Ehpro Kelpie RTA レビュー|デッキを見て納得、かなり美味しいシングル爆煙タンク

Ehpro Kelpie RTA レビュー|デッキを見て納得、かなり美味しいシングル爆煙タンク

Ehpro Kelpie RTAの購入品レビューです。

あー、RTAって久々かも!

最近こういったRBAアトマイザーってあまり元気がないのか、全体的にレビューも少なくなっている印象。
依頼も最近はPodデバイスやメッシュクリアロ付きのスターターキットが多いので、この辺のアイテムは気になるものやネタになりそうな物を見かけると買って書くのがメインになっています。

そんなわけで個人的に購入したアトマイザーなどが貯まっているのですが、盆前くらいから色々と依頼が被って結構積まれてる状態が続いているので、しがらみのない自費購入品がドンドン後回しに。
とてもありがたい事なんですけどね。

でも、流石にネタが古くなりすぎちゃうので強引に挟んでいこう。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

以前ColdSteel 100をレビューした際に、そのカッコよさに惚れ込んでしまって、
でも、うちは21700ModはガンメタのDetonatorを一番のメインで使っているので、一時期以降ガンメタのアトマイザーばかり買っていたんですね。

シルバーのColdSteelに似合うタンクがうちにあまりないなぁ…って思っていたら、ふと、フレキチ(Flavor-Kitchen)さんがこれのプレゼント企画をしつつ、激しく推しているツイートを目にしてしまいまして。

なるほど、ColdSteelと同じEhproのタンクで、しかもカラバリも同じ構成なのか。
ColdSteelに載せろと言わんばかりのアトマイザーですな。
しかも、中の構造を見ると、かなり美味そうじゃないですか……。

だってほら、

(公式より引用)

気になるでしょう?

気になったんですよ。

ってなわけで、まんまと購入してしまったわけです。
既に海外でSSのTauren One RTAを手配済みだということは脳内の隅に追いやりつつ。

パッケージ

※包装のビニールは外しています。

あ、いつものEhproのパッケージだ。

ColdSteelシリーズはパッケージの印象変わってたのでイメチェンしたのかなって思ってたんですよね。

箱の側面には正規品チェック用のコードが直接書かれたステッカーが貼ってあります。
(偽造防止の為一部伏せます)

このコードを、公式サイトの下にあるSecurity Codeの部分で入力すると、コピー品でないかどうかの確認ができます。

パッケージ内容

  • Kelpie RTA本体
  • バブルガラスチューブ
  • 六角レンチ
  • 予備Oリング
  • 予備イモネジ
  • プリメイドコイル
  • コットン
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード
  • 製品合格証

ユーザーマニュアルは英語で記載されています。

付属のプリメイドコイルは、見るからに抵抗値が低そうな極太のクラプトン。

外観

スタンダードなデザインのタンクアトマイザーです。
上下が少し絞られた樽型の形状。

Kelpie(ケルピー)といえばイギリスに伝わる馬の姿の幻獣。
チャンバーには城塞と馬のシルエットをモチーフにしたマークが彫られています。

一時期、各社からこうした幻獣や神話の名前を冠したアトマイザーってよく出ていた気がしますが、最近はあまり見かけないし、こういう紹介を書くのって久々な気がしますね。

容量の大きなバブルガラスチューブも付属します。
装着するとこんな感じ。

リキッド容量は、ストレートで2ml、バブルガラスで3.5mlになります。

トップキャップはスライド式。
サブオームタンクだと最近一般的ですが、RTAだと少しめずらしいかも。

通常のスクリュー式に比べて閉める際の与圧が発生しないので、リキッドチャージ時のリキッドの伝い漏れが発生しづらいというメリットがあります。

エアフローはボトムエアフローです。
エアフローコントロールリングで無段階調整が可能。

底面にはロゴやシリアルナンバーなどのエングレーピング。

ポジティブピンの出っ張りはやや心もとないかな?
ハイブリッド環境で使用する場合はちょっと注意が必要そう。

フィッティング

若干シルバーの質感は異なるものの、やはり誂えたようにピッタリ。
これがやりたかった。

200もアリですね。

もういっちょ。
Ehproさんは金属の質感を活かしたModが多いので、こういうSSのアトマイザーはどれにもよく似合います。

詳細

メーカー公式

Kelpie RTA | Ehpro® Innovation keeps changing the vaping experience!

スペック

直径 25mm
高さ 40mm
リキッド容量 標準:2ml
バブルタンク:3.5ml
ドリップチップ 810規格
コイル シングルコイルRBA
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアフロー

カラーバリエーション

SSとブラックのみという潔さ。

構造

スライド式キャップなのでキャップ部分はバラせず、さくっとバラせるパーツ点数は少なめ。

ガラスタンクはトップ側にOリングで固定されるので、
このようにしてリキッドが入ったままデッキにアクセス可能です。

ドリップチップ

付属のドリップチップは、レジン製の肉厚なもの。
肉厚な分、ボア径は810にしてはそれほど広くはないかな。
形状はストレートで、吸口付近のみすり鉢状に広がっています。

810規格なので、汎用の810ドリップチップを使用出来ます。

チャンバー

チャンバーの内側は綺麗なドーム状になっています。

高さはかなり抑えられており、チムニーも短めなので、ドリッパーのようなダイレクト感のあるミストが期待できます。

デッキ

一番の特徴はこのデッキですかね。

両側がバンクしたU字型のポストで、ハニカム状に開けられた無数のエアホールで、コイルの周囲からエアーを吹き付けます。

かなり深いバンクになっており、ポストとコットンで完全にコイルを包み込んでしまう形状。

ワイヤー固定は外側から挟み込む形。
後からはみ出した分をカットできるので足の長さも適当でよく、ビルドはかなり楽な部類です。

逃げにくいように少し段差が作ってありますが、ネジの奥側にも少し隙間があるので、単線ワイヤーなどを使用する際は少しだけ気を使います。

コイル固定ネジは4箇所ありますが、基本的にシングルコイル前提のデッキ。
左右どちら向きにコイルを巻いても対応出来るようになっています。

固定ネジは+ネジなのですが、これがちょっと微妙なサイズで、そのうち舐めそうな気がする…。
付属の予備イモネジが六角だったのでそちらに交換しました。
六角もあまり好きではないけど、この+よりは。

ビルドしてみる

付属コイルを使用

まずは付属のプリメイドコイルを使ってみます。

……ってここで痛恨のミスが発覚したのですが、抵抗値を計った写真を撮り忘れていたんですね。
クラプトンシングルで0.25Ωくらいだったはずです。

このアトマイザー、ウイッキングにはちょっと注意点がありまして、

(公式より引用)

通常、このタイプのデッキはジュースホールの底にピッタリつくくらいにするのがセオリーなのですが、
公式曰く、少し隙間を開けてカットしてくれとのこと。
供給しづらくなるのかな。

何度も調整したからちょっと汚くなっちゃったけど、大体このくらい?

コットンがかなり短くなり、跳ねてしまうのでリキッドで湿らせて押さえています。

よいミスト量。

てかリキッドの写真も撮り忘れていました。
こんなの撮ってる場合じゃない。
ちょうど盆休み前の一番バタバタしてた時だったのもあって、片手落ちどころじゃないですね。

今回は、Green Fox ICEを吸っています。
リアルなキウイ味の清涼剤入りリキッドです。夏向け。

50wで吸ってみました。
エアフローは全開から徐々に閉じてみましたが、全閉以外は完全にDL向きの軽さ。
このビルドなら全開でよいでしょう。

かなり、というか相当な爆煙です。
下手するとProfile UnityやKylin MとかのメッシュコイルのRTAよりもミスト出てる。

そして味ですが、いいですねこれ!
物凄く濃厚ですし、やはりダイレクトなミストの感覚があります。

単線ビルド

しばらくリビルドしてる余裕がなかったのでそのまま吸っていたのですが、

とりあえず一度は単線で組んでおかないとね、ってことで、

Ni80 24ga 3mm6巻 0.46Ω

ちょっと不思議なのですが、
この単線ビルドでもかなりの爆煙なんです。

このビルドでのミスト量を想像しながら吸うとちょっとビックリするくらいミストが出る。

そして、単線でも充分美味いです。
普段吸いでコストを押さえるならこれで充分満足出来ると思います。

Demon KillerのFLAMEWIREを使ってみる

最近、シングルで爆煙向きのアトマが手持ちにも増えてきたけど、それに適したワイヤーって持ってないので、買ってみました。
もともとMTL派で細い単線ばかり使っていたのですが、最近低抵抗な環境を使う事も増えてきましたしね。

先日フレキチさんで買い物したついでにDemon KillerのFLAMEWIREを買ってみました。

スタッフさんオススメと書いてあるBタイプです。
個人的にもシングルで0.3〜0.4Ω付近のワイヤーが欲しいと思っていて、
内径3mm 5ラップ時の参考抵抗値が約0.35Ωとのことで、こういったシングルのDLアトマに良さそうだなと。

3mm5巻で0.38Ω
誤差誤差。

42w〜45wくらいで、エアフローは全開。

結果から言うと、これが一番美味しかったです。

立ち上がりも不満のない速度ですし、ミストは繊細で濃厚。
ミスト量で言うと一番上の付属コイルが一番出ていた気がするのですが、味の濃厚さで言うとこっちのほうが上かな。
愛称はめちゃめちゃ良さそうです。

まとめ

ゴツめの外観に、SSと黒のみという潔いカラバリという男前なRTAアトマイザーです。

いやこれ、かなりいいですわ。
RTA自体買うのちょっと久々な気がするけど、これは気に入った。

正直単線ビルドでも充分美味しいと思います。
不思議と単線でもかなりの爆煙になるんですよね。
味もしっかり出ていました。

ビルドは特に詰まる所もなく、楽に行えました。
巻いて、固定して、余った部分を切るだけ。
コットンの長さで少し気を使うくらいですかね。

ドローは基本的に軽めですし、爆煙向きアトマとなるので、MTL用途には向かないですが、DL派の方は満足できるかと思います。

価格調査等(20180829現在)

自分は今回はフレキチさんで購入しました。
¥3,980で、1〜2日で到着です。

時間かかっても良いのでとにかく安く、ということであれば、海外で3AVAPEや3FVAPEあたりがいいのかな。

一応自分も買う際に各所見比べて、価格差と届く早さを天秤にかけました。
意外と価格差なかったのと、すぐ欲しかった。

3AVAPEはログイン後価格で$28.40でした。
ドリチかなにかであと$2くらい足せば送料無料の$30に届きます。

3FVAPEは以前見たときより安くなってました。
どうやら今セール中のようで、$22.99ですね。
送料は無料です。

『Ehpro Kelpie RTA レビュー|デッキを見て納得、かなり美味しいシングル爆煙タンク』へのコメント

  1. 名前:しゅん 投稿日:2019/09/17(火) 22:29:37 ID:eef41c8c8 返信

    こんばんは。
    このケルピーロゴかっこいいですよね!marzさんのレビュー拝見して即日3FVAPEでポチりました(笑)22$くらいだったかな?

    今日届いたこいつでRTAデビューしたのですが、タンクにリキッドを補充しようとドリチから直で注いだら見事にエアフローからダダ漏れして途方に暮れました…
    冷静に考えたら、こんなとこから注いだら構造上絶対漏れるじゃん!でも、他に注入口ある?と思っていじくり回してたら上蓋スライドすることに気づいて苦笑い。

    (リビルド)童貞卒業にはほろ苦い経験が付き物なのですね…

    味はmarzさんのおっしゃる通りとても美味しかったです。クリアロとは比べ物にならないくらい濃厚なミストが出て感動しました。
    いい買い物をさせて頂きました。

    • 名前:Marz 投稿日:2019/09/18(水) 00:29:31 ID:62c2d2675 返信

      コメントありがとうございます!
      KelpieでRTAデビューですか!
      今シングルRTAではかなり旬なアトマイザーですし、いい選択だと思います!
      ドリチからリキチャは、デビューあるあるですねw
      自分も今使っていますが、これはかなり美味しいタンクですね〜

  2. 名前:しゅん 投稿日:2019/09/20(金) 00:08:18 ID:971a67a47 返信

    説明書読めよ…って話なんですけどねw
    早く味わってみたくて気が急いてしまいました…

    (多分)雑なコイルの巻き方でも十分味出てくれていいですねコレ。
    河馬のロゴもイカしててすっかりお気に入りです。
    こんなにいいと他にも欲しくなっちゃいますねぇ…と言いながらGALAXYSのRDTAポチりましたw

    • 名前:Marz 投稿日:2019/09/20(金) 02:40:56 ID:edb04177e 返信

      おっ…沼にハマりつつありますね…w