Uwell Caliburn Koko Prime(クリスマスバージョン)レビュー|カリバーンKokoのアップグレード版

Uwell Caliburn Koko Prime(クリスマスバージョン)レビュー|カリバーンKokoのアップグレード版

Uwell Caliburn Koko Primeのレビューです。

Uwell | marz04.net
「Uwell」の記事一覧です。

カリバーンシリーズは、小型Podなのにミスト量と味の良さで評価が高く、登場から1年以上が経過した今でも小型のPodデバイスの中では定番とも言えるシリーズ。

スティック型のカリバーンと、カード型のKokoと2種類の形状があり、デザインや形状の好みでKokoの方を選択される方も多いです。

スティック型のカリバーンは、今年に入ってCaliburn Gというアップグレード版がリリースされ、そのうちKokoも出るのかなーと思っていたら、やはり出ましたね。

Caliburn Koko Primeは無印Kokoのアップグレート版となり、
バッテリー容量が増え、Podが使い捨てからコイル交換式に変更となり、ドローの重さも2段階から選択可能になっています。

PodやコイルはCaliburn Gと共通、スペックなどもほぼ同じ。
なので今回もデザインや形状で選ぶ形になると思います。
硬派なイメージのスティック型カリバーンと比べ、Kokoの方が若干ポップな印象かな。
特に今回は若干丸みを帯びたデザインになったり、パネルも着せ替え可能になったりして、見た目の差別化を図ってきているように感じます。

更に、今回のサンプルはクリスマスバージョンということで、特別なパネルが付いた物となっています、かわいい。

この製品はHealthCabinさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

クリスマスバージョンということで、パッケージも専用の物が使われています。
かわいらしいパッケージですね。

Uwellさんのオーセンティックコードはパッケージの外装には貼られておらず、中に封入されています。

その旨が記載されたシールが、未開封証明を兼ねた形で貼られています。

パッケージ内容

  • Caliburn Koko Prime 本体
  • USB Type-Cケーブル
  • ネックストラップ
  • 1.0ΩFeCrAlコイル x2 (1つは装着済)
  • ユーザーマニュアル
  • カード類
  • クリスマスカード(クリスマスバージョンのみ)

ユーザーマニュアルの表紙に黄色いシールが貼ってあり、オーセンティックコードが書かれています。
(偽造防止のために念の為一部伏せておきます)

ユーザーマニュアルは英語で記載されています。

クリスマスバージョンに付属していたクリスマスカードを開くと、スクラッチくじやプレゼントの告知も。

外観

スティック型のCaliburn Gと異なり、カード型。
素材も、Caliburn Gはアルミ製でしたが、Kokoは樹脂製ですね。

無印Kokoと並べてみました。

無印Kokoはパネル面はフラットでしたが、今回は六角形のモチーフがやや出っ張った形状になっています。

高さや幅は変わらないけど、厚みがやや増している感じですね。
バッテリー容量の増量分もあるんだと思います。

裏側のパネルにはXMASと記載、こちらはちょっと露骨すぎるか。

両面のパネルはマグネットで装着されており、別売りのパネルなどで着せ替えが可能です。

肩の部分にはストラップホールが付いています。

ネックストラップも付属しており、首から下げて使用することが出来ます。

側面にエアホールとLEDインジケータ。

Podの付け根部分はリキッド確認用の窓になっていますが、見えるような見えないような、一応見える感じ。

底面には、バッテリートラブル時にガスを逃がすベントホールと、充電用のUSB Type-Cコネクタが付いています。

Podの固定はマグネット等ではなく、この突起でパチっとはめ込むタイプです。

Caliburn Gと同じく、Podの取り付け方向によってドローの重さを2段階から選択できます。

Pod側にあるこの切り欠きを外側のエアホールに合わせるように装着するとドローが軽くなり、反対方向に取り付けると重くなります。

Podカードリッジ

Caliburn Gと共通のPodカードリッジ。
旧CaliburnのPodとは形状が異なり、互換性はありません。

リキッド容量は2ml、
素材はPCTG製とのことなのでメンソール耐性はあると思いますが、柑橘系リキッドなどは注意が必要です。

リキッド補充はトップフィルになっています。
マウスピース部分を外すと中に注入口があります。

そのまま赤いパッキンのある方にノズルを差し込んで注入できます。

コイルはOリング固定になっており、底面からまっすぐ差し込みます。

取り付けの向きは決まっているので、直線にカットされている部分を合わせて奥まで差し込みます。

コイルは、旧カリバーンのPodと同じFeCrAl素材が使用された1.0Ωのレギュラーコイル。
同じ物が2つ同梱されています。

対応コイルはもう一種類、0.8Ωのメッシュコイルもあり、Caliburn Gの方はそちらが2つ付属していました。

お互いにどちらも使用可能だし、1個づつ入れてくれればいいのに…と思ったり。

詳細

メーカー公式

Caliburn KOKO PRIME
Caliburn's follow-up is smaller, lighter, and more stylish, all while inheriting Caliburn's impressive palate
myuwell.com

スペック

サイズ 68mm x 45.6mm x 16mm
素材 PC+ABS、PCTG
重量 50g(実測)
バッテリー 内蔵690mAh
リキッド容量 2ml
コイル FeCrAl UN2 0.8Ωメッシュコイル
FeCrAl 1.0Ωコイル
最大出力 15w
充電 USB Type-C
保護機能 自動カットオフ(10秒)
回路開放(Pod非装着)検知
短絡(ショート)保護
過放電保護

重量は実測で50gでした。

使用方法

ボタンなどの操作系統は一切なく、操作の必要はありません。

吸い込むことで自動で電源が入るオートスイッチタイプのPodなので、Podカードリッジにコイルとリキッドを入れてセットしたら、あとは吸うだけ。

吸ってみる

VGODのApple BOMBを吸ってみます。

ドローの重さはCaluburn Gとほぼ同じですね。
交互に吸い比べてみたけどほとんど差はありません。

軽い方にセットすると、旧カリバーンと同等か、少し軽いかな、くらい。 
重い方にセットすると割としっかりとドロー感が変わり、重めDLから軽めのMTLまで出来るくらいのドローになります。

味の出方は相変わらず良好。

Caliburn Gの時はメッシュコイルを使ったので、単線だとどうかな、と思ったのですが、リキッドの味がストレートに出てくる感じで、フレーバーをしっかり引き出しています。
複合フレーバーの場合はメッシュの方がいいかな、と思いますが、こういったシンプルなフレーバーは単線が美味しい。

まとめ

やはりカリバーンシリーズは高パフォーマンスだな、といった感想。

旧シリーズも十分美味かったし、味の出方についてはそう大きく変わらないかな、とは思いますが、旧版よりも少し重めのドローで吸えるのがいいですね。

PodやコイルはCaliburn Gと共通ですし、スペックもほぼ同じです。

最大出力が18wと15wの違いがありますが、ほぼ影響ないかと。
0.8Ωメッシュだと違いが出るかな?と思いましたが、差し替えてみても差を感じませんでした。

完全にサイズと見た目だけで選んで良さそう。

今回はデザインに少し差をつけてきており、
シックで大人な雰囲気のCaliburn Gと、ポップで着せ替えなども楽しめるKoko Primeといった感じになっていますね。

Healthcabinさんは今日から入荷し始めたところだそうで、現在はグレーのみですが、他のカラーも徐々に入ってくるそうです。