、今作もやや注意が必要そうです。
前のRTAよりは大分マシになっていますがちょこちょこ垂れている事があります。

同時期に同じジャンルの爆煙向きシングルRTAとしてこれとKelpieの2つを買ったのですが、どちらか、となるとKelpieの方が勧めやすいかも。
こちらは、デザインとエアフロー構造に惹かれた人向けですかね。

価格調査

国内では取扱を見つけられず、海外のみでした。
売価は$25弱くらいと、なかなかお安め。

√ Thunderhead Creations Tauren One RTA
<p><span style="color: #ff0000;"><em><strong><span style="font-size: medium;">Please note that the pictures are for reference only, there might be minor changes without notice.</span></str...
www.3avape.com

自分は3AVAPEさんで買いました。
送料無料にしたくて昨日のHALAと一緒に。

ログイン後価格で$24.10(¥2,597.08)
$30以上で送料無料です。

Everzonさんはログイン後価格で$23.40(¥2,524.24)
$30以上で送料無料です。

Fasttechさんは$38.80表記ですが、
クーポンコード「MAP」使用で$22.95になります。
+送料無料なので単体なら最安

『[Thunderhead Creations] Tauren One RTA購入|牛さん、今度はシングルタンク』へのコメント

  1. 名前:おやぢ6号 投稿日:2019/09/23(月) 19:17:21 ID:aa569851b 返信

    私も3週間ぐらい前から使ってみてます。
    見た目は私も好きです。というか見た目で買ったというかw

    で、私のほうもお漏らしします、リキチャ後に…
    ウイックの長さを変えてみたりしたんですけど変わらず。ま、私はウィッキングその他うまいわけでもなくどっちかというとドヘタなんですけどね(苦笑)

    そんな私の現状での次善策は、リキチャ時はAFCは全閉する、リキチャはフルぎりぎりまではしない、リキチャ終了後しばらくアトマスタンドか何かの上でしばらく(数分?)そのまま(AFC全閉のまま)にしておく、その後実際Vapingする前にAFCを開けて数回強めに空吸いする、といったところでだいぶマシにはなってきました。

    これ、色違いで2つ買っちゃったんですよねえ、実は。2つは要らなかったなというのが正直なところです。

    今はPyroV3(BF対応RDTA大好き)とIntake Dualを待ってるところです… 可能ならまーずさんにレビュー希望、です。

    • 名前:Marz 投稿日:2019/09/23(月) 22:27:49 ID:8a88bd8d8 返信

      このシリーズのリキッド漏れはウイッキングでは防げなさそうです。
      前のもそうですが、与圧の伝い漏れが激しいですねぇ

      AFC全閉でリキチャして、すぐに逆さにしてリキッドを上の方に移動させてからAFCを開ける感じでエア抜きするといい感じです。

      実はうちもこれ、2つあるんですよね……
      買った後に3Aのgiveawayで当選してしまってw
      そのうち誰かにあげようかと思っています。

      Pyro V3もIntake Dualも気になってるやつですね~
      予算の関係で購入の手配はしていないですが、機会があればやりたいです