Wotofo RECURVE RDAレビュー | ルックス良し、味良しのシングル爆煙ドリッパー

Wotofo RECURVE RDAレビュー | ルックス良し、味良しのシングル爆煙ドリッパー

Wotofo RECURVE RDA

人気アトマイザーのSerpentシリーズなどを出しているメーカー、Wotofoと、海外の有名YouTuber、Mike Vapesとのコラボモデルです。

そういえばWotofoは以前にも、Suck My ModとコラボしたSerpent SMMというRTAアトマイザーも出していましたね。

これ、初めて見かけた時から「かっこええなー」って思ってたんですよ。

人気のアトマイザーなので、既に各所でレビューされつくしてる感はありますが、
遅ればせながら自分も暫く使い倒してみたので、レビューを書かせて貰おうと思います。

まずは感想から書かせていただきますと、

これ、いいね、これ。

この製品はGearbestさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

パッケージ

スイカっぽい。
スイカ味のリキッドをレビューした直後だけに、なんだかすごくタイムリーな気分。

なんだかオシャレですね。
フィギュアのブリスターケースみたい。

キャップとデッキが分かれて入っていて、デッキ形状が見えるのもいい。

正規品チェック用のスクラッチは側面についています。

パカッと開封。
かなり余裕のあるパッケージングです。

内容物

  • RECURVE RDA本体
  • 樹脂製810ドリップチップx2
  • 510ドリップチップアダプター
  • +ドライバー
  • ユーザーマニュアル
  • コイルジグ(2.5mm、3mm)
  • ノーマルコンタクトピン(BFピンが本体に装着済)
  • プリメイドコイルx3
  • ジャパニーズコットン
  • 予備ネジ
  • 予備Oリング

実売¥2,500~¥3,000くらいの安価な製品なのですが、かなり盛沢山な内容です。

マニュアルは日本語表記はありませんでした。

いつもはアクセサリーバッグも全部開けて中身を並べて撮るのですが、
こうやってかっこよくパックされてると開けるの躊躇ってしまうマン。

どうせ後で使うときに開けるんですけどね……。

付属のプリメイドコイルはNi80のクアッドクラプトン。
28gaのワイヤーを4本束ねて、40gaのワイヤーで巻いた物です。

抵抗値は0.24Ωと相当低め。

コットンは、日本の市販コットンをリパックした物かと思われます。

外観

はいかっこいい。

キャップのくびれ具合がいい感じですね。
ロゴの刻印もそれに沿って掘ってあり、デザインに一体感があります。

付属している大き目なドリップチップは、どちらを装着しても似合ってる感じです。

底面。

Mike Vapeのクレジット、歪みのないRECURVEロゴ、WOTOFOロゴなどがエングレーピングされています。

コンタクトピンは相当出っ張っていますね。

標準でBFピンが取り付けられています。
これには訳がありそう…後述します。

コンタクトピンはデッキのポジティブ側の固定を兼ねており、調整はできません。
ですが元々相当出っ張っているので調整は不要かと思います。

MODに乗せてみる

Vaporesso Armour Pro

Hcigar VT Inbox

Lost Vape Furyan
シルバーとかゴールドだったらもうちょっと似合ったかもなぁ。

特徴・詳細

スペック

直径 24mm
高さ 35mm
ネジのタイプ 510
ドリップチップ 810 (510アダプター付属)
コイル シングルコイルRBA
エアフロー サイドエアフロー
BF対応

カラーバリエーション

(公式より引用)

カラーバリエーションは6色です。

エアフロー

(公式より引用)

サイドエアフローで、左右からコイルに直接エアーが当たるようになっています。
リキッドの漏れを防ぐためと、コイル下に吹き付けるために、エアフローの穴は少し下向きに傾いています。

キャップとデッキパーツにそれぞれこのような6つの穴が開いており、キャップを回すことによって穴の位置を合わせてエアフローを調整できます。

漏れに強い

デッキ形状とエアフロー穴の形状のおかげで漏れにはかなり強いです。

(公式より引用)

公式でも、ドリップチップから直接コイルに垂らせば適切な場所に行き渡ると記載されています。

自分はBFで使用していたのですが、スコンクした際にリキッドがサイドの穴に触れるほどリキッドを溢れさせても外まで漏れ出すことはありませんでした。

横向きに倒したまま置いておく等しない限りは大丈夫かと思います。

パーツ構成

デッキ、キャップ、ドリップチップだけの、シンプルな3ピース構成です。

ドリップチップ

ドリップチップは810サイズの物が2種類付属していますが、どちらも内径や形状は同じで、色の違いだけかと思われます。

大き目なドリップチップですが、加え心地はなかなか気持ちいいです。

510ドリップチップ用のアダプターも付属しているので、汎用の510ドリップチップも使用可能です。

キャップ

キャップは相当肉厚ですね。
ずっしりとした重量感があります。

元々デッキの径は22mmクラスなのですが、この肉厚のキャップで24mmになっている感じです。
別売りで22mm化するキャップも出ているようです。

内部はほぼストレートですが、頂点付近のみ緩やかにテーパーがかかっています。

キャップの内側にある突起が、デッキ側の切込み部分にハマり、キャップの向きをある程度制限するようになっています。

これによって、エアフローの調整幅が分かりやすい他、MODから取り外す際にキャップごと回して外せるようになっています。

デッキ

特徴的なU字型の形状をしたシングル前提デッキ。
Mage RTAのデッキに少し似てるかも。

パーツが大きい分、ポジティブ側はインシュレーターがかなり上までせり出しており、しっかり絶縁されています。

BFピンの出口はデッキの底面とツライチですね。
ジュースウェルの保持量は少なめです。ここがちょっとマイナスポイント。

シングル前提ですがワイヤーを通す穴は4つあり、コイルをどちらの方向で巻いても使用できるようになっています。
巻く方向をよく間違えるのでこれはありがたい仕様。

ポストレスデッキなので、コイルの足の長さはあらかじめ調整が必要です。

付属のコイルジグがL字型になっており、短辺の長さに合わせてカットするとちょうどいい長さになるようになっているそうです。

デッキにも、WOTOFOロゴと、MikeVapesのネームがプリントされています。

ワイヤーの固定は+ネジです。

ビルドしてみる

付属コイルでビルド

まずは付属のクラプトンコイルを使用してみました。

抵抗値はほぼ記載の通り。
この後MOD読みで0.24Ωになりました。

ジュースウェルが浅いのでウィックは控えめに…とは思っていたのですが、
この長さでもちょっとあふれる感じ。

かなり抵抗値が低いのでデュアルバッテリーのMODを使用。

出力は60wで、HiLIQのFUNTA MANGOを吸ってみます。
低い抵抗値で吸った方がおいしいリキッドだったので、このコイルに合ってるかなと。

第一印象は、

すっごい爆煙。

予想していた以上に大量のミストが出ますね、これ。
普段あまり低い抵抗値やらないから特にすごく感じた。

そして味ですが、おいしいです、これ。
基本的にスカスカドローなのですが、思った以上にいい味出てます。

最近のクラウドチェイサーって味もいいですよねホント。

ただ一つ問題は、やっぱりリキッドの保持量少ないです。
2~3パフくらいしたらもう乾いた味がし始める。
ドリップだとかなり頻繁にリキチャする必要がありますね。

ウィック詰めすぎて余計にスペース減らしちゃったかな?

単線でビルド

単線ビルドも試してみました。

Ni80 24ga 7巻で0.55Ω

ウィックも前回より短くして、しっかり目に漉いて量を減らしました。

上記の設定よりはだいぶ大人しくなりますが、それでも煙量は単線の割には多め。
味も充分出ているとは思いますが、個人的にはクラプトンの方が好みな感じになりそうです。
文句ない感じではあるんだけど、微妙に、極々微妙に物足りなさを感じる気がするんです。

いい感じではあるのでレビューを兼ねてこの設定で日常使用していましたが、
最終的にはエイリアンワイヤーあたりを使って0.5Ω前後くらいで運用すると思います。

この状態で、BFにて数日使っていましたが、やはりスコンクの回数は他のアトマよりも多めにはなりますね。
忘れてチェーンしていると、やや焦げた香りがして「やべっ」ってなる事が時々。

不満点

ほぼ文句のないとても良いアトマだと感じましたが、少しだけ不満点。

先ほどから散々書いていますが、やはりリキッド保持量の少なさですね。
恐らくですが、最初からBFピンが装着されているのは「あまり保持できないからスコンカーで使ってね」ということなのかな、と。
ドリップだとちょっと忙しい感じになりますしね。

確かにBFだとその点の問題はかなり軽減されますが、他のアトマと同じ感覚で使ってると時々乾いた味を吸っちゃうことも。

あとは、コイルの固定ネジが+なのでいずれ舐めそうなのがちょっと怖いくらいかな。

まとめ

BF MODに乗せて、職場へのオトモの一員として暫く日常使用しました。

不満点は上げましたが、それを差し引いてもかなりいいアトマイザーだとは思います。
人気なのも頷ける。

一応上記の不満点は運用でカバーできる点ですしね。
そして運用ではカバーできないその他の点がいろいろと優れていました。

ビルドも面倒ではないし、多少雑にスコンクして使っていてもリキッド漏れは全然起こらなかったし、味もこの手のクラウドチェイサーにしてはかなり出ている方だと思います。
デッキ形状のせいでビルド幅は狭いですが、その分失敗も少なく、安定しておいしく吸えるというメリットもあるんですよね。

あと、なによりルックスがいい。
これ、個人的にはかなりの重要ポイントです。

総合的に、オススメか?と聞かれたら、はい、これはオススメです。
MTL派には合わないアトマイザーですが、DL使用においては、この価格帯の中ではかなりハイレベルなアトマイザーだと思いました。

上記のリキッドチャージの部分にさえ納得していれば、それ以外に関してはとても快適に使用できると思います。

WOTOFO RECURVE RDA - .99 Free Shipping|GearBest.com
Only .99,buy WOTOFO RECURVE RDA at GearBest Store with free shipping.
WOTOFO RECURVE RDA - .99 Free Shipping|GearBest.com
Only .99,buy WOTOFO RECURVE RDA at GearBest Store with free shipping.