[Dovpo] Blotto RTA レビュー|デカくて厳つい爆煙系、でも意外と繊細なフレーバーチェイサー

[Dovpo] Blotto RTA レビュー|デカくて厳つい爆煙系、でも意外と繊細なフレーバーチェイサー

Dovpo Blotto RTAのレビューです。

発売は昨年の秋頃だったかな?少し前の製品ですね。
Topsideが大当たりしてイケイケ状態のDovpoさんのアトマイザーです。

第一印象、デカい。
そしてこのデザインにこのドクロ、厳つい。

しかしこれ見覚えのあるドクロだなぁ、と思っていたのですが、
Vandy VapeのBonzaシリーズと同様、YoutuberのVaping Bogan氏とのコラボ製品でした。

Bonza V1.5 RDAは以前買ったのですが、爆煙系ながらエアフローがかなりよく出来た優秀なアトマイザーでした。

そしてこのBlottoもエアフローが優秀ですね。
見た目の印象からスカスカドローのクラウドチェイサーかな、と思っていたのですが、意外としっかりしたドローでしっかりフレーバーが乗ってきます。

そして、ボトムエアフローのくせにこの子全然漏れない。

サイズが許容できれば、かなり優秀なRTAだと思います。

この製品はSourcemoreさんにサンプル提供いただきました。
ありがとうございます。

電子たばこ(VAPE/ヴェポライザー)は20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の方の使用はお控えくださいますようお願い致します。

パッケージ

えっとね、デカい。

荷物が届いた時、スターターキットでも来たのかな?と思ったくらいです。

背面には正規品チェック用のスクラッチシールが入っています。

スクラッチの下のコードを、公式サイトの下にある”Check Security Code At”のリンク先にて入力すると、コピー品でないかの確認が出来ます。

やけに嵩張るなと思ったら、下の段にでっかいバブルタンクが2つ。
なるほど。

パッケージ内容

  • Blotto RTA本体
  • ガラス製バブルタンク
  • ウルテム製バブルタンク
  • T字レンチ
  • 予備Oリング
  • 予備イモネジ
  • ユーザーマニュアル
  • 製品合格証
  • ボトルオープナー

ユーザーマニュアルは英語で書かれたシンプルな物。

箱の側面に沿うように入っていたドクロ型のボトルオープナー。

ユニコーンボトルのキャップを開ける物かな?と思っていたけど、結構分厚いし使いにくそう。
普通の栓抜きかな?

外観

26mm径で、なかなか高さもあり、かなり大柄なRTAです。
最近あまり見かけなくなったタイプ。

チャンバーにドクロマークがあるせいか、トップとボトムの装飾もそこはかとなく骨感を感じる。

付属品として、ガラス製とウルテム製のバブルタンクが付いています。

標準のストレートタンクが2ml、バブルタンクにすると6mlになります。
え、そんなに変わる?
というかストレートタンクが体感として2ml以上ありそうな気がしています。
実際使っているとリキッドかなりもつし。

ボトムエアフローで、コントロールリングで調整が出来ます。
幅広い範囲に小さい穴が並べてあり、かなり細かく調整出来る感じ。

全開でもスカスカにならず、抵抗感を感じるくらいのやや重めのドロー。
絞っていくと、流石にMTLまではいかないけど、かなり重いドローになります。
AFC精度はかなりいいですね。

底面にもドクロマーク、そしてVaping Bogan氏のネーム。

ポジティブピンの出っ張りは心許なく見えますが、インシュレーター部分がかなり出ているので実質かなり出ている方だと思います。

フィッティング

asMODus Minikin3

詳細

メーカー公式

スペック

直径 26mm
素材 304 Superior Stainless Steel
リキッド容量 ストレートタンク:2ml
バブルタンク:6ml
ドリップチップ 810規格
コイル デュアル/シングルコイルRBA
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアフロー

カラーバリエーションは7色あります。

構造

一般的なRTAのパーツ構成です。
リキッドが入ったままでもデッキにアクセスする事が出来ます。

ドリップチップ

金属と樹脂の組み合わせ。
ボアはストレートですが、吸口側で一段階広がっています。

トップキャップ

ロック式のトップキャップを採用しています。

押し付けて90°程ひねるだけでOKなやつ、
これ、快適なんですよね。

あと、与圧が発生しないのでリキッドチャージの際のリキッド漏れも起こりづらくなります。

チャンバー

ドーム型、とは少し違うな。

チムニー径がかなり大きく、そこへ向けてなだらかに絞っているような感じ。

デッキ

ごっついデッキ。

形状としては、ThunderheadCreationsのTaurenシリーズに似てるかな?
3Dエアフローのポストレスデュアルデッキ。

公式曰く”270°エアフロー”

ボトムにスリット状のエアホールがあり、サイドからはコイルをぐるっと囲うようにハニカムホールが開いています。

コイルの固定ネジは斜めに入っています。
ポストレスデッキのコイル足の長さを読みづらいのと、サイドエアフローのパーツが邪魔をするので少し慣れが必要かも。

ビルドしてみる

Ni80 デュアルコイル

スタンダードに単線デュアルで組んでみました。

Ni80 24ga 3mm7巻デュアル 0.25Ω

位置は、サイドエアフローの真ん中に来るように合わせます。

こうしてみるとデッキ内の空間は結構ギュウギュウに詰まる感じになりますね。

ウイックはこのくらいの長さにしてジュースホールに差し込みました。

ちょうどI4U.さんのくゆるをレビューしたばかりの頃で、とても気に入ったのでタンクになみなみ注ぎました。

全開でもドローが結構重いです。
スカスカドローを想像していたら意表を突かれました。

そのまま少しずつ絞って行くと、重めDLくらいまでリニアに移り変わります。
エアフローコントロールの精度がかなり高いですね。

味の出方はドリッパーライクで美味しいです。
かなりダイレクトに味が乗ってる感じする。

それでいて、この抵抗値で高出力の割にミストが全然熱くない、
チムニーのサイズが絶妙なんだろうなぁ。

シングルで組んでみる

公式でSingle/Dualって書いてるし、ドローの感触からしても行けそうな気がするので、シングルビルドも試してみます。

あまり隙間開けたくないなーってことで大きめのコイルにしました。
クラプトンワイヤーを使って3.5mm径、0.4Ω

こういったポストレスのデュアルデッキでシングルビルドをする際って袈裟懸けにコイルをセットすることが多いですが、

このデッキ、ポジティブ側のターミナルがこんな形しています。

なので、片側だけ使ってコイルを固定し、位置を合わせます。

シングルでもイケますね、というかむしろこちらの方がまったりとした味で好みな感じですらある。

デュアルもシングルもずっとAFC全開で吸っていますが、程よい抵抗感のドローが自分好み。

ドローを吸気側で絞って、チャンバー内でしっかりミストを絡ませてから太いチムニーをスムーズに上がってくる感じになっているのかな。

ミスト量が多い割に味もしっかり乗っています。

まとめ

かなり優秀ですねこれ。
もっと大雑把な感じの爆煙アトマイザーかと思ったら、見た目のイメージに反して意外と繊細です。

エアフローがよく出来ていて、AFCの精度も良いので好みやビルドに合わせてかなり厳密に調整できます。

ただ、全閉でもそこそこ重いドローなので、スカスカドローでモクモクするアトマイザーを求める人には合わないかもしれません。

やや重めくらいのDL向きドローで、それなりにしっかりと爆煙出来て、なおかつ味はしっかりと乗っています。
その辺りが需要に合う人であればかなり満足できるアトマイザーじゃないかと思います。

あとこれ、全然リキッド漏れないですね。
先月からあちこち持ち出して使っていますが、今の所全く漏れていません。

ちょっと大きいですけどね。

Sourcemoreさん、ログイン後価格で$24.10にて販売中です。